フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

最近のコメント

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016.02.21

■世界が驚いた重大事件トップ20 [ノンフィクション]

Images2646
ニーナ・ウェグナー/著『日英対訳 世界が驚いた重大事件 トップ20』(2015)
 IBCパブリッシング

「マリー・アントワネットの処刑」「タイタニック号」「ジョン・F・ケネディの暗殺」「ジョン・レノンの殺害」「ダイアナ妃の死」…
とても有名な事件の英語の文章を左ページに、日本の翻訳文を右ページに配した、新書版サイズの薄い本。手に取ってみたら気軽に読めそう。
本当にあった話で、興味ある事柄ばかり、既に知っている事なので、英文は理解できる。
左の英文を一生懸命、頭で考え、日本語に変換しながら読んで、分からない単語が出てきたら、右の翻訳を読んでいた。
しかし、段々面倒になり、つい右ページばかり熱心に読んでしまった( ´・ω・`)
ダメじゃん…英語の勉強にならない。

旅行に必要なので、英語ができるようになればいいなと思っていたが、好きな作家の翻訳本が出版されなくなってしまったので(出版不況ですかね)、いずれは原本を読めるように、今から英語の勉強をしておかなければと思っていたが、やはり自分に甘いですナ(=_=)
切羽詰まったものが無いから、英語の勉強になかなか身が入らない。

先日の旅行では、添乗員にスリランカに一人置いていかれそうになった(;ω;)
どうやら彼女の機嫌を損ねたようで(私的には何が何やら???)、空港でツアーからはじき出された_| ̄|○
そうだ、もっと英語を勉強せねば!

- 閑話休題 -

Images2646結局、日本訳しか読んでいないけど、面白かった。
「エレファント・マン」は映画を観たけど、印象に残る場面しか覚えていない。簡単な文章だったけど、彼の生涯を知る事ができた。彼の最期は幸せだったのかもしれない。
今は、“樹木男”とか“顔を銃で撃たれた人”とか、可哀そうな境遇の人を救おうという人が必ず居て、拒絶する人もいれば、受け入れてくれる人もいる。容姿が違う人に対して、かなり寛容になったのではないかと思う。
「ダイアナ妃の死」チャールズ王子の気持ちが別な方向に向いている孤独な女性といったイメージを持っていたが、それが覆された。結局、彼女も恋多き女性で、お互い様だったんだな。
「チェルノブイリ」これはとても興味のある事故で、映画もたくさん観ているので、いずれはもっと感想を書いてみたい。

2016.02.17

■今日の1曲 [Twenty One Pilots]

Images2645アメリカ・オハイオ州コロンバス出身の二人組“トゥエンティ・ワン・パイロッツ”。
Schizoid Popというジャンルを提唱している、インディー・ポップ。確かに多彩、1曲がコロコロと変化するイメージ。
Joshはドラム、Tylerはソングライト、ボーカル、キーボードなど器用にこなす。左側のJoshはスタイルが色々と変化するようだ。


正直言って好みでは無いが、テルミンみたいなニョロニョロした脱力音にエミネムのようなラップ、犬の鳴き声、ファルセットボイスのポップミュージックと気になって仕方が無い。
PVを見ると首と手が黒く塗られているし、とても個性的。たぶん、若者の鬱屈した気持ちを代弁しているのかな…怠惰でけだるい雰囲気から、"Wake up, you need to make money. YO!"

twenty one pilots: Stressed Out

2016.02.16

■今日の1曲 [Adrian Lux]

Images2644スウェーデン出身、EDMの音楽プロデューサー/DJエイドリアン・ラックス
ほとんどの曲が好きなのだが、PVがあまり好きでは無い。
Burning」は可愛くて好きなのだが、いくつか刺激的な物があって…まぁ作業の傍ら、見ていると進まなくなるので、聞いているだけだからいいんだけど(-_-;)

Calvin Harrisの曲も好きなんだけど、PVは男性視聴者にアピールし過ぎだと感じる。David Guettaはたまにかな…

と言う訳で、この曲は何度もリピートして聞いてたけど、あえてラジオ版を埋め込んでみた。

Adrian Lux - Teenage Crime (Radio Edit)

