フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

最近のコメント

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015.10.31

■あびすけ [外食・台湾料理]

Images2566 Images2567
油そば専門『あびすけ西新宿7丁目店
 東京都新宿区西新宿7-11-2 TEL 03-3362-1858

西新宿をフラフラと歩いていたら、目にした“台湾まぜそば”という文字。がっつり系のどんぶり写真がインパクトの店構え。
食べられるかな~と思いつつ、中に入ってみると、数人でいっぱいになるカウンターのみで、ほとんど女性だった。もちろん作る方達も女性。
注文してからしばらくして出されたまぜそばは、魚粉の良い香り。台湾にこういうそばがあるのかどうかは分からないけど、太麺で食べごたえがあり、残ったたれにご飯をからめて2度美味しい。魚粉が癖になる油そばだった。また食べた~い。

2015.10.30

■阿里城 [外食・台湾料理]

Images2564 Images2565
台湾小皿専門『阿里城スナモ店
 東京都江東区新砂3-4-31 TEL 03-6666-2088

台湾の夜市風の店構えを抜けると、思ったよりも広い店内で、店員は台湾の方。
でも、味は日本人向きの香辛料控え目、チェーンだからかな? 私には物足りないけど、癖が無いのでだいたい美味しい。
夜たまにビールを飲みに行った時、必ず頼むのは“ピータン豆腐”。“台湾腸詰”は香辛料の味がするから、好みが分かれるかも。

ランチで食べるのは、“台湾風挽肉入りラーメン(台湾担子麺)”や“マーラー牛肉和そば”。マーラーそばの方がこってり油そばっぽくて好き。

2015.10.29

■台葉 [外食・台湾料理]

Images2561 Images2562
台湾料理『台葉
 千葉県松戸市新松戸2-122-6F TEL 047-346-2003

埼玉まで通っていた時に見つけた、新松戸駅前のホテル上階にある“台葉(たいよう)”、店の方が、中国語で話をしていたので、みなさん台湾の方だと思う。
“本格台湾料理”というネオンに誘われ、幟脇の入口からちょっと階段をくだり、エレベーターに乗ってホテル階を過ぎ、ドアが開くとすぐに中華レストラン。

Images2563ちょうどテレビが見える位置に座り、頼んだのは“牛肉角煮入りラーメン”。
う~ん、台北の横丁で姉と見つけたお店で言葉が分からなくて苦労して頼んだ牛肉ラーメンと同じ味。とろみもついて、スープがピカピカ光り、香辛料が台湾を思い出させてくれた。
冬に一人でフラフラした後に入ったので、あったかさが嬉しかった台湾料理。

何度か行ったが、今はもう埼玉へ行く機会が無いので、この店で食べる事がなかなかできない。錦糸町にも台湾料理屋があったから、今度行ってみようかと思う。

2015.10.28

■阿Q麺館 [外食・台湾料理]

Images2558 Images2559
台湾屋台『阿Q麺館
 江東区東砂7-10-12 TEL 080-4341-0066

台湾の牛肉ラーメンが食べたくて、食べたくて…
香辛料は癖になる。突然フッと味を思い出し(匂いも同じ)、落ち着かなくなる。
以前は、新松戸の台湾料理『台葉』へ行っていたが、電車賃がかかるから、そうそう行ってはいられない(-_-;)

ネットで検索して見つけたこの店。
「阿Q」ってよく聞くけど、何だろう?と調べてしまった(+_+)

ネパールレストランのお隣、台湾らしい赤い装飾のお店に着いて、券売機で食券を買い、テーブルへ。
ランチセットはお得だったが、前日に飲み過ぎてしまい、あまり食べられそうになかったので、“牛肉麺”のみにした。

