フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■キャス・キッドソン・ハンドクリーム [化粧品] | トップページ | ■溺愛シンデレラ - 続・溺愛 - [ノベル] »

2018.02.17

■溺愛シンデレラ [ノベル]

Images2918

もぁらす/著『溺愛シンデレラ
1話~最終話(9話)(2013)エブリスタ

身体が弱く、自分は短命だと思い、友人も作らず、一人孤立していた高2の田中憂。彼女を興味本位で眺めていた高橋亮は、二人だけの時に彼女の分厚いメガネの奥に隠されていた、美しい本当の姿に魅了される。
亮の幼なじみの橘晶に見いだされ、憂はモデルとしての道を歩み始める…恋愛/学園/ドラマ
溺愛シンデレラ』は、≪ピグマリオン効果≫であるドラマ『野ブタ。をプロデュース』や『マイフェアレディー』みたいな、金持ちのボンボンが孵化していないイモ女にちょっかいを出し、美しい蝶に成長させ、恋に落ちるシンデレラ・ストーリー。

それまでは、散々ドブスだのなんだのとけなしていたのに、顔が良い事に気付いた途端態度が急変する、その一瞬にして孔雀の羽にからめとられるような感覚は何なのだろう? 顔さえ良ければ若ければ、世の中をスイスイ渡り歩ける、選ばれし者が羨ましい。ついでに金持ちの家に生まれた人もね。
確かに玉の腰って旦那がブーでも奥さんが美人だったりする、男は金、女は美。生まれた子供の容姿も母方の容貌であれば、まずまず。
でも、もぁらす氏の書く小説は、男性もモテモテ美男子。白馬に乗った王子様を待つ女性向けの小説なんだから当たり前だつーか、もぁらす氏の妄想の産物なんだから、自分の理想なんだろうね。そして、ヒロインも華奢で色白であり、恋愛に悩むと食欲が落ち、ますます痩せて美しくなる、というパターン。ヒロインの一般人という設定はもぁらす氏自身がそうだから? 田中ねぇ~、関西に多い名前だわ。普通過ぎて高橋って名前だけで金持ちと判断はできないわ。
ハーレクインロマンスとは少々違う、レディースコミックの世界かな? 特徴としては、男性側の心理も描かれている事。
実生活においても、心の内をすべて口にする事は無いのだから、人に伝える事は真実の10分の1でしか無いのかもしれない。

憂も自分自身が病気である事をひたすら隠したまま、存在を消して生きて来た。
亮も人当り良く接しているが、憂の前では本来の自分をさらけ出せる。
「俺の奴隷」と言われたら、現実世界じゃパシリにされたり、公衆便所にされたりするんだけど、女子の理想の美しい世界だから、そんな悪趣味にはならない。
実際には、新宿で男性から「奴隷にしてください」と膝まずかれた事はある。あと、スカトロ嗜好に懐かれたり…ろくでもない思い出ばかりだ。
だいたい、イケメンは有名企業にいる。モルガン・スタンレーの営業なんか、カッコイイったらありゃしない、高学歴からの選りすぐり揃いだ。ただし、仕事ができるリーダータイプはイケメンとは限らない(名刺の仕事をやっているので)。

憂は病気の為に倒れてしまい、目覚めると亮の記憶だけが抜け落ちていた。
このパターンはマンガ『菜の花の彼―ナノカノカレ―』『隣の部屋のオオカミくん』。もうちょっと重症だったのが、『シックスハーフ』。
ただ、憂の事故後のビフォア・アフターがちょっとね…違和感ある。そこまで変える必要があるの? 変身して登校するためには必要だったのかな。彼氏ができた途端、襲われるって展開も急すぎ(笑)

『溺愛シンデレラ』はもぁらす氏が初めて書いた話だそうだ、言わば処女作? 
小説家になり、家から一歩も出ない生活を夢見ていた私が中学の時に書いた話は物語が破たんして収拾がつかなくなり、それ以来書くのはあきらめた。
もぁらす氏の小説は単純な言葉の羅列だが、先が気になって仕方が無い、読ませる魅力がある。単純な出来事に変化を持たせ、多少説明っぽくなったとしても、読者がある程度納得できるような話の組み立て方をしているのも良い。
我慢できなくて、仕事中にトイレへこもって読んでしまった(←どんな大人だ)。
恋愛小説は家で読むと眠ってしまうので(気が付くと床で寝てる)、会社の昼休みにサンドイッチ片手で気軽に読むのが良いなー。楽しい時間をありがとう❤

Sigrid - Strangers

« ■キャス・キッドソン・ハンドクリーム [化粧品] | トップページ | ■溺愛シンデレラ - 続・溺愛 - [ノベル] »

ライトノベル もぁらす」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/66396876

この記事へのトラックバック一覧です: ■溺愛シンデレラ [ノベル]:

« ■キャス・キッドソン・ハンドクリーム [化粧品] | トップページ | ■溺愛シンデレラ - 続・溺愛 - [ノベル] »