フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

最近のコメント

2007.05.17

■ゼイリブ [映画 JC編]

THEY LIVE
ゼイリブ』(1988)アメリカ
 監督・脚本・音楽:ジョン・カーペンター
 出演:ロディ・パイパー キース・デヴィッド メグ・フォスター

不況の風が吹くアメリカ、失業中のナダはデンバーからはるばる仕事を探しにやって来た。
工事現場でフランクに声を掛けられ、教会側のホームレス・キャンプに寝泊りするようになるが、突然武装警察達に襲われ、全てを破壊される。
教会に残されたサングラスをかけ所在無く街をうろつくと、そこには「服従せよ」「考えるな」「消費しろ」のメッセージが。そして、周囲の人々を見ると…SFサスペンス

ジョン・カーペンター監督の単純明快なアクション映画、文句無く楽しい。
“チャンスを待つ”ナダと“白線の上を歩く”フランクが「サングラスをかけろ、かけない」で喧嘩をするシーンが無駄に長い。終わったかな~と思ってもまだ続けるのかよ。顔はボコボコだが、身体はサッパリきれいなのが不思議。でもいいんです、そんなに深刻に考えなくて良い映画なのだから。

不満を持つ人々が<誰かに支配されている世の中>を告発した映画、あり得ないけど、あるかもしれない。そう考えると楽しいかも。いや、不安になるかも…みんな疑心暗鬼な世界になってしまう。
自分の現状を誰かのせいにしてはいけないね、自分で道を切り開かなくては。
で、覚醒して自分の道を開くナダは、どう見ても大量殺人者。でも、痛快なんだよ~
テレビ局に潜入してからは目的を達する為に突進する姿はハラハラドキドキ、どんでん返し。ナダはどうなっちゃうの~

主人公役はプロレスラーのロディ・パイパー、それほどセリフもなく、正直言って役名・ナダと呼ばれていたかどうか分からない。でも、ブルースをバックに列車の陰から姿を現し、バッグパックを背負って歩く姿は哀愁漂う。
そして、誰も言わないけど『メン・イン・ブラック』って『ゼイリブ』みたいだと当時思った。

2007.05.16

■パラダイム [映画 JC編]

PRINCE OF DARKNESS
パラダイム』(1987)アメリカ
 監督・脚本・音楽:ジョン・カーペンター(マーティン・クォータマス)
 出演:ドナルド・プレザンス ヴィクター・ウォン

枢機卿を尋ねて来た神父が、鍵の入った小箱をたずさえたまま息を引き取った。
残された日記を読んだ司祭は、閉ざされていた聖ゴダール教会の地下で活動を始めた緑色の液体を発見する。
理論物理学と超常現象のバイラック教授に相談し、研究員を集めて調査を始めた。そこで判明したのは、閉じ込められた“暗黒の王子=サタン”…オカルト・ホラー

ジョン・カーペンター監督の『ハロウィン』のあまりの後味悪さゆえ、スプラッター映画はなるべく避けていた。だから『13日の金曜日』も『エルム街の悪夢』もまともに観ていない。
そして、この『パラダイム』も観ていなかったつもりだが、ところどころ見覚えがあって、アレ?
ビアンコさんがおっしゃる通り、観過ぎなんでしょうかね(笑)

最初から死人が登場。そして蠢く虫達に、ゾンビのような浮浪者達。アリス・クーパーだったのか、気付かなかった。
たまらんなー、庭に立ち尽くす男性が崩れてゆく様、水が天井に立ち上ってゆく様、鏡が溶けてゆく様…。内でも外でも徐々に異変が起こってゆく、不気味で良い!
続きが気になって『パラダイム2』を探したら無い…そうか、人気が無かったのか、とても残念、続編が観たい。キャサリ~ン

シリアスなカーペンター監督の映画は良いね、私にとって『ニューヨーク1997』も『遊星からの物体X』もシリアスでクール。『ザ・フォッグ』『ハロウィン』もシリアスだったような?