ブロック状の牛肉は柔らかく八角の味が…これよ、この味が食べたかったのぉー。あとは“茶葉蛋”があれば嬉しいなぁ~
麺は太目の平麺で縮れて、コシがあり、スープは茶色だけど、澄んだ感じ。
ネットには台湾の味そのままと書いてあったけど、私は日本人向きにさっぱりした味にしてあるのではないかと思った。『台葉』の牛肉麺はとろみがあって、台湾で食べた味と同じで感激したけど、この『阿Q麺館』はちょっと私が好きなのとは違った。
でも、美味しい。
思わず、スイーツ4種をお持ち帰りしてしまった!(^^)!
一つ300円で合計1,200円也、うちに帰ってチビチビ楽しんでる。やっぱり、缶詰のとは違って“仙草ゼリー”は美味しいー、ちょっと薬臭いけど好き。

Images2560

左上からタピオカミルクティー、愛玉子(アイギョーチー=茶色のゼリーのレモンシロップがけ)、豆花(トウホワ=豆腐のピーナッツシロップがけ)、仙草ゼリー(黒いゼリーの黒糖シロップがけ)


2015.10.27

■今日の1曲 [Neighbourhood]


The Neighbourhood「Sweater Weather」

アメリカ・カリフォルニアの5ピースバンド“ザ・ネイバーフッド
女性が歌っているのかと思っていたら、無骨な男達。悩ましい歌声がセクシ~

Images2554


2015.10.26

■今日の1曲 [Mr. Little Jeans]


Mr. Little Jeans「The Suburbs」

セクシーと言えば、ノルウェー出身のシンガー・ソング・ライター“ミスター・リトル・ジーンズ
アーケイド・ファイアのカバーを浮遊感のあるアレンジで透明な歌声を聞かせてくれる、別な曲だな…

Images2553


2015.10.25

■今日の1曲 [Lana Del Ray]


Lana Del Rey「Young and Beautiful」

セクシーと言えば、アメリカ・ニューヨーク出身のシンガー・ソング・ライター“ラナ・デル・レイ
1950年代から活動しているかのようなレトロでアンニュイな雰囲気を持ち、悩ましい歌声で儚く揺蕩う曲を聞かせてくれる。
今一番のお気に入り、素晴らしい!!

Images2552


2015.10.24

■今日の1曲 [Flight Facilities]

福山雅治と結婚した吹石一恵の記事に、一般男性がコメントしていた。
「スタイルがいいとは思うが、そそらない」
吹石一恵自体が分からなかったので、ネットで検索してみた。ユニクロのCMの人ね…確かにセクシーと言うよりは、中性的な印象だ。


Flight Facilities『Heart Attack』feat. Owl Eyes

オーストラリアの2人組“フライト・ファシリティーズ
エレクトリック・サウンドなんだけど、ダウナーなのもあれば、ソウルでファンキーだったり、ポップでキャッチーだったりで、多彩でおもしろい。
この曲は、やはりオーストラリアのシンガーソングライター“オウル・アイズ”が参加して、美しくセクシーな歌声を聞かせてくれる。

Images2545


2015.10.23

■フィジーウォーター [フィジー]

Images2540
From the islands of FIJI Natural Artesian Water 500ml インターパイロン

フランスの“シリシウム オーガニック”の時に書くつもりが、遅くなってしまった。

アメリカのセレブの間で人気だと言われている“フィジーウォーター
100ml中、シリカ(ケイ素)92mgが含まれている、ボトルデザインがとても美しいミネラル・ウォーター。
味としては、普通に水。硬度は105mgで中硬水、飲みやすい。
80年代に初めて硬水の“エビアン”を飲んだ時、飲み込みづらかった。今では飲めるんだけど、当時とどう変わったのかな?

