フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■平山夢明の「ヤリボンこきまSHOW!」 [講演] | トップページ | ■アイズ ワイド シャット [映画] »

2011.09.21

■フルメタル・ジャケット [映画]

フルメタル・ジャケット
フルメタル・ジャケット』(1987)アメリカ
 監督:スタンリー・キューブリック 原作:グスタフ・ハスフォード
 出演:マシュー・モディーン ヴィンセント・ドノフリオ

ベトナム戦争時、海兵隊訓練所で厳しい特訓を受ける新兵達。それに耐え切れない者もいる。 それぞれの地域へ配属され、前線へと送られる青年達の物語…ドラマ/戦争

周囲にキューブリック監督作品は全て観ていると言う男性が2人居る。観た事があるか聞かれて「まだ」と答えていたが…改めて鑑賞したら、観た事あった(^^ゞ
そう言えば『プラトーン』(1986)の後に、『7月4日に生まれて』『グッドモーニング, ベトナム』と立て続けに戦争映画を観ていたのを思い出した。大戦よりもベトナムや湾岸戦争の方が理解しやすい。

今回見直して、前半は緊張感があって良いのだが、後半は眠くて何度も再生し直した。多分前回もそうだったのであろう、“失速”という印象。
結論、トイレまでは緊張感があって良かった。

私なりの解釈としてはこれは“ジョーカーの成長物語”。
ロウレンスを甲斐甲斐しく面倒みて情もあったでろう。それが“躊躇”として現れ、連帯責任という理不尽さに耐えかね、“怒り”をぶつけてしまう。
そういう矛盾をヘルメットとバッジで表現するシニカルなジョーカー。
最後は“ミッキー”という感性が理解できなかったが、町山氏が説明してくれたので、興味ある方は『ラジオデイズ』で聞くと良い。

私は『地獄の黙示録』や『フォレスト・ガンプ』『ジェイコブズ・ラダー』は好きなのだが、上記4作品は面白かったと印象がかすかに残ってはいても好きな映画とは言い難い。
調べていたら、『ディア・ハンター』『グリーン・ベレー』『ランボー』『天と地』とベトナム戦争映画を結構見ていた。しかし、私の中では上記3作品には及ばない。
取り合えず、また忘れてしまいそうなので、メモ代わりの感想。

« ■平山夢明の「ヤリボンこきまSHOW!」 [講演] | トップページ | ■アイズ ワイド シャット [映画] »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

『フォレスト・ガンプ』『ジェイコブズ・ラダー』は観たことない。
『フルメタル・ジャケット』は、やっぱり俺も後半がダメだ。
でも、ベトナム映画での眠さ勝負なら『シン・レッド・ライン』には勝てないって。
「時間返せ」って責められたくないから薦めはしないけど。

『フォレスト・ガンプ』はかなり有名だよね、特にCG合成が話題になった。はっきり言ってファンタジーですよ。
『ジェイコブズ・ラダー』はネタバレになるので、あまり言いません…この手のホラー感覚が大好き。

『シン・レッド・ライン』は観ていない。
ザ・バンドの『ラストワルツ』『ウッドストック』が寝た映画、やはりストーリーが無いと辛い…
『飢餓海峡』『泥の川』も雰囲気が暗くて眠ってしまった。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/52779301

この記事へのトラックバック一覧です: ■フルメタル・ジャケット [映画]:

« ■平山夢明の「ヤリボンこきまSHOW!」 [講演] | トップページ | ■アイズ ワイド シャット [映画] »