フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

最近のコメント

2016.07.04

■日本奥地紀行 [旅行記]

Images2698
イザベラ・バード/著『日本奥地紀行(2000)平凡社ライブラリー

1878年(明治11年)横浜に降り立った英国婦人バードは、汽車に1時間乗り江戸(東京)に着く。
彼女は今まで誰も歩いた事が無い日本海周りでの蝦夷(北海道)旅行の為、ガイドとして雇ったのは18歳の伊藤。
蚤と蚊、そして異国人を初めて見る野次馬に悩まされながら、北を目指す…紀行文/旅行記

北海道一人修学旅行に先立ち、東京八重洲にある”アイヌ文化交流センター”に行った。
ビルの3階を占めていて、展示は少ないが、図書が豊富だった。既に読んでいる『ゴールデンカムイ』が置いてあり、そのそばにあったのがコミック『ふしぎの国のバード』。
全く予備知識無く読んだら、結構面白い(もう一冊あった少女漫画とは大違いだ)。元ネタがあるとの事で、探していたら、北海道白老の“アイヌ民族博物館”にあったので、さっそく買って読んでみた。

おもしろい! そして高梨健吉の訳がうまくて、とても読みやすい。ただ、困った事は、地名が出てくるとついつい地図で検索してしまう自分。たびたび中断するものだから、読み終わるのが遅くなってしまった。
コミックでは、気が強くうら若き女性と斜に構えたクールな従者ととの珍道中が微笑ましい漫画だったのに、元本はおばさんが青年をしつけながらもお互い助け合って、険しい道中を災難に遭いながらも、一心に突き進む冒険談だった。

台風でもディズニーランドへ行く人達がいる。地方から東京へ遊びに来て、日程を変える事が出来ないから、傘にしがみつき、ビニールレインコートを羽織りながら、ディズニーランド内を必死にまわる…理解できる。
しかしバードは、長雨の為増水し、橋も流されてしまっているというのに、目の前の船で行方不明者が出ているというのに、強引に川を渡る。身の危険、死と隣り合わせの状況であるにも関わらず、とにかく前へ前へと進む、その不屈の精神が凄い!
そして、手つかずの自然を見て素直に感動する。
思った事を率直に妹への手紙にしたためる姿に好感が持てる。彼女は公平なのだ。
日本人を小柄で、醜くしなびて、がにまたで、猫背で、胸は凹み、貧相と評しているのだが、礼儀正しく、やさしくて勤勉で、ひどい罪悪を犯すようなことは全くない、と記している。

ペリーの黒船がやって来て開国となり、戊辰戦争を経て明治となった日本。文明開化だと浮かれながらも、地方は貧しく苦しんでいた。
蝦夷へ渡り、和人とは趣きが異なるアイヌを見て、バードは美しいと思い、伊藤は「イヌだ」とこき下ろす。しかし、アイヌと共に暮らす有珠や礼文華の人々も公平であった。

手紙という形で、詳細にひなびた奥地の日本を表現するバードの記述は、とても興味深い。丁寧に調べたうえで、冷静に素直に自分が感じたままを書き、それを実際に見たことも無い私が100年以上あとに当時の様子を想像しながら楽しく読んだ。添えてある上手なイラストも参考になる。
この中で実際に見たい物は、漫画でしか目にした事の無い、アイヌ人の馬上のあぐら座りである。

この本は何種類か出ていて、この本は普及用の要約版らしい。完全版等があるようなので、少しずつ読んでいこうかと思っている。

2016.06.13

■コーマ - 昏睡 - [小説]

Images2694
ロビン・クック/著『コーマ―昏睡―(1983)ハヤカワ文庫

医学生のスーザンは臨床実習でボストン記念病院に配属された。
指導担当の外科レジデント2年生のベロウズに引き連れられ、学生達は病院内を案内される。
スーザンはICUで植物状態に陥った同い年の女性を見てショックを受ける。その日のうちに、簡単な膝の手術を受けた青年が昏睡状態に陥り、疑問を持つ…医療サスペンス

これも本棚に塩漬け状態となって早やン十年…すっかり黄ばんでしまった。
ロビン・クックはとても好きな作家だったし、映画『コーマ』もおもしろかったのに、何故かこの本だけは、最初の数ページを読んで挫折を何度も繰り返してきた本である。

やはり、『宇宙戦争』と同じかな? 共感できない。スーザンが鼻持ちならない女性で「自分はこんなに素敵で常に注目される医学に進まず、ダンサーになれば良かった」などど、考えてるような人物。
しかし、今は女医が多いけど、「1976年という閉鎖的な時代背景が違う」と、理解できるようになった。若い時は表面的な事にとらわれて目がくもってしまうものだ。

難しい医学用語にもとらわれず、どんどん先を進めたら、すらすらと読めてしまった。最初の数ページは1、2日かかったが、途中から夢中になり徹夜で一気に読み終わってしまった。すごく、おもしろい!

結局、スーザンは”鼻持ちならない”という特徴を備えた、他の人とは違う性格を持っているが故に、思い付いた事をすぐに行動に起こしてしまう。
なんと、ボストン病院に行った初日から、実習に参加もせず図書館で調べたり、病院のスタッフの名前を騙ってデータを手に入れたり、面識の無い医者にずうずうしく会いに行ったり、やりたい放題。スーザンはツラの皮の厚い無謀な人物であったのだ! まぁ、気が強い自信家とでも言いましょうか。
おかげで、殺し屋に狙われたり、警備員に追い回されたり、たった3日間で大冒険を成し遂げる。
そんな奔放なスーザンに付き合わされ、振り回されるベロウズ。惚れた女のおかげでさんざんな目に遭ってしまう。

途中で犯人が分かってしまうのだが、何故か主人公のスーザンが気が付かないので、読んでるこちらがハラハラしてしまう小説だった。

ザ・スミス(The Smiths )の歌に「Girlfriend In A Coma」という曲があった。この小説を見る度、あの曲を思い出す。
最近見たEテレのスーパープレゼンテーション「僕は目覚めたのに 誰も気付かなかった」。マーティン・ピストリウスは、16歳で昏睡状態から目覚めたが、身体を動かす事ができなかった為、10年間誰にも気付いてもらえなかった。週に一度来る通いのアロマセラピストが目の動きに気付き、訓練を受けて会社を興すまで回復した話は興味深かった。
私の祖母が倒れ、半年間植物状態となったが、“生きる”とは何かを考えさせられた…


2016.06.12

■宇宙戦争 [小説]

Images2693
H・G・ウェルズ/著『宇宙戦争』(2005)角川文庫

20世紀初頭、火星からミサイルが発射された。
円筒形の物体はロンドン郊外の砂採り場近くに落下し、中から出て来たのは、ぬめぬめとした茶色の皮膚を持つタコのような怪物であった。
火星人と対話しようと代表団が近づいた時、閃光がひらめき、木も人も炎に包まれた。
軍が出動し大砲を撃つが、人々は容赦なく、火星人達に狩り立てられる…SF

19世紀末に発表された古典SFの金字塔『宇宙戦争』、当時としては、画期的だったに違い無い。
有名なのはオーソン・ウェルズのラジオドラマを聴いた人々が、本当に火星人が襲来したのかと思い、パニックに陥った町のエピソード。

かなり薄い本なのだけれど、なかなか読み進めずに、何年も経ってしまった。
同じページを何度も何度も読み返す、つまりストーリーがなかなか自分の頭の中で空想世界を組み立てられず、どうどう巡りで10年も放置してしまっていた。物が多くなり、たまっていた本を少しずつ片づけている最中。

先日、コミュニケーションのセミナーに参加したのだが、「人を惹きつける話」とは意味の含有率が高い<共感と発見>が必要だそうだ。

このSF小説には、<共感>がなかなか感じられなかったのだ。
古い文章も苦手なのだが、翻訳本は今風に改訂されるので読みにくい訳ではない。
この主人公が言い訳じみていて、なかなか素直に読む事ができない。ただ単に、起きている描写だけを時間軸に従って語っていてくれれば良いものを、後で聞いた話をまとめた物だとか、私の専門分野外だとか、余計な言葉を挿入されると頭の中のイメージから現実に戻ってしまうのだ。

兎にも角にも、映画で既に観ているので、頭に浮かぶのは映画の中のイメージだった。
やはり、古い本は読みやすくかかれた児童本のうちに読んでおくべきだったな…いや、読んだかどうかもすっかり忘れてしまった。何しろ、遠い昔の出来事である。
ちなみに子供の頃、父が遺した日本の空想科学小説があった。その本も文章が古くて途中までしか読んでいないのだが、たぶん羽化仙史/著『月世界探検かな? 明治39年(1906)だって!(・oノ)ノ

2016.05.24

⬛デアゴスティーニ マイ3Dプリンター 製作5

Images2684

3Dプリンターカバーの段ボールと、使用したツールや残ったパーツ

Images2685 Images2686

本誌・チラシと梱包材。ディアゴスティーニが段ボール3箱分たまってたのが、今は2箱に減った。
今残っているのは、本誌と3Dプリンター(段ボールカバーの部分)のみ、いかに不要な物が多い事が分かる。そして、輸送時に破損しないようキチンと梱包されていたという事が分かった。
実践編のみならず、パワーアップ編まで出版されてしまう、早くデータを作る練習をしなくては(^^ゞ

2016.05.22

⬛デアゴスティーニ マイ3Dプリンター 製作4

5月9日21:00~24:00、5月22日5:00~12:00

Images2683

祝・完成!
3Dプリンターが無事完成したヽ(´▽`)/
でも、突貫工事でデータを全く作成していないので、動くかどうかの確認しかできなかった(;´Д`A ```
やはり、まとめて一気にやらないとウダウダしてしまう、目標のGW中に終わらなかった。結局、2年分を3日位で作ったかな?

一番苦労したのはフィラメントを下から通す事。30分位奮闘して、あきらめてパーツを外したよ。どうやら、まっすぐにプレートをはめ込んでいなかったせいのようだ。Windows7にドライバも入らなくて四苦八苦。
動くかどうかの自信が無く、一つの動作確認のたびに緊張して、すごく疲れてしまったので、途中途中、またネットに逃避していたが、気が滅入るようなニュースばかり…

もう、プログレ・フェスに行って来よう!

2016.05.08

⬛デアゴスティーニ マイ3Dプリンター 製作3

Androidより

5月7日13:00~5月8日23:50

1462723005226.jpg

54号まで何とか出来た、動けばいいなぁ。
残りあと1冊、55号のみ。
パソコン立ち上げて、インストールなんかしなきゃならないから、今日はもうやめた。
続きはまた後日(・ε・` )

2016.05.05

⬛デアゴスティーニ マイ3Dプリンター 製作2

Androidより

5月4日22:50~5月5日夕方まで

Dsc_0036


途中飽きるとネットをやってたけど、何とかここまで(;^_^A
これから、また開始する。

2016.05.04

⬛デアゴスティーニ マイ3Dプリンター 製作1

Androidより

溜め込みました(;^_^A

Dsc_0034

元々の性格が、一気にやらないと飽きてしまう。
連続テレビドラマが苦手、一話完結の映画好き。
単調な編み物が苦手、一晩で縫い上げる裁縫が好き。
夏休みの宿題は、始まってすぐまとめてやる為、2学期が始まると1学期の勉強を忘れてボーゼンとする。

さて、このGW期間中にうまく作れるでしょうか…

2016.02.21

■世界が驚いた重大事件トップ20 [ノンフィクション]

Images2646
ニーナ・ウェグナー/著『日英対訳 世界が驚いた重大事件 トップ20』(2015)
 IBCパブリッシング

「マリー・アントワネットの処刑」「タイタニック号」「ジョン・F・ケネディの暗殺」「ジョン・レノンの殺害」「ダイアナ妃の死」…
とても有名な事件の英語の文章を左ページに、日本の翻訳文を右ページに配した、新書版サイズの薄い本。手に取ってみたら気軽に読めそう。
本当にあった話で、興味ある事柄ばかり、既に知っている事なので、英文は理解できる。
左の英文を一生懸命、頭で考え、日本語に変換しながら読んで、分からない単語が出てきたら、右の翻訳を読んでいた。
しかし、段々面倒になり、つい右ページばかり熱心に読んでしまった( ´・ω・`)
ダメじゃん…英語の勉強にならない。

旅行に必要なので、英語ができるようになればいいなと思っていたが、好きな作家の翻訳本が出版されなくなってしまったので(出版不況ですかね)、いずれは原本を読めるように、今から英語の勉強をしておかなければと思っていたが、やはり自分に甘いですナ(=_=)
切羽詰まったものが無いから、英語の勉強になかなか身が入らない。

先日の旅行では、添乗員にスリランカに一人置いていかれそうになった(;ω;)
どうやら彼女の機嫌を損ねたようで(私的には何が何やら???)、空港でツアーからはじき出された_| ̄|○
そうだ、もっと英語を勉強せねば!