2016.02.15

■今日の1曲 [Haley Reinhart]

Images2640_2健康的なごく一般的な女性に見える“ヘイリー・ラインハルト”。
ちょっとハスキーでスモ―キーボイスと言うのだろうか、声が特徴的。レトロでノスタルジックに歌い上げるキュートでセクシーな女の子。
そう、彼女はアメリカン・アイドル出身でまだ若いのに、この貫禄。
あぁ~、どこかで聞いたような懐かしいこの雰囲気がたまらん…

Haley Reinhart - Free

そうだ、思い出した!キム・フォックス「レディバグ」と、甘い歌声が似ている。

2016.02.14

■今日の1曲 [HAIM]

Images2640カリフォルニアの三人姉妹“ハイム
字余りの曲を歌うガレージバンドというイメージ(←個人的な感想です)を覆した、DJカルヴィン・ハリスの手にかかると、こんなにゴージャスに変わるのかっ!
と驚いた曲。
神々しく美しい3人が緊張感のある曲をシリアスに歌う。


EDMとは言え、軽々しくお気楽な雰囲気じゃないのが良い。
特にHot, Hotと曲調が変わるところが、単なるポップスでは無いセンスを感じさせる。
そしてオールドロック好きとしては、HEARTとかJefferson Airplaneとかを連想させ、たまらない魅力の曲だ。

Calvin Harris - Pray to God ft. HAIM

2016.02.13

■チョコフロランタン・ココナッツフレーバー [クッキング]

Images2639
『チョコフロランタン・ココナッツフレーバー』

輸入食品店「KALDI (カルディ)」で材料を揃えられ、手軽に“なんちゃって世界の料理”が作れる『ヤミーさんの3STEP COOKING』が好き。
もともと海外に憧れていたが行けないので、欧風料理店やエスニック・レストランなどで旅行気分を味わっていた。この本は、家でも旅行気分が味わえる。ただし、本の通りに作ったつもりが、写真見本とは違う物になる場合もあるが…

この中の「チョコフロランタンサブレ」が想像以上に美味しいので、時々作っている。
バレンタインも近いから久々に作ったが、いつもと違う器で焼いた為、時間調節がうまくいかず焦げてしまった(+_+) うぅ、苦い…
会社で配れるような代物では無く、作り直しを決意!
しかし、バターがちょっとしか無くて困った(;´д`)
「ダメモトで、ココナッツオイルを使ってみよう」
少し、アレンジをして作ってみたら結構美味しかったので、覚書。

[サブレ生地]
小麦粉…120g
ココナッツオイル…30g
白砂糖…大さじ2
ボールに入れて混ぜ、ある程度まとまったら、クッキングシートを敷いたオーブントースターのトレイに平らに敷き詰め、オーブントースター1000Wで5分焼く。

[チョコキャラメル]
バター…20g
白砂糖…大さじ3
生クリーム…大さじ2
はちみつ…大さじ2
大きい耐熱容器(ガラスボール)に入れて電子レンジ600Wで4分加熱。容器によって時間が違うので、グツグツと泡立つまで調節する。

ココア…大さじ1
ミックスナッツ…適当にある物を何でもいいから包丁で大き目に刻む
沸騰して泡立っている[チョコキャラメル]に入れて、木べらで素早くかき混ぜ、[サブレ生地]の表面にまんべんなく塗る。
ホイルを載せて、オーブントースター1000Wで10~15分加熱。取り出して、すぐに包丁で食べやすい大きさに切って冷ます。

ココナツとナッツの香ばしさで美味しかった\(^o^)/


1回目に焦げてしまったので、10分で焼き、ちょっと柔らかめのサブレになったが、冷蔵庫に入れると固くなる。
冷めてから包丁で切ると、ボロボロ粉が出るので、まだ熱いうちの方がきれいに切れた。
[チョコキャラメル]がブクブク泡立ち、クレーター状になって見た目が悪くなるから、家にある刻んだミックスナッツを入れた。これをココナッツシュレッド(細い千切り状の物)にしてもいいかも。
流行ってるからココナッツオイルを買ってみたが、料理に使うとお菓子のイメージしか浮かばず、違和感がはなはだしかった。結局ホットケーキ焼く時にしか使っていなかったので、次回はバターを使わず全部ココナツオイル(またはミルクの固形部分)で作ってみようと思う。

2016.02.11

■ルンダン [マレーシア]

Images2642
IKAN BRAND『RENDANG』200g Sri Lazat Food Industrial SDN. BHD.

