フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

最近のコメント

« ■ロマン2 [小説] | トップページ | ■大人力検定 [実用書] »

2012.06.05

■非道徳教養講座 [実用書]

Image2280
平山夢明/著 児嶋都/絵『非道徳教養講座』(2011) 光文社

ホラー小説家・平山夢明が書いた一般的な若い婦女子に向けた人生指南書。結構、まともな内容でファンとしては戸惑い、正直眠くなってしまった。

児嶋都が描く挿絵には“鬼畜”と書いてあるが、そんな事を感じさせないエッセイで、平山氏を知らない読者は絵と文章のギャップに違和感を持ったのではないだろうか。
だいたい、光文社のPR誌『本が好き!』自体を知らず調べたら、なんちゅうーメルフェン(=´Д`=)ゞ 
絶対私が手を出さないだろうな、というような表紙絵である。
そのような冊子に掲載されていたのなら、このような平山氏の文章も納得できる。むしろ、児嶋氏のイラストの方が浮いていたのでは!?

だいたいラジオでも京極夏彦に“感覚が古い”と評され、トークショーでは興味の無い他人の話には“フンフン、アー”と気の無い相槌を打つだけだが、自分がメインで話始めると止まらない(←岩井志麻子も近い感覚)。
しかし、自作の小説ほど“人でなし”とは思えず、スナッフやスカトロが苦手で、子供がいじめられるのを見るのが好き(自身、父親が恐怖の存在であったそうだ)。

- 閑話休題 -

賢い男の捨て方」タイトルは刺激的だが、社会性に重きを置き、後味良く男性と別れるテクニックを面白おかしく言い換えながら記載している。
賢い親の裏切り方」親という存在を遠まわしに表現し、自立を薦めている。
賢い失望のさせ方」仕事で家庭で頑張りながらも、周囲の評価は自分と同じとは限らない。ホドホドに生きるのが無難と指摘している。
賢い盆への返し方」社会生活におけるパワーバランス。
賢い暮らしのタカリ方」異常に親切な人への対応の仕方。
賢い占いの信じ方」言いようによって猫の目にように変化する占いへ注意を喚起している。

等々、15回に渡ってカウンセラーでもメンタルトレーナーでも無いし、経験は豊富だが洞察力があるとは思えない平山氏による結構説得力のあるコラム・小論集。
具体例を挙げて(本当かどうかはわからないが)解説しているので、理解しやく共感もできる。
好きなコラムニスト・石原壮一郎に近いものを感じるが、長く生き過ぎて今更変えようが無い私の役には立たない。

今は真面目に生きると損をする時代。やはり、元々のターゲットである20~30代の迷える女性にお勧めの一冊。人生の道を踏み外さないよう参考程度で気軽に読むのが良い。
平山氏のお嬢さんが通う学校の図書室に置いてもらってはいかがかな?

« ■ロマン2 [小説] | トップページ | ■大人力検定 [実用書] »

書籍 平山夢明」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/54879280

この記事へのトラックバック一覧です: ■非道徳教養講座 [実用書]:

« ■ロマン2 [小説] | トップページ | ■大人力検定 [実用書] »