フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

最近のコメント

« ■ヴィンランド・サガ [コミック] | トップページ | ■冷たい熱帯魚 [映画] »

2011.02.14

■グリーンホームの亡霊たち [小説]

グリーンホームの亡霊たち
小野不由美/著『グリーンホームの亡霊たち』(1990)朝日ソノラマ
 パンプキン文庫

16歳の荒川浩志は、再婚した父の元を離れ、小学生の頃一時的に住んでいた町で一人暮らしを始める。
その“ハイツ・グリーンホーム”にたどり着いた時から不穏な気配を感じ、住人の少年・和泉聡に「出て行った方がいいよ」と言われる…ホラー/オカルト

2007年に廃業した朝日ソノラマからかつて出ていたライトノベルシリーズ<パンプキン文庫>の7冊目『グリーンホームの亡霊たち』、現在は講談社<X文庫ホワイトハート>より『緑の我が家』と改題し出版されている。

孤独な少年が友人と共に力を合わせて果敢に闘い、成長してゆく青春物語である。
16歳のわりに浩志はしっかりしていて、高校1年生だというのに下宿ではなく、アパートで一人暮らしができるのが自然な感じがする。
そして知性があるわりに、幽霊と認識できない鈍感さと、都合良く記憶が無いのが不自然な感じ。

結構内容に無理があるのでは…
※ネタバレ
おもしろい小説家と知り、小野不由美を読み始めたが、さすがに21年前ともなると、現在とは筆力が違うんだな。
挿絵が時代を感じさせる本であった。

« ■ヴィンランド・サガ [コミック] | トップページ | ■冷たい熱帯魚 [映画] »

書籍 小野不由美」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/50866186

この記事へのトラックバック一覧です: ■グリーンホームの亡霊たち [小説]:

« ■ヴィンランド・サガ [コミック] | トップページ | ■冷たい熱帯魚 [映画] »