以前に食べたのは牛肉味だったけど、家にあった鶏肉で作った肉のスパイス煮込み。
いわゆるマレーシアカレーで、タイのようにココナッツミルクを入れる。まろやかなお味だけど、辛い!
このインスタントペーストには、肉1.2kgと水100ccとココナッツミルク200ccを入れて煮るとしか書いてないんだけど、野菜も入れたらかなり水気が多くなり、今水分を飛ばす位に煮込んでるところ。
結構、焦付きやすい。ココナッツミルクが入っているせいか。それにしてもカラい、唇がヒリヒリする(-。-;

でも、冷めたらココナツミルクの濃くが感じられるエスニックな肉料理に化し、辛さも和らいだ。ご飯にのせて食べたら、ウマい。食が進むよ(o^-^o)

Images2643
Instant Rendang Paste, 乾咖哩即煮醤


2016.02.10

■海南チキンライス [マレーシア]

Images2638
IKAN BRAND『Perencah Nasi Ayam Hainan』100g Sri Lazat Food Industrial SDN. BHD.

「Hainanese Chicken Rice Paste」、「海南雞飯即煮醬」、「ナシ・アヤム・ハイナン」、ブルネイで買って来たマレーシアのチキンライス・ペースト。

研いだ米600g(4合)とペースト、水4合カップと同量を入れて炊飯器で炊いた。
炊き上がる前から、ニンニクとショウガの良い匂いがプ~ンと漂い、たまらん。炊き上がった途端、すぐに食べてみたら、超ウマい!!!
止まらない、おかず無しで何杯でもおかわり! しょう油というより、塩味に少しスパイスの香りはするんだけど、ほとんどニンニクと生姜に占められた炊き込みご飯と言った感じで、とても美味しかった。
もっとたくさん買ってくれば良かった、一度しか食べられなくて残念。でも、ご飯ばかり夢中でいっきに食べてしまって、太ってしまう魔のライスだわ(lll゚Д゚)

自分で作ってみたいけど、スパイスが分からない。
原材料:ターメリック(うこん)、レモングラス、玉ねぎ、にんにく、しょうが、パーム油、塩、調味料
この調味料の部分は鶏肉の煮汁を入れれば良いかな?
パーム油はココナツオイルでは無く、マーガリンやショートニングなどの常温で固まる油だそうだ、バターでもいいかな…

2016.02.08

■クレープロールクッキー [中国・菓子]

Images2634 Images2635
頂芝『猴茹 夾心蛋巻』136g 福建省福安市頂芝食品有限公司

大連の民芸品店で売っていた“クレープロールクッキー”。
ナビスコ“ピコラ”とかヨックモックの“シガール”みたいで、「おいしそう」と思い、60元(1200円)を50元(1000円)に負けて貰って買って来た。
ロールクッキーのそばに書いている、毛が生えた塊はシュークリームか何かか?と思い、あまり気にしていなかった。
とにかくパッケージの色がクリーム色なのがおいしそうに見えて気に入ったのだ。

自宅に持ち帰り、開けてみたら、銀色の包装が3つ。中には白いらせんを描く8本のフィンガーサイズ・クッキーが入っていた。
食べてみた、サクサク。
う~ん(@_@;) 
まずくはないが、うまくもない。
味があまり無い。内側にはクリーム状の物が薄く見えるが…ほのかな甘さを感じるが、ほとんど小麦粉味かな?

