フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World


« ■八つ墓村 [レトロ漫画] | トップページ | ■八つ墓村 [ドラマ] »

2015.06.19

■八つ墓村 [映画]

八つ墓村
八つ墓村 』(1977)日本
 監督:野村芳太郎 原作:横溝正史 出演:萩原健一

空港で働く青年・寺田辰弥は、ある日新聞広告の尋ね人に自分の名前が載っている事を知る。連絡先の弁護士事務所を訪ねたところ、目の前で自分の祖父と名乗る男が突然亡くなってしまう。 親族に会うため、岡山県の山間にある出生地に赴くと、辰弥を忌み嫌う人々の予言通り、次々と殺人事件が起こり、辰弥は追い詰められる…ホラー/ミステリー

マンガを読み、原作よりも映画の方が手っ取り早いので、以前録画しっぱなしだったDVDを見た。
今はまったくドラマを見ないから、懐かしい俳優が勢揃いだと思った。なんか見た事のある俳優がいっぱい出てる映画だった。

主人公・辰弥は若き日のショーケン。高倉健のように言葉少なく、しぐさで気持ちを表現しているように見受けられた。素直なようでいて、時には秘めていた怒りを爆発させる無軌道な青年。一人孤独に耐え忍ぶ姿に女性から人気があったのがよく分かる、母性本能がくすぐられるのだ。
そして、くすぐられてよろめいてしまったのが小川真由美演ずる西家の美也子。度々髪をかきあげ、色気ムンムン。
それに対比するかのように、清楚な美人が姉・春代役の山本陽子。
そして、健気でありながら奔放にも描かれた辰弥の母親・鶴子役の中野良子。
いままでろうそくだと思っていたけど、懐中電灯を頭に付けて弾丸ベルト姿で暴れまわる狂気の要蔵・山崎努。

こんなに強い印象を残す役者達の中に、なぜに金田一は寅さん?!
刑事コロンボを意識したキャスティングなのかな~ それにしても、登場シーンは村の百姓にしか見えない。
結局、彼がいなくても事件は解決したし、解説者のような存在だった。だいたい嘘はイカンよ!

ホラーに主点を置き、「祟りじゃー」を前面に出した為か、白塗りがわざとらしい怪談映画のようになってしまった。そして、洞窟のシーンが冗長…まぁ、その時代らしい映画と言ったところで、出演者の魅力を楽しむには良い映画だった。
やっぱり、おどろおどろしい伝奇物には艶っぽい悲劇の美人がお似合い。

マンガと映画の内容が多少食い違っているので、やはり原作を読むべきだね。

« ■八つ墓村 [レトロ漫画] | トップページ | ■八つ墓村 [ドラマ] »

映画 ホラー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/61762572

この記事へのトラックバック一覧です: ■八つ墓村 [映画]:

« ■八つ墓村 [レトロ漫画] | トップページ | ■八つ墓村 [ドラマ] »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