フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

最近のコメント

« ■スカイライン [小説] | トップページ | ■傷だらけの天使 [ドラマ] »

2011.06.20

■魔性の子 [小説]

魔性の子
小野不由美/著『魔性の子』(1991)新潮文庫

教育実習の為に久しぶりに母校へ戻った広瀬。
恩師・後藤が担任するクラスに足を踏み入れると、一人特異な存在感を放つ少年・高里に気付いた。彼は小学生の頃に神隠しに遭い、それ以来、彼に関わると祟ると恐れられていたのであった。
体育祭が近づき浮き足立ってゆく生徒達、些細ないざこざから怪我をする者が出現し始め、次第におぞましい事件へと発展していく…ホラー/ダークファンタジー

読み易い本よりも、自分好みの本の方が、数倍早く読み終える事ができる。熱中する事により、集中力が格段にアップ。
夢中になり過ぎて、一晩で読んでしまった、寝不足で頭痛いsweat01でも、おもしろかったheart01しかし、仕事に支障があるからほどほどにしなくてはwobbly

若い頃に「自分は周りのみんなと違っている」と思い込み、疎外感を感じた時があったと思う。
または「自分は特別な人間だ」と勘違いして、目立ちたがる者もいただろう。
私は前者である。
みんなが仲良く話している輪に入れず、一人机に座って本を読んでいた。だって知識が新聞か小説からの抜粋しか無く、テレビや雑誌を話題にするクラスメイト達に全くついて行けなかった。
興味の対象が違うからどうしようも無い。未だにそうであるが、取り合えず人の話に合わせる事は何とかできるようにはなった。

広瀬は臨死体験を経て自分を異質な存在と思い、高里へ親近感がわく。やっと自分の同胞と出会えた喜びに目が眩んでしまう。
広瀬がどんなに高里に感情移入しようとも、違う者は違う。似て非なる存在である高里の周りで起きた事故が日を追うごとに凄惨さを増してゆく。
前半はホラー。

そして、未来を予見させる出来事であるニュータウンの女の幽霊話辺りから、もうどうにも目が離せなくなってしまった。二人はいつ出会うんだーーーーー!
後半はファンタジー。

谷崎とか渡辺とかを連想させる『魔性の女』だったら手を出さないけど、一冊で二度美味しい『魔性の子』、めっちゃ楽しませてもらったわ~ 特に的確な評価をする後藤が良い味。

« ■スカイライン [小説] | トップページ | ■傷だらけの天使 [ドラマ] »

書籍 小野不由美」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/51998572

この記事へのトラックバック一覧です: ■魔性の子 [小説]:

« ■スカイライン [小説] | トップページ | ■傷だらけの天使 [ドラマ] »