フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

最近のコメント

« ■デヴィッド・ボウイ [訃報] | トップページ | ■セット・ヨーグルト [スリランカ] »

2016.01.24

■十戒 [映画]

THE TEN COMMANDMENTS
十戒
(1956)アメリカ
 監督:セシル・B・デミル 原作:旧約聖書
 出演:チャールトン・ヘストン ユル・ブリンナー  アン・バクスター

エジプトの奴隷だったヘブライ人に“救い主”が誕生すると聞き、生まれた赤子を殺したが、一人の乳児がナイル川に流された。彼の名はモーゼ、ファラオの息子のラメスの弟、エジプトの王子として育つ。
自分の出生がばれ、砂漠に追放されるが、シナイ山で神による啓示を受け、人々を解放するためにエジプトに戻り、イスラエル人を引き連れ、「乳と蜜の流れる場所」を目指す…歴史ドラマ

飛行機の中で何の予備知識も無く、『エクソダス:神と王』を観た。
あんれまぁ~、十戒(じっかい)じゃない。チャールトン・ヘストンの印象が強すぎて、クリスチャン・ベールがしっくり来なかったので(良い人の役ってあったかな?)、見直す事にした。

子供の頃、何度もテレビで放映していたので、部分的なシーンは記憶に残っていても、初めて前編通して観た。
結構大スペクタクル映画で面白い。セットやアニメがアレだけど、それはもう60年も前の映画だから仕方が無い。海なんだから、貝とか魚とか落ちてるでしょ、ってツッコミも必要無い。それにしても大陸は赤土だな。

やはり、チャールトン・ヘストンは存在感があって、良いなぁ。私の世代で言えばアーノルド・シュワルツェネッガーのような存在だったのだろうか。
昔の映画だから丁寧に作ってあり、まるでお芝居のような感じだ。そして、ああ言えばこう言うの問答のような堅苦しい雰囲気。

そして救世主モーゼも真面目だ、自分の身の上を知り、奴隷と同じ行動をする(lll゚Д゚)
せっかくネフレテリがかばってくれたのに、いつものように振る舞っていれば、やがて王となり、民をうまく導けたのに、不器用な人モーゼ。
ネフレテリ役のアン・バクスターがとても魅力的。鼻っ柱が強いけど、密かに助けてくれる。やはりモーゼと二人で統治した方が、40年も彷徨う事も無かったであろう。まぁ、あんな奇跡があったからこそ、3000年以上経った今も語り継がれている。
それにしても、エジプト人とヘブライ人の見た目の違いって無かったという事ね。

印象に残ったのは、ファラオとなったラムセスの前に献上品として、「東の地より、シルクの織物です」「どうやって作った?」「知りません」
シルクはなめらかで光沢があり、美しい織物だと思う。この時代には、まだ蛾が吐き出す繭とは知られていなかったのね、中国からの珍しい交易品。
そして、エビのひげで織った布ってどんな感じなのだろうか、まずは匂いが気になる。

« ■デヴィッド・ボウイ [訃報] | トップページ | ■セット・ヨーグルト [スリランカ] »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/63113803

この記事へのトラックバック一覧です: ■十戒 [映画]:

« ■デヴィッド・ボウイ [訃報] | トップページ | ■セット・ヨーグルト [スリランカ] »