毎日飲めば、美しくなるのかもしれないけど、よく分からない。双子で実験すると良いのかもしれない。2007年に日本へ入って来たようだ、それから8年飲み続けた方は美魔女になっているのだろうか…

今わかる範囲で、フィジーの女性フランスの女性の違いではどうだろうか。

2015.10.22

■マンゴッチュ! [パキスタン]

Images2524
緑の国のマンゴッチュ!『Mangochu』1000ml クリスタルジャパン

これも新大久保駅周辺のハラルショップで買ったマンゴードリンク。

Images2527果実の女王マンゴー、とろ~り果汁が濃厚な味わい「パキスタンはマンゴーの国」と営業係長のMr. Mangoが言ってるわ。
ビタミンA、βカロチン、ビタミンC、葉酸が含まれた21%マンゴー果汁入りの飲料。150種類の中から厳選した3種類をブレンドしているそうだ。
そう言えば知り合いに桃アレルギーがいて、マンゴーも食べられないという人がいた。ネットリしているのが苦手な人もいるだろう。でも、私は好きだ。

これは焼酎で割って”マンゴーサワー”もおすすめ、私は牛乳で割った“マンゴーミルク”がお気に入り。豆乳でもイケる。
紙パックは100円位で売ってるよ。

2015.10.21

■マンゴージュースドリンク [インド]

Images2523
Bvitas『Mango Juice Drink』250ml Vimal Agro Products Pvt. Ltd.

原産国はインドだが、日本語でも記載されているビビタスの『マンゴージュースドリンク』。
日本語におかしなところは無く、キチンと監修されている模様。
これもまた、いつの間にか「イスラム横丁」なんて名前が付いた新大久保駅周辺のハラルショップで買った。
100円くらいだったかな…

Images2539原材料名は、水、マンゴーパルプ、砂糖…香料(マンゴー)、混ぜ物が多い。しかしドリンクなんだから、こんな感じだろうな。甘くて美味しい。

プルタブが今時珍しい、全部取れるフタだよ(ステイオンタブ方式ではないヤツね)。

2015.10.20

■マレーシア・カレー [レシピ]

Images2538

『マレーシア・カレー』
1. 鶏肉にカレー粉大さじ2をまぶしておく。
2. 鍋に油を入れて熱し、みじん切り玉ねぎ、にんにく、チリパウダー小さじ1を炒め、水大さじ4で溶いたカレー粉大さじ4を加える。
3. 香りが出たら、大きめにスライスした玉ねぎ、じゃがいも(ジャックフルーツ)、にんじん等を入れて炒める。
4. 鶏肉を入れて炒め、水400CCを入れて、しばらく煮込む。
5. 柔らかくなったら、塩小さじ1と砂糖大さじ1を加えて味を調節し、最後に水200CCで溶いたココナッツ・クリーム・パウダーを入れて少し煮込んで出来上がり。

※すべての量はお好みと自宅在庫で調整。

味はマイルド、ピリッとした辛さ程度(但し、使用したチリパウダーの種類にもよる)。
ココナッツ・パウダーが入っているので、まろやかな味わい。本来ならじゃがいもをあらかじめ油で揚げるらしいのだけど、カロリーが高くなるので、煮込むだけにしている。
スパイスが違うので、インドカレーとは別物との認識が必要。これとは違うけど、マレーシアのカレー粉は日本でも売っているそうだ。

2015.10.19

■カレー粉 [マレーシア]

Images2536 Images2537
Malaysian『CURRY POWDER』230g Causeway Holidays Sdn Bhd

マレーシアの免税店で買った”カレーパウダー”、中国語で咖喱粉。
写真右側の下部分のようにオレンジ色のブレンドが入っていた。

原材料名:コリアンダー・シード、クミン・シード、フェンネル・シード、ターメリック、チリ、ホワイト・ペッパー、シナモン、スター・アニス、クローブ、カルダモン、ナツメグ


2015.10.18

■チリパウダー・ホット [インド]

Images2535
RAJ『Chilly Powder Hot』100g Ambik Trading Company

とっても辛い赤唐辛子の“チリパウダー”、日本にあるインド人経営の会社で、原産地はインド。
カレーに入れる時は、鍋に小さじ半分~1杯程度で良いと思う。
バンバン入れすぎると、食べられない物が出来てしまう。デスソース並みなので気を付けたい、韓国の唐辛子とは全然違う辛さ。だから、いつまで経っても減らない。とっくに賞味期限が切れているけど、まだまだ辛くて充分使える。今、売ってる物の原産地は中国みたいね。