2007.05.12

■要塞警察 [映画 JC編]

Assault On Precinct 13
要塞警察』(1976)アメリカ
 監督・脚本・音楽:ジョン・カーペンター
 出演:オースティン・ストーカー ダーウィン・ジョストン

カリフォルニア州アンダーソン地区はストリート・ギャングによる犯罪が横行していた。
警部補に昇格したばかりのビショップは13区域9分署での部下の指導へ向かった。折りしも引越しの最中で、そこへ体調が悪い囚人を乗せた護送車が急遽、到着する。
一方、娘と共に母の元へ向かっていた父親がギャング団に追われて、数人しか残っていない警察署へ駆け込む。そこへ、銃弾が雨嵐のように降り注ぐ…アクション

最初から“血”が流される、『姿なき脅迫』とは大違いだ。言葉を発さないギャング団“チョロ”が怖い。
前半は晴れ渡った空、物静かな町並に平和そうな雰囲気が漂うのだが、ギャング団が姿を現す度、アイスクリーム・カーの店主と同じに緊張が走る。いつ来るか、いつ来るか…と待ってると、こんなのアリ? ヒドイ!
ギャング団を憎む気持ちが湧いて来る、おまけにこんな演出をするジョン・カーペンター監督って…でも、現実ってそういうモノかもしれない。犯罪に映画のようなルールは無い、無差別だ。

静かに素早く襲ってくるギャング団、おまけに犯罪の証拠も隠滅してしまう周到さが不気味なホラー風味が加味された密室感覚の警察映画。
やっぱ“血が、血が~”で一安心。
後半は西部劇風。あっという間に終わってしまって、感情移入するほどでは無かったが、ビショップ/ナポレオン/リーの関係が人情味溢れて良い。この後、どのような人生を歩んだのかすごく気になる映画だった。
リメイクの『アサルト13要塞警察』を先に観てしまったので、ストーリーのひねりもアクションの派手さも見劣りしてしまったが、31年も前の原作も古い映画と認識しながら観れば、緊張感漂う佳作と言えるのではないか。70年代に観ていたらもっと良かったかも。

黒人が主人公とは珍しい気がするが、『ゴースト・オブ・マーズ』のアイス・キューブが居たね。
コーヒーは「ブラック?」と聞かれ、「生まれた時からだ」と答えるビショップ、均一の国にしか住んだことが無いから、人種的な事はよく分からず、かっこいいセリフと思ってしまった。
銃を街中でぶっ放す金髪野郎は『ニューヨーク1997』で異彩を放っていたFrank Doubleday、こういう人がいるからこそ映画は一層面白くなる。

2007.05.11

■姿なき脅迫 [TVM JC編]

Someone's Watching Me!
姿なき脅迫』(1978)アメリカ
 監督・脚本:ジョン・カーペンター 出演:ローレン・ハットン

ニューヨークからロサンゼルスに引っ越して来たリーは、帰宅すると自室のドアが開いている事に気付く。
それから“無限旅行社”から、手紙が届いたり、プレゼントが届けられたり、電話がかかってくるようになった。不審に思ったリーは友人ソフィーと恋人ポールと共に調べ始める…サスペンス

ジョン・カーペンター監督が製作した中堅TVドラマ。
『狙われた密室の女』というタイトルでテレビで放映されたのかな? ビデオのタイトルは『姿なき脅迫』。密室とは言い難い、後者の方が合っている。
ミステリーって「誰が犯人か?」とあれこれ想像するが、最後に明かされる犯人を見て、「この人誰?」って感じだった。どこかに出て来たのかな? イタリア料理店のカウンターのシーンは巻き戻して見たけど、最初からまた見直す気にはなれない、そんな程度のスリラー。
それにしても、向かいにマンションが建っているというのに、カーテン開けっ放しでいる方がおかしいよ。
そして、パッケージにはセクシーな画像があるけど、そんなシーンあったっけ?
TVドラマのせいか、カーペンター監督だと言うのにとても地味な印象。
部屋を横切る人影、テーブルに隠された盗聴器、地下駐車場での出来事等、不安をかき立てる雰囲気は良い。
何より、ナイフを手にストーカーに屈っしない決意のリーが好印象。そして、知り合ったばかりの彼女を信じる周囲の人々がいい。
ヒッチコックの『裏窓』と比較されているが、あのシーンね。で、死体はどこ?