“猿を茹でる”みたいな謎の物体についてネットで調べてみた。
「猴茹」
モンキーきのこと翻訳。よく調べると、日本では「ヤマブシタケ」と言われるキノコの一種のようだ。中国では中華料理にも使われるポピュラーな素材で、お菓子も色々と売られている「猴头菇」。
「猴茹更和胃!」と書かれていて、胃潰瘍や慢性胃炎に効くそうだ。それよりもキノコ入りクッキーって…

まぁ、まずくは無いので、薄味が好きな方だったら良いかも。美味しい物を求めるなら、日本のお菓子の方がよっぽど良い。でも、日本では手に入れにくい物だからこそ、わざわざ海外で買って持って帰る価値がある。しかし、これはもうリピートは無いなぁ~

2016.02.07

■ザ・レイド [映画]

Images2637
ザ・レイド(2011)インドネシア
 監督・原作:ギャレス・エヴァンス
 出演:イコ・ウワイス  ドニー・アラムシャー

祈りを捧げ身体を鍛える警官ラマ、妻は妊娠中でもうすぐ子供が生まれる。
早朝、警察車両で出動し、極悪人リヤディのアジトを急襲するが、30階建ビルの住民全員が手下の為、苦戦する。次々とチンピラの銃弾に倒れる隊員達、ラマはインドネシアの武術プンチャック・シラットを駆使し、妻子の元へ生きて帰る為とある目的の為に闘い続ける…アクション/サスペンス

予告を見て、韓国映画『オールド・ボーイ』を思い出した。
狭い廊下で襲いかかるギャング達に金づちで一人立ち向かうオ・デス、かっこ良かった。
そして、警部補はトミー・リー・ジョーンズっぽいなと思った。
とにかく、闘う姿がかっこよくてDVDを借りて来たが、この映画は最近まで全然知らなかった。

密室物は大好きである、閉ざされた空間で鬱積する恐怖、何とか脱出しようとするが、次々襲いかかる敵を迎えうつ。この空間に居る限り緊張感は解けない、敵の罠にはまったままだ。
あの手この手で敵をやり過ごすが、とにかく飽きさせない映画で、特に格闘シーンが素晴らしい。
蛮刀を振り回す敵を前に、手刀や足払いで立ち向かうシラット、年末の「RIZIN」でこういう各国の武闘が披露されても良かったのでは?
細見のインドネシア人らしく、素早い身のこなしで、軽々と宙を舞う。メキシカン・プロレスのルチャリブレのようだ。特にマッド・ドッグとのファイトは、事前ダメージもあったはずなのに、よく疲れないなぁ~( ´艸`)

インドネシア人のイメージはまさにマッド・ドッグ、頬骨高くシャープな雰囲気。建物は街、村に限らず、いたずら書きがなされ、若者の不満がたまっていると感じた。物価はかなり低く、マレーシアの下働きをするあまり豊かではない国だった。

エンドロールの曲がかっこいいと思ったら、リンキン・パークのマイク・シノダ。
北欧の映画も面白いけど、東南アジアの映画も面白い。普段ハリウッド映画ばかりなので、久しぶりに新鮮だった。

次は“ザ・レイド2”にあたる『ザ・レイド GOKUDO』を見ようと思っていたけど、レンタルはR15カット版で、無修正のR18アンレイテッド版を買うつもり。このDVDを返しに行った時、ツタヤで嫌な思いをして、もう借りたくなかったので、ちょうど良かった。

ちなみに上記リンク先でクレイアニメが見られる。しかし、この映画のネタバレになってしまうので、本編鑑賞後に”CLAYCAT'S THE RAID”を見る事をお勧めする。

The Raid: Redemption

2016.02.06

■ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス

Images2636
ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』(2014)アメリカ

第75回ハンガー・ゲーム記念大会で競技場の天井を矢で射り、システムを破壊してしまったカットニスは、反乱軍の協力者によって連れ去られ、壊滅したと伝えられていた第13地区の地下に家族と共に身を寄せていた。 一方競技場に取り残されたピータはスノー大統領に捕らえられ、独裁国家パネムのプロパガンダを行っていた。 第13地区のコイン首相はカットニスを反乱軍のシンボルとして海賊放送を流し、圧制に耐えかねた民衆の心を奮い立たせ、各地区で暴動を起こさせた…SF/アクション

飛行機でボンヤリと観て、意味が分からなかった映画『ハンガー・ゲーム』。
ロード(Lorde)
の曲が気に入ったのをきっかけに、小説『ハンガー・ゲーム』シリーズを読み、内容がやっと把握できた。

再度、DVDで映画『ハンガー・ゲーム』シリーズを見直し、小説によって補填されたおかげで、内容がスムーズに理解でき、「やっとファイナルだ!」と楽しみに見始めた本作。
タイトルが“Mockingjoy Part1”だって…
パート1という事は、パート2もあるの? 迂闊だった、これで終わりかと思ったら続きがあるようだ。

気を取り直して、映画に集中したが、取り敢えず小説を読んでいるのでストーリーの先読み状態、この先どうなるの? というハラハラドキドキ感が無い為、何度も中断→巻き戻し→再生→中断の繰り返し、つまり寝てしまったのだ。雰囲気が暗くて緊張感が無い映画は困るね(^^ゞ

SF映画で宣伝ビデオ(プロポ)を作って扇動させるっていうのは、新鮮な感じがする(人から集めたお金で自分のアクションビデオを作った犯罪者はいたが)。
やはり、テレビ業界人の原作者らしい設定だと思った。そして、アイドル等に憧れるティーンネイジャーの気持ちも掴めたのではないだろうか。

それにしても、カットニスは正義感が強く、生存本能に長けた少女で好感を持てるのだが、映画の中ではトンチンカンな事を言っていて、頭が悪いのかな? と思ってしまう。
例えば“妹プリムにこのマネシカケスのブローチはお守りで、これを持っていれば選ばれる事は無い”って、バッチリ選ばれてるじゃない!
“ピータは生き残るべきだった、人々のリーダーだ”と主張する。いや~、彼が居ようが居まいがどうでも良く、たくさんいる一般ピーポーの一人にすぎないから!
と、カットニスにイライラさせられる。そして、ゲイルの方が共通する部分が多く、家族をも救ってくれる優しく頼もしい良い男なのにカットニスの目は節穴だ。
まぁ、まだ17歳の少女なんだから、人生の苦労も知らず目先だけで判断する子供なんだからと、ひたすら自分自身を納得させるしかない。
ま、所詮この映画は10代の欧米少女にウケるように作れらた映画なんだろうね。

知識が無くて、「レジスタンス」と「レボリューション」があるとは知らなかった(と言うより、はっきり区別できるプロモーションを行わない配給会社もどうかと…)。
ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』のDVDはまだ発売されていないし、映画は上映されていないし、今は続きが見たくても見れない状態だ。

2016.02.05

■烏龍茶餅干 [中国]

Images2619 Images2620
乌龙茶饼干(酥性饼干)『茶点上海美京食品有限公司


烏龍茶クッキー、1袋の中に薄いクッキーが2枚入っている。結構油分があり(バターという訳ではなさそうだ)しっとり目、甘さ控え目、烏龍茶の香りがプーンと漂う美味しいクッキー。私は好きだなぁ~

2016.02.04

■ミルクレープ [ウズベキスタン]

Images2624 Images2625
Производитель СЛ 《Milano Group》

ロシア語なので、本当は何というお菓子なのか分からないが、ミルクレープの薄い菓子と言った感じで、クレープを何枚か重ねて間に蜂蜜のようなシロップがはさんであるシットリとしたスイーツ。
ウズベキスタンのタシケントとサマルカンドを1時間で結ぶイタリア製新幹線「アフラシャブ号」の中で配られた。あと砂糖が入った紅茶ももらって、どちらも美味しかった。
小型テレビでドラマを上映していて、座席にある穴に配られたイヤホンを刺して音声が聞ける。しかし、言葉が分からない。だから寝ながら音楽を聞いていた。
新幹線と言いながら、まるで飛行機のようなおもてなしで、別料金で注文できるメニューがあり、フルーツが素敵な盛り付けだった。

2016.02.03

■ビスケット・クラッカー4種+1 [スリランカ]

Images2617

Maam BiscuitsBanana Cream Biscuits』90g
 バナナクリーム・ビスケット
 四角い2枚重ねのクリームサンド。人にあげたので、味はあとで聞く。
「バナナ味薄めだけど、クリームもビスケット生地も素朴な甘さでかなり好み」との感想を貰った。

CBL MuncheeNATURAL Ginger Buiscuits』80g
 “ロータスのカラメルビスケット”を丸く厚目にしてガリガリ歯ごたえを加えた感じの甘いクッキーにジンジャーが練り込んである。しょうが風味なのでは無く、まさに生姜味で辛い!甘い!辛い!美味い!大好き!