これは、ニュー秋葉原センター奥にあるインド食材店で買った。

2015.10.17

■ココナッツ・クリーム・パウダー [マレーシア]

Images2534
Santan『instant coconut cream powder』50g S&P Industries Sdn Bhd

“インスタント・ココナッツ・クリーム・パウダー”、マレーシア語でserbuk krim kelapa segera、中国語で即溶椰漿粉。
椰子の実の内側の白い果肉部分を削って粉末にしたココナツ・ミルク・パウダー。

カレーに入れて使ったけど、パンやホットケーキを焼く時にも使っている。
袋の裏側に色々な料理のバリエーションが載っていて、シーフード、チキン、カニ、ビーフなどの煮込み料理、アイスクリーム、ケーキ、パン、ウエハース、クッキーなどの菓子。リンク先にレシピも掲載されている、英語だけど。

2015.10.16

■ヤンググリーンジャックフルーツ塩水煮 [タイ]

Images2526
Cock Brand『Young Green Jackgruit In Brine』565g
Thai Wrold Import & Export Co., Ltd.

世界一大きい果物と言われるジャックフルーツの塩漬け缶詰。
中を開けると、竹の子のような物がゴロゴロ入っていて、汁はフルーティな香りを漂わせる。
バナナも調理用の物があるように(イオンで200円ほどで売ってる)、暑い国では果物も様々な料理に使われる。

このジャックフルーツでカレーを作った。
なんかフルーティで、イメージは酢豚の中のパイナップルのような感じだった。
二日目の方が芋のようなポクポクした歯触りに変化していて、美味しかった。
カレーはマレーシアで買って来たスパイスを使ったので、後日レシピをアップする予定。

2015.10.15

■今日の1曲 [Bob Welch]


Bob Welch「Ebony Eyes」

パリス
と言えば、“ボブ・ウェルチ”。
一時“フリートウッド・マック”にも在籍していた。2枚のアルバム以降、名前を聞かなくなってしまったけど、2012年に自殺していたのね。合掌

Images2533


2015.10.14

■今日の1曲 [The Style Council]


The Style Council「Paris Match」

パリスと言えば、”スタイル・カウンシル”
結成当時は、まさかパンク・バンド”The Jam”のポール・ウェラーが、こんなおしゃれな音楽のバンドを作るなんて!
という、驚きだった。今で言う、R&B風のクールなラウンジ・ミュージック、カフェ・ミュージック、クラブ・サウンド…渋谷系のルーツは彼ではないでしょうかね?
当時、クレスプキュールやチェリーレッド傘下のエルと言ったレーベルがこんなおしゃれ音楽のレコードを出していた。

Images2532

2015.10.13

■今日の1曲 [Little Dragon]


Little Dragon 「Paris」

パリスと言えば、スウェーデンの4人組“リトル・ドラゴン”。
紅一点のユキミ・ナガノは“クープ”や“ヒルド”にも参加していた。

Images2531


2015.10.12

■今日の1曲 [Friendly Fires]

最近テレビCMを見ていて思ったんだけど、ユニクロやセブン&アイ、トヨタなど、この秋冬は“フランス押し”!?
世界で一番観光客が訪れる国は、フランスなんだそうだ。いくら円安とは言え、日本は足元にも及ばない。そうね、大陸で地続きの国の人達は行きやすいし、歴史もある、フランス人というプライドが不変さを感じさせる。


Friendly Fires「Paris (Aeroplane Remix)」ft. Au Revoir Simone

イギリスの3人組“フレンドリー・ファイアーズ”の可愛らしい曲「パリス」。
歌っているのはアメリカの3人組“オ・ルヴォアール・シモーヌ

Images2529 Images2530

以前、会社に在籍していた人で、「フランスへ23回も行ってる」と自慢する方がいた。一度もお土産もらった事無かったけど。イギリス人もアメリカ人も日本人をも虜にするフランスへはいつ行けるかな…たぶん定年後。

