フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■遊星からの物体X ファーストコンタクト [映画] | トップページ | ■ブルームーン »

2012.08.16

■トータル・リコール [映画]

TOTAL RECALL
トータル・リコール』(2012)アメリカ
 監督:レン・ワイズマン 出演:コリン・ファレル
 ケイト・ベッキンセイル ジェシカ・ビール

戦争終了後、地球は“ノーゾーン”と呼ばれる人が住めない地域が発生した。
富裕層(ブリテン連邦=UDF)に支配された貧困層(コロニー)は地球を貫く“フォール”に乗って移動し、彼らの為に働かされる毎日。
ロボット警察“シンセティック”製造のレーン作業者ダグラス・クエイドは、生活に不満を持ち、気晴らしにリコール社で“スパイになる夢”を選んだが、突然警官隊に襲われ、妻ローリーに命を狙われる。
実はダグラスは元捜査官ハウザーであり、潜入した反体制派に共感しレジスタンス活動をしていた過去があった…SF/アクション

フィリップ・K・ディック/著『追憶売ります』の映画化、アーノルド・ シュワルツェネッガー主演の1作目『トータル・リコール』(1990)が大好きなので、リメイクである本作を楽しみにしていた。

期待にたがわずの大作SFアクションに圧倒された。
コロニーの街は、『ブレイド・ランナー』にも通ずる混沌とした雰囲気。
それに反してUDFは、車が空を疾走する子供の頃に夢見た未来の世界。
そして『CUBE』や『銀河ヒッチハイク・ガイド』のように縦横無人に走るエレベーター、何よりも“フォール”のコア(核)のシチュエーションは私の大好きな“びっくりハウス”のよう。
UDFとコロニーを合わせたようなイメージなのが『フィフス・エレメント』かな。
でも、そんな古いSF技術を現代のCGが洗練された近未来を作り上げる。驚きの携帯電話なんかねw(゚o゚)w

1作目よりもストーリーが分かりやすく、描写もリアルで、前作の比ではないほどの迫力であった。
しかし、マシンガンで撃たれても全然当たらないなどの不自然さが目立つ。
その点、シュワルツェネッガーは常人離れしていたから特別な存在として許せたんだけど(ロボットだし)、コリン・ファレルじゃなぁ…不満が残る。ケイト・ベッキンセイルの方が魅力的だった。

2作目も好きだが、1作目の方がもっと好きなので、別な映画タイトルにして欲しかった。
クワトーは居ないし、目玉が飛び出すシーンも無いなんて『トータル・リコール』じゃない(男性は3つの胸で満足したかもしれないが…)。
これはこれで面白いのだから二番煎じを狙わず、別な作品のSF映画にして欲しかったなぁ~

ホラー界の超名作『シャイニング』の前日譚であるリメイクも作られるらしいが、あまり期待しない方が良さそうだ。
でも、ソニー・ピクチャーズの『トータル・リコール』観てね、日本の企業ががんばって欲しい\(^o^)/

それにしても夢だったのであろうか…

« ■遊星からの物体X ファーストコンタクト [映画] | トップページ | ■ブルームーン »

映画 SF」カテゴリの記事

コメント

バーホーベン先生が好きなんで、これみてがっかりするかもーとかんがえちゅうなんだが。

これはこれで面白かった気がしますけれど、バンホーヘン監督版と比べた批評は多いようですね ^ ^ ;

お二人ともコメントありがとうshine
前作は火星が舞台で反乱軍はミュータントでしたが、今回はより身近に考えられるようにでしょうか、地球が舞台で抑圧された一般市民が描かれておりました。
ゲートの顔のシーンとか前作をリスペクトしてましたが、やはり技術が進歩しているので、今作は前作とは別物だと思います。

>イノ
SF好きなら見といて損は無いよ~、お薦めだよ~
テレビじゃなくて、やっぱ映画館で迫力ある映像を見て欲しいなぁ。

>taknomさん
やはり前作に思い入れのあるので多少は比較してしまいますね。しかし、私もこれはこれで面白かったですよ、期待以上の映画でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/55434813

この記事へのトラックバック一覧です: ■トータル・リコール [映画]:

» 『トータル・リコール』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「トータル・リコール」□監督 レン・ワイズマン □脚本 カート・ウィマー□原作 フィリップ・K・ディック □キャスト コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセール、ジェシカ・ビール、       ブライアン・クランストン、ボキーム・ウ...... [続きを読む]

» 「トータル・リコール(2012)」 SF設定の使い方が絶妙 [はらやんの映画徒然草]
アーノルド・シュワルツェネッガー主演、ポール・ヴァーホーベン監督のオリジナルの「 [続きを読む]

» トータル・リコール (Total Recall) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 レン・ワイズマン 主演 コリン・ファレル 2012年 アメリカ/カナダ映画 118分 SF 採点★★★ 事実と異なることを“事実として記憶”するってのは、社会情勢を見るまでもなくよくあることですよねぇ。私も子供の頃のとある出来事を“記憶”してるんですが、…... [続きを読む]

» トータル・リコール SF映画としては上出来 [労組書記長社労士のブログ]
【=34 -4-】 火星に着陸した探査機「キュリオシティー」の映像をワクワクしながら見ている今日この頃、ずいぶん昔に火星に移住するという壮大なイメージでありながらしょぼかったシュワルツェネッガーのトータルリコールがリメイクされたというので、隙間時間を利用して...... [続きを読む]

» 「トータル・リコール」シュワ(太)⇒コリン(細)へ(^^;。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[トータル・リコール] ブログ村キーワード  あのシュワちゃん主演のSF超大作をリメイク!「トータル・リコール」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。いやリメイクったって、ついこの間の映画じゃなかったっけ?シュワちゃん版って…、なんて思って調べてみたら何と!かれこれ23年も前(1990年製作)の映画だったんですね。いやあ、時の経つのは早いモンですな。吾輩も歳取るはずだわ(^^;。  21世紀末。大規模な科学戦争の結果、地球で居住可能な区域は、富裕層が暮らす“ブリテン連邦”と、... [続きを読む]

» トータルリコール <ネタバレあり> [HAPPY MANIA]
8月20日(月)に観に行って来ました〜  面白かったー こうゆうの好き、好きー 将来 こんな世界になったら おっとろしーわ  金持ちと労働者に分れた世界やで〜 どっちみちなら 金持ちの方に入ってたいわ(笑)  ほぼ、地球の真下にワープ出来る フォールっちゅうエレベーターも凄過ぎる リコール社、魅力的やなぁ  ホンマに安全やったらやってみ...... [続きを読む]

« ■遊星からの物体X ファーストコンタクト [映画] | トップページ | ■ブルームーン »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