フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■サバイバル [コミック] | トップページ | ■鯨大和煮 [食べ物] »

2011.06.29

■いま、殺りにゆきます [小説]

Yumeaki Hirayama
平山夢明/著『いま、殺りにゆきます』(2007)情報センター出版局

アパートで一人暮らしの雨宮さん。
携帯にかかって来た電話に出ると男の声が<もう、殺りにゆきます>と告げる。「いま、殺りにゆきます」…ホラー

被害者の具体的な苗字をあげ、独白のような語り口で、あたかも実話のような雰囲気をかもす短編36話。
あとがきにも担当編集者がネタの取材をしたとか、体験者から聞き書きしたとか記載されているが、平山氏のラジオをお聞きの方は、彼がゲストからう○つ○呼ばわりされている事はご存知あろう。いつもいい加減な事を話して京極氏にツッこまれ、うろたえる平山氏に爆笑してしまう、楽し~い30分番組だshine

と、考えると気が楽になるという内容。
特に一人暮らしの女性に不安を抱かせるような、重く辛い狂気話が続く。
例えば、部屋に押し入って来た男に身体中の骨を折られるとか、空き室に連れ込まれて身体中を齧られるとか、見知らぬ男に身体中を刺繍されるとか…痛い話オンパレード。

救いは起承転結がある事、加害者に実態がある事。
犯人がわからずとも、警察に届けたとか、引っ越したとか、実家へ帰ったとか…スッキリ終わっているところが良いし、幽霊や超常現象でごまかしたりしないところが好感。
その点、『新耳袋』は「隣の部屋が夜中にガタガタ鳴り、必死でふすまを押さえ続けた」とか、何がなんだか分からないまま放置プレイ。
まぁ事実とはそんな物で、分からないままがほとんどなんだけどねsweat01

で、表題作「いま、殺りにゆきます」は、都市伝説<メリーさんの電話>タイプ。『渋谷怪談』にも同じようなのがあったなflair

« ■サバイバル [コミック] | トップページ | ■鯨大和煮 [食べ物] »

書籍 平山夢明」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/52025921

この記事へのトラックバック一覧です: ■いま、殺りにゆきます [小説]:

« ■サバイバル [コミック] | トップページ | ■鯨大和煮 [食べ物] »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