フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

最近のコメント

« ■エクソダス:神と王 [映画] | トップページ | ■ジョッキーコーヒー [ロシア] »

2016.03.14

■ザ・レイド GOKUDO [映画]

Images2664
ザ・レイド GOKUDO』(2014)インドネシア
 監督・脚本:ギャレス・エヴァンス
 出演:イコ・ウワイス ヤヤン・ルヒアン

街の勢力は二分され、牛耳るのはバングンと日本の後藤組。
兄の手を借り、麻薬王のマンションから命からがら脱出したラマは潜入捜査を命じられ、刑務所にいるバングンの息子ウチョと懇意になる。
出所後、バングンの手下となり、ウチョと行動を共にするが、兄を殺したベジョが不穏な動きを始める…アクション/バイオレンス

ザ・レイド』の続編『ザ・レイド2』、何故だかインドネシアの街を日本のやくざが権力を握り、みかじめ料を徴収している。たぶん、監督の趣味なんだろう…
遠藤憲一、松田龍平、北村一輝が出ているのだが、何かマヌケ…唯一、遠藤憲一が目の下のたるみを強調させ、迫力があってかっこいい。
テレビドラマなどを見ないので、バラエティ等で見かけるにこやかな日本のタレントを、映画で観るとイメージのギャップに驚く。北野たけしの『アウトレイジ』では、こんなに存在感のある人々だったのか! と中堅俳優達の演技力に魅了された。

前作『ザ・レイド』は銃撃戦が主だったが、今回は肉弾戦がメイン。
ラマの格闘技“シラット”が炸裂する。傷付きながら、三日月刀やバット、金槌攻撃などに一人立ち向かう。
そして、前作で死んだはずのヤヤンが、殺し屋として再出演。
えっ? インドネシアで雪? 白く大地を埋め尽くす雪の上に飛び散る赤い血が鮮やかだ。あぁ、日本映画礼賛。
男の悲哀が満ち満ちた、日本人にも共感できるヨーロッパ人が作った東南アジアの映画である。

« ■エクソダス:神と王 [映画] | トップページ | ■ジョッキーコーヒー [ロシア] »

映画 アクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/63339061

この記事へのトラックバック一覧です: ■ザ・レイド GOKUDO [映画]:

« ■エクソダス:神と王 [映画] | トップページ | ■ジョッキーコーヒー [ロシア] »