2015.10.11

■ネスカフェ・ダーク ロースト [タイ]

Images2528
『NESCAFE Dark Roast』180ml Nestle

タイ・ネスレ(ネッスル)の缶コーヒー“ネスカフェ・ダークロースト”
缶の色からして、ブラックコーヒーという先入観で飲んだら、甘い!
しるこドリンクかよΣ( ̄ロ ̄lll)

これも、原材料名の最初の項目が砂糖7.5%、コーヒー抽出4.4%、スキム・ミルク・パウダー0.5%、natural colourとは無着色という意味かな?
缶に数字が記載されているのだが、タイ語だからわからな~い( ̄З ̄)


2015.10.10

■ネスカフェ・エスプレッソ ロースト [タイ]

Images2525
『NESCAFE Espresso Roast』180ml Nestle

タイ・ネスレ(ネッスル)の缶コーヒー“ネスカフェ・エスプレッソ ロースト”
甘い、スウィートチョコを溶かしたドリンクのような甘さだわ。

原材料名の最初の項目が砂糖。

2015.10.09

■ネスカフェ・ラテ [タイ]

Images2519
『NESCAFE Latte』180ml Nestle

アジアのスーパーをまわっていると、よく目にするメーカーは“マギー”。
その国独自の調味料を作り、地元に溶け込んでいるイメージだ。そして、マギーはネスレ(ネッスル)なので、もちろんネスカフェやミロもよく見かける。世界的に影響力の強いスイスのメーカーだと感じる。
そう言えば物心ついた時から、インスタント・コーヒーのネスカフェ・エクセラが存在し、ゴールドブレンドは後から出て来た。ダバダ~♪

で、この缶コーヒーの“ラテ”は普通の味。
あと、”ダークロースト”と”エスプレッソロースト”を持っている。

2015.10.08

■ネスカフェ・シルキーラテ [中国]

Images2518
NESCAFE Smoovlatte』268ml 雀巣珈琲

ネスレ(ネッスル)のペットボトルコーヒー、スムーヴラテと読むのだろうか。たぶんカフェラテの事だと思う。
甘さ控えめのコーヒー牛乳と言ったところで、飲みやすい。
ジュース感覚でゴクゴク飲める。

これの紫バージョンはモカで、チョコ味。

2015.10.07

■ドリアン・サンドイッチ・ロール [香港]

Images2517
Me;imdo『榴莲夾心酥』258g 香港美倫多食品有限公司
Choice of Biscuits DIGESTIVE Sandwich Roll Pastry

薄いクレープロールの真ん中に白いドリアンクリームが入った甘いお菓子を6人で食べた。
感想は、好き2人、普通3人、嫌い1人だった。

好きな人は、「コロン」のようだと言っていた。
私は、ホワイトチョコレートをクリーミーにして、サクサクのバタークッキーの衣で巻いた、臭い物。美味しいんだけど、食べた後からも臭い感じが上がって来て、一瞬憂鬱になる。

ドリアンを好きな人は匂いだけでヨダレが出るそうだ。そして、ダメな人はゲーゲーうるさくなる不思議なフルーツ。

他人が納豆や粉チーズを食べていると、臭いと感じるが、自分が食べている時は気にならない。
外国人にとっては、炊き立てのご飯はオムツ臭、海苔は生臭い…人それぞれだね。
ドリアンは試してみなきゃ、合うか合わないか分からない。

パッケージにDelicious Pineapple Flaver Sandwichと書いてある。ドリアンのパイナップル味 !?