MalibanLEMON PUFF with real lemon cream』 100g
 マリバンの「レモンパフ・ビスケット」、“グリコのビスコ”を一回り大きくして、表面にザラメを振りかけ、間にレモンイエローが鮮やかな甘酸っぱいクリームが挟まっている。ビスコのレモン味のイメージで、結構うまい。 

MalivanSpicy CRACKERS』75g
 “ナビスコのプレミアム・クラッカー”にインド料理店のカレースパイスを練り込んだようだようなスパイシーさ。唐辛子の絵柄通り、ちょっと辛くビールに合う味。

スリランカ航空でもらったマリバン(Maliban Biscuit Manufactories (Pvt) Ltd.)の『チーズビッツ・ビスケット(Cheesebits Biscuits)』がメチャウマ。小指の爪ほどの小さいチーズ味のクラッカーで、あっという間に無くなってしまった。スリランカでも有名な会社なのかもね。

Images2618


 

2016.02.02

■チキンラーメン [マレーシア]

Images2621 Images2622
MAGGI 2 minute noodles『Perencah Ayam』77g Nestlé Products Sdn.Bhd.

マギーの2ミニッツ・ヌードルズ、チキン味。
いたって普通の塩インスタントラーメン(mi segera)って感じ。袋の後ろによるとあと3種あるようだ、サイトにはもっと種類がある。

Images2623


2016.02.01

■ハンガー・ゲーム2 [映画]

Images2633
ハンガー・ゲーム2(2013)アメリカ
 監督:フランシス・ローレンス 原作:スーザン・コリンズ
 出演:ジェニファー・ローレンス ジョシュ・ハッチャーソン リアム・ヘムズワース

「ハンガー・ゲーム」で生き残った二人は各地区へ凱旋ツアーへ赴くが、圧政に耐えかねていた民衆はカットニスを希望とし、各地で暴動が起き始める。 スノー大統領は策略を巡らせ、翌年の第75回記念大会で前年の優勝者であるカットニスとピータを出場させ、再び死のサバイバル・ゲームへと狩り立てる…SF/アクション

これもまた飛行機の中で事前の予備知識も無く、ウツラウツラと観てしまったので、何が何やら混乱した映画。
相変わらず、薄暗いオープニングで、せっかく優勝して故郷へ帰り、新しい家も与えられたというのに、気がつかないレベルの陰鬱さ。
しかし、目を見張る成長を遂げたのは妹プリム。
泣いてばかりいた13歳の少女は、母を手伝い、患者の治療を行う。
ダラダラ飲んでばかりいるヘイミッチも的確なアドバイスとギフトを授ける有能な教師。
けばけばしいエフィーも一生懸命なところが好感を持て、物事がうまく運ぶように尽くしてくれる良き世話役だ。

で、前回観た時に分からなかったのが、ポッドに乗り込んだ後、襲われるシナ(レニー・クラヴィッツ)。
今回見直してよく理解できましたよ、ドレスに問題があった訳だなヾ(- -;)

そして、ラスト近くの矢を放った後もよく分からなかったけど、今回は小説を読んでストーリーを知っているから、何をしているのかが分かる…つまり、映画だけで理解できない内容って問題があると思うんだけど(;´Д`A ```
例え映画館で観たとしても、あらすじを知った上で観ないとストーリーがスムーズに流れないのでは?

キャピトルのシーンで、口に白い布を巻いていた女の子は何を意味している?
それは『ハンガー・ゲーム』でゲイルと逃げようとしていた時に口にしている言葉にヒントがある。
もしかして、『ハンガー・ゲーム FINAL』で説明するのかな…あまり期待していないけど。
何にせよ、この映画の魅力は原作とジェニファー・ローレンス。普通の女の子が、正義感に突き動かされ、健気に闘う姿を応援したくなる、そんなエンターテイメント。

The Hunger Games : Catching Fire

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »