フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■覚書13 [日記] | トップページ | ■ヴィレッジ ヴァンガード [日記] »

2010.05.30

■お化け屋敷で科学する!2 [博物館]

チラシ マル秘調査資料 日本科学未来館
お化け屋敷で科学する!2 ~恐怖の実験~
 2010年3月10(水)~5月31日(月) 日本科学未来館

ホラー好きの私、2009年の『お化け屋敷で科学する!― 恐怖の研究』が面白かったので、ずいぶん好評だったのであろう『』の企画展が開催されていたからノコノコとお台場へ出かけた。

“恐怖の実験”とは適切なタイトル、何しろこれは700円払って入る“お化け屋敷”なのだ。
年配の女性が言っていた「お化け屋敷に700円払うほどの価値は無い」と。
いやいや、ここは違うのよ!
※以下ネタバレの為文字を白に設定。ドラッグして文字を反転すれば読める↓
お金を出して怖がる事はどこの遊園地でもできるけど、ここは「後から来た客をおどかす事ができるのだ」。怯える客達に青白い手を見せたり、圧縮空気を吹きかけたり、気味の悪い映像を見せたりと、いたずら気分が味わえる。
ウヒヒヒ~

まぁ、メインはほとんどお化け屋敷で「マル秘調査資料」と題したパンフレットを入り口で渡される(上中写真)。
山奥の村にある寂れた一軒家と設定された昭和23年築の木造平屋建て、通称「幽霊屋敷」の見取図が記載されている。
でも、あんまり役には立たないのよ、内部にはちゃんと矢印が付いているし、雰囲気を盛り上げる為の待ち時間用小道具と言ったところ。

結局は私まったく怖がらないものだから、テレビは光らないし、暗部を覗き込んでも何も起こらない。前の人達が怯えて全然進まず事前に目撃してしまい、面白味が半減。
前回もそうだった。私が一人で平然とスタスタ進んでしまうものだから、スタッフも気まずかったかも…
でも何より、天井が未来館の高いままじゃね、雰囲気台無しよヽ(´Д`)ノ

展示だから当然解説も掲示されていて、「科学トピックエリア」における怪奇現象の説明が興味深かったので、また今度記事にする予定。

« ■覚書13 [日記] | トップページ | ■ヴィレッジ ヴァンガード [日記] »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/48495866

この記事へのトラックバック一覧です: ■お化け屋敷で科学する!2 [博物館]:

« ■覚書13 [日記] | トップページ | ■ヴィレッジ ヴァンガード [日記] »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

無料ブログはココログ