2015.10.06

■台式紅焼牛肉麺 [香港]

Images2515 Images2516
台式紅焼牛肉麺』102g 東和食品有限公司 Eastward Foods Company Limited

中国で買った香港産の台湾牛肉ラーメン、いや~美味しかった♥

初めて台湾で食べた牛肉ラーメンは八角の香辛料に違和感があり、あまり美味しいと思えなかったけど、段々慣れて来て、日本に帰ってからもたまに食べている。
今では好きなラーメンだ。もともと香辛料は好きだし、なんかスパイスってくせになる。
そう言えば映画『スーパーサイズ・ミー』で食べ物に麻薬成分が入ってると言ってたな。

中国でこのラーメンを目にし、即買い。
袋を開けると、何の変哲も無いインスタント麺とスープベースとシーズニングスパイスの小袋二つ。
麺を3分茹で、小袋を入れようとしたら粉末とみそのようなペースト。ペーストの袋には秘製調味料と書いてあって、これが良き匂い~

ラーメンだけ食べ、残ったスープは米1合と水少々を加えて炊き込みご飯を作った。玉ねぎのみじん切りを足して炊いても良いかもね。
この食品会社は「秋田うどん」も作っているようだ。スペルがAkido Udon…

2015.10.05

■ジョージアプレミアムカップ麺 [日本]

Images2513 Images2514
GEORGIA 40th Anniversaryジョージア プレミアムカップ麺』鯛だし醤油ラーメン -白醤油仕立て-

スーパーへ行ったら、缶コーヒー5本以上で「カップヌードル」と「北斗の拳カレンダー」がもらえるキャンペーンをやっていた。
カップヌードルは、鯛だしラーメンと松たけ温そうめん。
迷わずラーメン選択、松たけを美味しいと思った事ないんで(*´v゚*)ゞ

で、感想は…
ごく普通の塩ラーメン。
以上

2015.10.02

■魔女は夜ささやく [小説 マキャモン]

Images2511 Images2512
ロバート・R・マキャモン/
魔女は夜ささやく〈上〉』『魔女は夜ささやく〈下〉』(2003)文藝春秋

17世紀末アメリカ。判事ウッドワードと書記マシューは、カロナイナ植民地チャールズ・タウンからファウント・ロイヤルへ馬車を進めていた。途中立ち寄った宿で強盗に遭い、命からがら逃げ出し、やっと目的地にたどり着いた。
そこは、作物が枯れ果て、殺人と放火で疲弊し、魔物に脅える荒廃した町だった。果たして魔女と疑われた未亡人レイチェルが犯人なのだろうか…ミステリー

単行本を入手したのだが、手元に届いてその豪華な装丁に驚いた。手書きの牧歌的なイラストに金色に輝く帯…児童小説かよ(lll゚Д゚)
おまけに2冊合わせて6,000円近くする…マキャモンはずいぶん出世したものだな。でも、文庫がまだ出ていないようなので、あまり売れていないのでは(;´Д`A ```
今後の翻訳出版に影響するから、こういう大胆な販売路線はいかがなものか。

最初から「魔女」というテーマから逸脱したエピソードで、読み進めづらい。
そして、やはり「魔女」とは関係ない疑わしい奴やら何やらがてんこ盛りで、冗長。2段組のボリュームが必要なのかと心の中で文句タラタラ。
でも、そこが内容に深みが増し、伏線があちこちに仕込んであって、読後感が心地良い要因でもある。

本作は正統派のミステリーで、あれやこれや推理を楽しみながら読んだ。
元来のファンの為にちょっぴりエログロも加味されたラブロマン・サスペンス、そして若きマシューの成長物語と言えよう。
内容的には万人向けなのだが、やはりこのボリュームでは、手に取る人は少ないかもしれない。
あ~、面白かった! マキャモン大好き!

それにしても、住民はレイチェルが処刑された後も、町が好転しなかったらどうするつもりなんだろう?
何でも、悪い事が起こったのはアイツのせいと、他人を責めて訴訟をおこす昨今の日本の状況にも疑問を感じる。八つ当たりでしかない。

Speaks The Nightbird by Robert McCammon

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »