フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■少女椿 [ガロ系まんが] | トップページ | ■新世界より [小説] »

2012.11.17

■ダークゾーン [小説]

Dark Zone by Yusuke Kishi
貴志祐介/著『ダークゾーン』(2011)祥伝社

プロ棋士を目指す20歳の大学生・塚田が気が付くと、そこは異世界の軍艦島だった。
彼は“赤のキング(王将)”として異形の者と化していた。
恋人・理紗を含む18体は、友人・奥本である“青のキング(王将)”率いる敵軍と命をかけた戦いに挑む…SF/ファンタジー/アクション

クリムゾンの迷宮』のような屋外バトルゲーム、人間チェスや将棋をイメージさせる設定である。
舞台は、長崎県に浮かぶ廃墟の端島と東京のリアルな学生生活が交互に描かれている。
周囲の知人達と共に戦い続ける明けない夜、将棋も恋も学校も先が見えない日常。果たしてバトルは塚田の冴えない現実から逃れる為の手段なのだろうか…

この本の前に、『悪の教典』と『新世界より』を読んでいたので、期待が大いに高まっていた。
しかし、カードゲームやボードゲームもやらない私には想像力が足りず、プライドが高い主人公と中二病的な内容に共感しかねて最初から四苦八苦。「いつか面白くなる、夢中になる」と言い聞かせながら読み進めていたが、とうとう最後まで冷めたまま ( ̄ω ̄;)
貴志祐介のホラー小説は大好きだけれど、<防犯探偵・榎本シリーズ>も冷めたまま淡々と読むので、私にとって後者と同じような傾向の本であった。

相手を倒すとポイントが加算される戦闘シミュレーションゲーム。ポイントと言ったら買い物するとつく物と考えている私には容易に飲み込めない。
サラマンダやゴーレムは想像できても、ポーンに角がついてたり切り裂いたりする姿が私にはイメージできず。
キュクロプスは“001”しか頭に浮かばない┐( ̄ω ̄)┌
地図ではなく、クリーチャー画像が印刷されていた方が良かったかも~

« ■少女椿 [ガロ系まんが] | トップページ | ■新世界より [小説] »

書籍 貴志祐介」カテゴリの記事

コメント

私も、「新世界より」「悪の教典」(ELPですよね)を読んでみました。そのうち、この作品も読んでみますね。

彼の作品はほとんど読んでいますが、しばらく間が空いていました。しかし、映画を観る前に読まなきゃと思い「悪の教典」(経典と変換しがち)を久しぶりに読んだら、またハマってしまいました。
「新世界より」はアニメも観ています。
「ダークゾーン」はRPG好きの方だったら合うと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/56129170

この記事へのトラックバック一覧です: ■ダークゾーン [小説]:

« ■少女椿 [ガロ系まんが] | トップページ | ■新世界より [小説] »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