フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■ロシャンボー・ガレット・ブルトンヌ [フランス] | トップページ | ■liar(ライアー) [小説] »

2018.02.05

■liar(ライアー)~season2~ ~season3~ [小説]

Images2889

もぁらす/著『liar(ライアー)~season2~ 1』『liar~season2~ 2(2015)エブリスタ

Images2890

もぁらす/著『liar(ライアー)~season3~ 1』『liar~season3~ 2(2015)エブリスタ

求職中に出野に誘われ、再び東洋コーポレーションに戻った成田美紗緒、そこには別れた後も忘れられない元彼・市川一哉がいた。思わせ振りな態度に翻弄され、心乱される美紗緒。出張中の福岡で再び結ばれる。
もう二度と離れない/離さないと決意するが、二人の交際を良く思わない者に阻まれ、美紗緒は一哉に思ってもいない言葉を告げる「もう好きじゃない」…恋愛/オフィス/ドラマ

携帯小説は素人の書いた物で、金銭が絡む編集者からの監修を受けていない自己満足の作品だから時間の無駄と思い、今まで読んだ事がなかった。
しかし、漫画『liar』を試し読みし、原作がある事を知り、Amazon Kindle Unlimitedで読んだらハマってしまった。課金、カッキ~ン。本を買うより高くついてしまったわ(=д= )ムスー

凄い面白い!

漫画だ映画だなんて言っても、自分はつくづく本を読むのが好きなのだと思い知らされた。シーズン2、シーズン3を飛行機の中で読み終わってしまった、久々の集中力。
そしてホテルでシーズン1も含めて何度も読み返す。お陰で旅行中、ずっと寝不足だった。
帰国してから、仕事にも影響するようになって来たから、自制が必要だ。

それにしても、本業の仕事の合間に書いたらしいが、素人なのに読ませる才能が凄い!
特にこの作者の魅力は男性側の気持ちも記しているところ。本当かどうかは分からないが、パートナーに確認しているのではないかと思う。女と男の考えは違うから。
発する言葉が、あーとかまーとかなのに、それを読者が許す。何故なら等身大だからだ。普段の会話ってそんなもんだよね、うんとかそうとか。
テレビドラマのように饒舌でもないし、アニメの解説のように説明臭くない。そんなクドクドした不自然さの無い語り口が魅力。

今までミステリー/ホラーを中心に読んで来た者にはとても新鮮な文章だ。状況が事細かに書いてあり、犯人が誰かと最後まで惑わす文体、1行も見逃せない。だって伏線がどこに張ってあるか分からないじゃない。
それに比べてこの恋愛小説は、会話が中心。それも言葉足らずで、行間を読者に想像させる。そう、漫画のように細切れだ。読者は勝手に自分の都合の良いように解釈する。その後、独白によって真意が解明される。
ミステリーは状況を具体的に頭の中で描いて、「犯人/化け物はこの位置、どこに何があって、何かを使って、主人公はその中で苦しみ悶えている」と立体映像が投影されている、私の中では。
しかし、恋愛小説はそこまでする必要も無い。身近な事柄だから、スルスルと内容が入ってくる。だから読みやすいし、イメージがわき、共感も生まれる。
そりゃ、小説なんだから嘘臭い偶然もあるし、東京で同じ会社内で同じ駅に住むってあまりない。地方都市ならあるかもしれない偶然が、この東京で都合良く展開されているのには違和感。それはさておき…

同じ。分かるんだ、この恋い焦がれる気持ち、熱い恋愛を経験をした者には!
現実にはこんなにうまくいかないもので、私だけじゃないって最近知った。せめて空想の中では夢を見させて…


GTA - Red Lips feat. Sam Bruno (Skrillex Remix)

« ■ロシャンボー・ガレット・ブルトンヌ [フランス] | トップページ | ■liar(ライアー) [小説] »

ライトノベル もぁらす」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/66359176

この記事へのトラックバック一覧です: ■liar(ライアー)~season2~ ~season3~ [小説]:

« ■ロシャンボー・ガレット・ブルトンヌ [フランス] | トップページ | ■liar(ライアー) [小説] »