- 閑話休題 -

Images2646結局、日本訳しか読んでいないけど、面白かった。
「エレファント・マン」は映画を観たけど、印象に残る場面しか覚えていない。簡単な文章だったけど、彼の生涯を知る事ができた。彼の最期は幸せだったのかもしれない。
今は、“樹木男”とか“顔を銃で撃たれた人”とか、可哀そうな境遇の人を救おうという人が必ず居て、拒絶する人もいれば、受け入れてくれる人もいる。容姿が違う人に対して、かなり寛容になったのではないかと思う。
「ダイアナ妃の死」チャールズ王子の気持ちが別な方向に向いている孤独な女性といったイメージを持っていたが、それが覆された。結局、彼女も恋多き女性で、お互い様だったんだな。
「チェルノブイリ」これはとても興味のある事故で、映画もたくさん観ているので、いずれはもっと感想を書いてみたい。

2015.11.11

■ハンガー・ゲーム3 [小説]

Images2572
スーザン・コリンズ/著『ハンガー・ゲーム3 上 マネシカケスの少女
ハンガー・ゲーム3 下 マネシカケスの少女
(2012)MF文庫

第75回ハンガー・ゲームで闘技場の電磁場を破壊し、連れ去られたカットニス。 ゲーム終了後焼き尽くされた第12地区から命からがら逃れて来たゲイルや家族と共に、破壊されたと伝えられていた第13地区に身を潜めていた。
そこは75年前のパネム戦争終了後より地下生活を余儀無くされ、各地区の反乱軍の司令部でもあった。 キャピトル内から脱して来た反政府グループと共にプロパガンダ・スポット“プロポ”を制作して、パネム全土へ放映し、人々に訴えかける…SF

さすがに、テレビ畑の出身の作家だ。テレビ放送についてよく知っているし、効果的に語られている。
テレビは子供の頃から、それほど観ていなかったので、前半部分はあまり興味は無いのだけれど、よく考えると、阪神大震災も東北大震災もずっとテレビをつけっ放しにしていた。
インターネットの世の中になっても、重要な速報はテレビに限る。ネットは例え、新聞社のニュースでも信用できない部分があるが、テレビは意図的に操作された編集がなされていようとも、顔が見えるから発言に責任を持っているだろうし、基本的に事実を元に放送しているから、何局か同じニュースを比較してみると、全体像がだいたい把握できる。
そこで、どう受け止めるかは個人によって違う。

電車内でこの本を読んでいたのだが、涙が止まらない…情けない(ノ_-。)
人に会う用があったのだが、鏡で見たら目が真っ赤になっていた。
トシをとると頭が緩んでしまうので、「人前で泣くのは恥」という心のブレーキの利きが悪く、涙もろくなるのだそうだ。
少女向きの小説なのに、オバハンも共感してしまう力量。原作もさることながら、翻訳者が妙訳なのだろうね。

閉ざされた空間に猫を連れてくるなんて(避難所にペットを連れてくる身勝手な人)と、眉をしかめていたら、人々を癒す小道具にしてしまうテクニック。

』『』ではそれほど気にならなかったんだけど、カットニスの役割がプロポになってから、それほど彼女の重要性が感じられなくなってしまった。
すると、正義感が鼻につく。
自分勝手でわがままで、気が変わりやすく、思い込みが激しい。うんざり┐(´-`)┌
まだ周りの人を振り回さないだけマシかな? まぁ、17歳で人生経験が少なくて、未熟だから仕方が無い。
それなのに、反乱軍を指揮して、人々を導く役割を課すのは突飛だ。やはり、小説なのだから仕方が無い。ジャンヌ・ダルクのようなカリスマ性はあるけど、指導者には向いていない。ただの悩める少女だ。
少女マンガのように、パン屋か狩人か !? ミステリーのように、スノーかコインか !?

あとがきを読んでいたら、たくさんの協力者の謝辞が記されている。著者の仕事の関係から考えると、皆プロなのだろう。
ラノベであっても、日本のナントカ賞受賞の素人ラノベ作家とは訳が違う。テレビも映画も小説も網羅する人々が協力を惜しまないラノベ作家・スーザン・コリンズなのかも。

不自然な部分もあるが、後半は二転三転し、読者の心を翻弄する、プログレ好きの私にはたまらない展開。語らない人々もいるが、それも手法なのでは? と思う。
語らないからこそ気になって、読後もこの小説を引きずり、もしかしたらスピンオフや16年後の続編に登場するのかもしれないと期待してしまう。

この『3』だけ、まだ映画を観ていなくて、原作を読んで理解度が増したから、映画を観るのが楽しみだ。
次は映画へ行ってみよー!


より以前の記事一覧