フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■Kiko Loureiro [ライブ] | トップページ | ■ジョン・ロード追悼特集 [ラジオ] »

2012.07.19

■HELL [映画]

HELL
HELL(ヘル)』(2011)ドイツ/スイス
 監督:ティム・フェールバウム 製作総指揮:ローランド・エメリッヒ
 出演:ハンナ・ヘルツシュプルング、リサ・ヴィカ

2016年、太陽嵐の発生により1年で10度気温が上昇した。
雨は降らず、植物は枯れ果て、生き物は死を待つばかりの灼熱地獄と化した地球。
マリーとレオニーの姉妹は両親を失い、フィリップ、トムと共に山を目指す。しかし、レオニーが何者かに連れ去られ、彼女を探すうちにたどり着いた先は…SF/サスペンス

“世界の終焉”を描くドイツ映画、台詞は少なく淡々としているが、雰囲気は暗く重い。
前向きな事柄は、山には何かあるかもしれない、鳥が飛んでいるとささやかな希望ばかりで救いの無い世界。と言うより、“マリー姉妹のハラハラドキドキ生き残れるかな?”というタイトルがお似合いかもしれないサバイバル映画である。
それこそ「二人はこの先どうなるんだろう、あんな事やこんな事、あ~お願いだからやめてー!」そんな思わせぶりな正統派スリラー映画。
そして、ドイツの世界的ヒット曲と言ったらNENA「ロックバルーンは99

途中、フィリップの苦境シーンはフランス映画ならホラーと化すのにドイツ映画は冷静だ。そして、役者もスタッフも真剣そのもの一生懸命作ったと意気込みが感じられる映画である。
フェーズ6』以上、『28日後...』以下って感じ、普通の人にはよく分からない例えで申し訳無い。まっ、普通の人は<シアターN>へは行かないもんよ。

エメリッヒ監督の映画なのに、こんなマイナー単館で良いのかしら? と思っていたけれど、監督は長編デビューの新人であった。
最近の近未来SF映画は“太陽の影響”という設定が多いなぁ、以前は核戦争だった。冷戦が終結してから仮想敵や天変地異の設定が様変わりした。

低予算映画のようで、出演者は少なく、地球の異変だというのにかなり局地的。言葉が英語だったら、アメリカの砂漠で撮影したのかと勘違いしそう。
10度上がるだけで、日本より緯度が高いドイツが荒れ果てるとは…北極、南極に逃げるしかないのか、それとも北極は消滅してしまうのだろうか。
次の氷河期は6万年後だそうです!(b^ー°)

ネタバレ

« ■Kiko Loureiro [ライブ] | トップページ | ■ジョン・ロード追悼特集 [ラジオ] »

映画 SF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/55231392

この記事へのトラックバック一覧です: ■HELL [映画]:

« ■Kiko Loureiro [ライブ] | トップページ | ■ジョン・ロード追悼特集 [ラジオ] »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