2007.05.05

■スターマン [映画 JC編]

Starman
スターマン』(1984)アメリカ
 監督:ジョン・カーペンター 出演:ジェフ・ブリッジス

愛する夫を亡くしたジェニーの元へ、亡き夫そっくりの男が姿を現し「アリゾナへ連れて行け」と言う。彼女は脅えながら何とか逃げ出そうとするが、無垢な子供のような男に段々魅かれてゆく。
一方、ジェニーの自宅近くで墜落した宇宙船に搭乗していた異星人を政府が追う…SFファンタジー

『Starman』と言えばデヴィッド・ボウイの「スターマン」を思い出してしまうが、曲とのイメージとは違う甘いラヴ・ロマンス。
ジョン・カーペンター監督は大好きだが、『ニューヨーク1997』『遊星からの物体X』の後に観たから正直言ってガッカリした映画だった。男女の恋愛がテーマの映画は私の中ではランクが低い、そういうひねくれ者。
それに『E.T.』(1982)の大人版のような印象だったので、なおさら評価が厳しくなってしまった。

でも、今回改めて観て「古臭いけど、よくできてるなぁ」と思った。
赤ちゃんからの変身や爆発シーンなどカーペンターらしい部分を探したり、スターマン役のジェフ・ブリッジスの演技に好感を持ったり、マーク・シャーマン(チャールズ・マーティン・スミス)はそれほどイヤな人物では無かったんだなと考えたり。
そこそこヒットしたと思うが、なぜ続編『スターマン2』が作られなかったんだろう?“息子の危機を知り、父親がまた地球を訪れる スターマン・リターンズ”ってな感じ。
と想像していたら、TVドラマ化されてたのね、観れば良かった…
それにしても“愛・宇宙はるかに”という勝手な副題に抵抗がある、やっぱりひねくれ者。

2007.03.12

■ダークスター [映画 JC編]

Dark Star
ダークスター』(1974)アメリカ
監督・音楽:ジョン・カーペンター
脚本:ジョン・カーペンター ダン・オバノン

21世紀半ばの地球を遠く離れた宇宙、植民地化する為に邪魔な、不安定惑星を爆破する任務を遂行する“ダークスター号”。船長は事故死し、残された乗員4人は仕事をこなしていた。
そんな時、宇宙嵐に見舞われ通信レーザーが故障し、誤って爆弾が投下準備に入る…SF

ジョン・カーペンター監督のデビュー作。
DVDには「爆笑SF!!」の宣伝文句が印刷されているけど、笑えない。ペットとして飼っているエイリアンはビーチボールに足がついた物、それがピョンピョン飛び跳ねる。喋る爆弾を説得する…どちらかと言うと苦笑。
33年も前の映画だからなのか、あまりにチープで『怪奇大作戦』程度のSF感。監督のファンでなければ、観る事もなかったなぁと思わせる内容だ。

しかし、彼が好きな理由の一つである“密室での閉塞感”が描かれていた。
密閉された空間で退屈や望郷を感じながら過ごす乗員、エレベーター内での苦闘(床を爆発しますにはフフッ)、実は生きてた冷凍船長(彼の話に和む)、タルビーの問いかけを無視するドゥーリトル。
何かスッキリしないモヤモヤ感漂うSF映画だった。

調べたら『未来惑星ザルドス』と同年の映画だったのか、こちらの方が好き「ザルドース!」
古いSF映画も好きだけど、私にとって宇宙物は『スター・ウォーズ』以後だな。

BGMはアメリカのIndie Rock“Sequins and Skeletons”、Japanese Classic Musicって書いてあるけど、フォーキーなごちゃ混ぜ実験音楽みたい。“Sleepytime Gorilla Museum”に近い雰囲気もある。

2007.02.11

■クリスティーン [映画 JC編]

CHRISTINE
クリスティーン』(1983)アメリカ

1978年カリフォルニア。いじめられっ子のアーニーは親友デニスの車に乗っていた時、赤いオンボロ車を見かけて購入する。
しかし、その車はいわくつきだったのだ。車・クリスティーンに夢中になる友を心配するデニス、アーニーは段々変わってゆく…ホラー

“クリスティーン”と言えばSiouxsie and the BansheesChristine」、そんな世代。
だけど、こちらはジョン・カーペンタースティーヴン・キングのホラー映画、久しぶりに観たよ。
ほとんど内容を忘れていたけど、車がアメコミみたいな恐い顔になってしまったのはよく覚えてる。
ゴースト・オブ・マーズ』は監督の趣味的映画といった感じだったが、こちらは丁寧に作られていて、23年前の映画だけれど、それなりに緊張感を持って楽しめた。

やっぱりカーペンター監督、車の持ち主コルセット姿のルベーがかもし出す異様な雰囲気。何かあるな~
それから爆発シーン、やってくれましたね。炎をあげて走るクリスティーンもいい感じ、ワクワク~ 
一番注目したのはクリスティーンが再生する所、モコモコッ。
ラストは使い古された恐怖の再来だが、あの時代だから当たり前の事よね。

負け犬が力を持つとヤな感じですな、金に縁が無い人があぶく銭を手に入れたようなモノ?
最初の印象と違ってふんぞり返るアーニー、どう見てもリーとは不釣合い。それよりも、リーが学校一の美人というのがよく分からなかった。
刑事ジェンキンスは『レポマン』『パリ、テキサス』等に出演しているハリー・ディーン・スタントン、しがない雰囲気なのだが気になる存在。
基本的に好みはワイルドなバディ、でも性格悪過ぎ。「ナイフを置けよ(Put it down, Buddy)」と言った脇役も良かったな、ああいう厳しい先生が学校には必要。
準主役であるデニスが今一つ印象に残らなかったけど、この映画のメインは1958年型赤のプリマスなのだから、それで良い。そう言えば、『激突!』のラストを忘れてしまった…

2007.02.02

■光る眼 [映画 JC編]

Village of the Dammned
光る眼』(1995)アメリカ
 監督:ジョン・カーペンター
 出演:クリストファー・リーブ、カースティ・アレイ、マーク・ハミル

ある朝、海沿いの村ミドウィッチに巨大な影がうつり、ささやき声が聞こえた。人々は突然意識を失い、6時間後に目覚めた時には女性達が妊娠していた。
同時に生まれた子供達はみな早熟で似た風貌、そして同じ行動をとり、周囲の人々は不信感を持つ…SFホラー

ジョン・ウィンダム『呪われた村』の映画化、1960年の映画『光る眼』のリメイク。
侵略物にヨワいので、ジャック・フィニィ『盗まれた街』と並んで好きな小説。モノクロ映画の方はずっと以前に観たはず。
さて、このジョン・カーペンター版は所々のシーンの記憶があるけど、ほとんどストーリーを覚えていず、新鮮な気持ちで観れた。

おっ、電話しているのは監督ではないか。
バーベキューや鍋、屋根から落ちるシーンも監督らしくて良いが、崖の下をどうして映さない。
子供たちは可愛らしい顔して、おメメとおクチがニクい。
最後の納屋内部の場面は緊張感があって良い。
カースティ・アレイはやっぱりカッコいい。
ただスーパーマンとルーク・スカイウォーカーはちょっと地味、こちらに感じのいい事が書いてあった。

結論。90年代の映画だというのに古臭い…
これがドナルド・サザーランド主演『ボディ・スナッチャー』やオリジナル版『ザ・フォッグ』頃ちょっと過ぎの映画だったら、納得したかもしれない。

2007.01.30

■ゴースト・オブ・マーズ [映画 JC編]

Ghosts of Mars
ゴースト・オブ・マーズ』(2001)アメリカ

西暦2176年、植民地化した火星。天然資源の採掘を行っていた際封印された遺跡を発見、そこから何かが解き放たれた。
火星警察MPFのメラニー達は、犯罪者ウィリアムズを護送する為鉱山の町・シャイニング渓谷に到着したが、そこは死体が転がりゴーストタウンと化していた。生き残っていた刑務所の人々と手を組み、脱出を図る…SFアクション・ホラー

ジョン・カーペンター監督の残酷だけど笑える一昔前感覚B級娯楽活劇。
今回のヒーローは白人美女警官と黒人強面泥棒のタフなコンビ、新鮮ではあるがスネークには勝てない。
ナターシャ・ヘンストリッジ(メラニー)は『バイオハザード』のミラ・ジョヴォヴィッチを彷彿させるし、アイス・キューブ(ウィリアムズ)はクマちゃん体型で銃をぶっ放す姿はどう見てもチンピラ。

最初はサイコなミステリーの雰囲気でワクワク期待したが、あ~らスプラッター。
特に舞台が“火星”でなくても良い、いっそ“1997”でも良いのではと思うくらい無法者とゾンビもどきのイメージがかぶった。
一晩であの衣装や武器を用意できるわけが無いと思ってしまうと面白味が半減してしまうので、無理矢理なストーリーは気にせず、とにかく銃や格闘を楽しめばそこそこイケるアクション映画。
後味も悪くないが、果たしてこのコンビで続編が作られるかは疑問。せめてジェリコがカッコ良かったら、ひきずるモノがあったかも…
Rいわく「火星でハムナプトラ」。

2007.01.29

■ヴァンパイア/黒の十字架 [映画 JC編]

Vampires : Los Muertos
ヴァンパイア/黒の十字架』(2002)アメリカ
 監督・脚本:トミー・リー・ウォーレス
 製作総指揮:ジョン・カーペンター

一匹狼のヴァンパイア・ハンター、デレクはヴァン・ヘルシング協会から指令を受け、吸血鬼退治のチームを結成すべくメンバーを訪ねるが、先回りされて殺される。
たまたま、そこに居合わせた者達で即席のチームを作り、黒十字架を奪った女吸血鬼ウナを追う…ホラー

ジョン・カーペンター監督の『ヴァンパイア/最期の聖戦』の続編。
しかし前回生き残ったメンバーは出演せず、アダム神父の墓を見せられる。
そして新たなリーダーは何と、Bon Joviのジョン・ボン・ジョビ(デレク)だよ。ついでにナターシャ・グレグソン・ワグナー(ゾーイ)はナタリー・ウッドの娘で、前作のカトリーナみたいな役。つまり餌。

カーペンター監督の『ダーク・スター』から手伝っていたウォーレスが監督なのだが、別物。
ワイルドでクールな主人公がワクワクする痛快アクションを見せてくれるB級の醍醐味は無く、頼りない主人公が一人ずつ仲間を集めて敵に対峙する話、まるでRPGの世界。
ジョン・ボン・ジョビは性格は良さそうだが地味だし、残酷気味で官能的な為ありきたりのホラー映画になってしまった。

良かったのはリーダーを助け、思いやりがある少年サンチョ(ディエゴ・ルナ、本当は23歳)とロドリゴ神父(クリスチャン・デ・ラ・フュエンテ)はあまり役に立たないが、見た目がかっこいい。
ウォーレス監督はウナ(アーリー・ジョバー)にメロメロだったが、彼女が一番ホラーとしての魅力が無くて困った。まぁ、彼の趣味で作った映画といった感で劇場公開もされなかったようだ。
でも、ここまで来たら『ヴァンパイア/呪力転生』も観なければなるまい。舞台はタイだってよ、トホホ…