フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

2009.09.07

■響談 [講談]

SILENT HILL 4 -THE ROOM- ORIGINAL SOUND TRACKS
サイレントヒル4 -ザ・ルーム- オリジナル・サウンドトラックス
(2004)KONAMI

実は、先日観た『立体怪談』の一龍斎貞水CDを私は持っているのだ。
PS2『SILENT HILL 4 -THE ROOM-』のサントラ、DISC2「響談」はドラマCDとも言え、貞水がおどろおどろと語り、山岡 晃が不安をかき立てる音響効果で恐怖を増幅させる。

響談“ぬけられぬ雨の吉原”
易者占い師を騙る村上げんさい(大滝のげんぞう)は、事もあろうに妹の娘おさとを吉原へ売り飛ばし、娘に会いたい一心で江戸へやって来た妹を邪険に扱う。 吉原から一生出られぬと知ったおさとは悲観し、自害する。そんな娘の境遇を知らずにいる妹を言葉巧みに誘い出し、奴のごんじの手を借りて殺害する。そして…

内容は昨日の『村井長庵 おとせ殺し』に似た設定で土地や登場人物が違っているが、極悪非道な人非人の兄が妹を酷い目に遭わせる。しかし、後半は異なっていて怪談噺となっている。
このCDを買った当時は、ドラマのナレーションのようで聴けなかったのだが、実際に生で拝聴して、いたく気に入ったので、やっと通して聴く事ができた。
ところどころ意味が理解できなかったり、音響で聞き取りにくかったりしたのだが、何度も聴く度に味が増すCDなのだろう。そのうち、台詞を覚えてしまったりして(笑)

時折「うるせぇな」などという台詞の箇所で、ビートたけしとイメージがかぶる…どちらも江戸っ子だからだろうか。
そう言えば、『立体怪談』では“麹町平河”が“しらかわ”と聞えた。こちらでは“まっつぐ”と言っている。

勧善懲悪は気持ちが良い、悪人には制裁を!
でも、実際には極悪人でも善人も同じで必ず最後は死。自然災害に遭う時はみんな平等に不幸に陥る、運が良いか悪いかの違いだけで人間の性格や素行には全く関係が無い。
だいたい幽霊が存在するのなら、刑務所内に殺人犯が服役しているはずは無く、無期懲役で長生きなんてあり得ない。
それにしても、これだけ邪悪な兄と一緒に育っているのだから、妹も兄の言動や行動に疑いを持つはず。幼少の頃に引き離されたのならいざ知らず、あまりの素直さにあきれる、気付けよ。
幽霊とは…人間の心の中に発生する罪悪感が作り出した、もしくは戒めの為に先人が作り上げた架空の生物。
でも、日本人の70%が幽霊の存在を信じている…みんな素直だねー

貞水は言う
「怪談がいつの時代にも、もてはやされてきたのは幽霊が庶民の正義の味方だったからなのでしょう。自分の力が及ばない権力なども、超能力のあった幽霊なら復讐が可能だったわけです。」

※PS2『SILENT HILL 4 THE ROOM』初回特別限定版には“-怪談 vs SILENT HILL- 呪う怨楽CD『響談』ぬけられぬ雨の吉原・特別編”が同梱されていた

2006.07.29

■Art of Silent Hill [Silent Hill]

Art of Silent Hill
Art of Silent Hill』(2001)KONAMI

忘れてた、こんなのも持ってた。
DVD『Lost Memories"THE ART & MUSIC OF SILENT HILL"』の前に出ていたDVD『Art of Silent Hill』(1800円)。
ゲーム『サイレントヒル2』の発売に先立ち販売され、『サイレントヒル』の映像(スクリーンショットやクリーチャー)やトレイラー(オープニング等)が収録されている。
この中身はここで観られるようだ。

2006.07.25

■続・グッズ [Silent Hill]

また手に入った『サイレントヒル』グッズ
売り切れてしまったゲーム「サイレントヒル コンプリートセット」の特典“プロジェクターライト”が当たった。とても欲しかったのよ、ありがとう。
映画は2回観に行ったんだけど、3回目はもういいや~と言う事で、3週目プレゼント「ダークナース」のポストカードはあきらめた。

2006.07.24

■サイレントヒル [小説]

サイレントヒル
ポーラ・エッジウッド/著『サイレントヒル』(2006)角川ホラー文庫

映画『サイレントヒル』のノベライズなので、巻頭に映画のスクリーンショットが綴じられ、内容は同じで補足説明が加えられているといった感。
例えば、何故夫・クリストファーに黙って妻・ローズは娘・シャロンを“サイレントヒル”へ連れて行ったのか。
警官・シビルが何故執拗にローズをマークしたのか。
そして、警部・グッチが町の歴史を語ってくれる。

特に印象に残るのは匂いと痛み。
映画では白い霧の町をさまよい、闇の中を逃げ惑っていたが、小説の中ではかなり苦しそうだ。
そして、ところどころ描写が不気味。

とても簡単に読める本。
映画を見逃した方は想像力を膨らませて読むといいよ、映画より怖くなるかも。でもどれもゲームの恐怖には程遠い。
ネタバレ

2006.07.11

■グッズ [Silent Hill]

しょぼいけど、最近手に入れた『サイレントヒル』グッズ
プレゼントに色々応募したら、当選メールが来たのよ。でも、どんな商品が当たったのか分からない…

2006.07.10

■レッドピラミッドとダークナース [Silent Hill]

別サイトに映画初日の写真をアップしてみた。

2006.07.09

■サイレントヒル [映画]

Silent Hill 時計 ←おまけのシースルー・クロック
サイレントヒル』(2006)アメリカ/日本/カナダ/フランス
 監督:クリストフ・ガンズ 製作総指揮:山岡晃 他
 出演: ラダ・ミッチェル ショーン・ビーン ジョデル・フェルランド

夢遊病の娘シャロンが崖にたたずみ、間一髪のところを母ローズが抱き止める。
娘が口走る「サイレントヒル」という言葉にローズは30年前大火災に見舞われ、今も地下火災が続く廃墟と化したウェスト・ヴァージニアの小さな街へと車を走らせる。途中、女性警官シビルのバイクを振り切ったが、突然のラジオからのノイズと車の前を横切る人の姿にハンドル操作を誤り、事故を起こす。
気が付くと助手席にいた娘の姿は無く、彼女を探すために灰の霧に包まれたサイレントヒルへと足を踏み入れ…ホラー

コナミの『サイレントヒル』の映画化、とても好きなゲームだ。
その期待を裏切らない内容、つい心の中で「アイテム、ゲット」と思ってしまった。

サイレンが鳴り響くと、現実世界と闇の世界への変化が始まり、そのCGが素晴らしい。
レッドピラミッドの登場は不快さを誘い、小部屋でのシーンは緊張感溢れた。
ガンズ監督の『ジェヴォーダンの獣』のマニもかっこよかったが、シビルもゲームのイメージ通り、かっこいい。
音楽もゲームのサウンドトラックを多用していて、心揺さぶられるものがあった。一番好きなシーンは「燃えてるの」。
ゲームを知らなくても、ホラー好きならオススメの映画だと思う。次作がどうしても観たいから、みんな観に行け(願)

ゲームの『サイレントヒル』に入れ込んでしまっているので、冷静に観ていた自分が残念。
ゲームは怖くて悲しくて仕方が無かったけど、映画に感情移入することができなくて、雰囲気と映像は良いがストーリーがちょっと物足りなかったかな。後半、怪物映画みたいだと思ってしまった。
でも、また映画館へ観に行くよ。
DVDが出たら、絶対買うに決まってるじゃん。

有楽町マリオンの「丸の内ピカデリー1」初日(7月8日)2回目に観に行った。小太りのレッドピラミッドと怖くないダークナースの出迎え、ポスターとポストカードを手渡され、フィギアが展示、ほぼ満員。スクリーンが大きく、音が座席が伝わって揺れたので臨場感があって良い映画館だと思った。終了後、山岡晃氏の姿を見かけたよ。

ネタバレ

2006.07.07

■明日、公開 [Silent Hill]

コースター
いよいよ明日7月8日(土)公開、映画『サイレントヒル』。

サントラ聴いたり、映画版ノベライズ『サイレントヒル』を買ってみたり(映画観るまで読まない)“一人サイレントヒル祭り”状態、自分を盛り上げてみる。

続きは別サイトへ。

2006.07.06

■お笑いサイレントヒル [ゲーム]

Pyramid Head『サイレントヒル』とはシリアスなホラーなゲームだ。特に怖いのが“ピラミッドヘッド(三角頭)”。何度倒そうとしてもくじけてしまう、しつこさ。動きはのろいんだけど、強力なんだな~

そんな“ピラミッドヘッド”のダンス、笑える。

おまけに“犬エンディング”、笑える。

2006.07.05

■メイド喫茶 [Silent Hill]

めいどin じゃぱん

映画『サイレントヒル』とタイアップしているメイド喫茶「めいどin じゃぱん」で特別メニューを注文すると、くじでオリジナルグッズが当たるとの事で行って来た。

さすがに女一人では入りづらいので、人に付き合ってもらい、初・メイドカフェ体験。
ブリブリで気持ち悪いのかな~ と思っていたら、そうでも無い。
特に接待するわけでもなく、注文を聞いて食べ物を運ぶごく普通の喫茶店、ウェイトレスがナース姿で、『サイレントヒル』の看板とポスターが貼ってあるだけ。

店員はみんな若くて可愛いらしい。入り口で気付いたのだが、グラビア・アイドル志望の女の子達のようだ。
そして常連らしき人達と時々話をして、途中歌謡曲をバックに踊るステージがあった。
どの食べ物も値段が高く、写真撮影やゲームにも値段がついている。もちろん、指名料あり。

続きは別サイトへ。

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