フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

最近のコメント

« ■ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 [映画] | トップページ | ■南の子供が夜いくところ »

2010.04.28

■戦慄迷宮3D [映画]

THE SHOCK LABYRINTH
戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH』(2009)日本
 監督:清水崇 出演 柳楽優弥

遊園地へ遊びに来た幼馴染の小学生5人は、親が席をはずした隙に裏口からコッソリお化け屋敷の中に忍び込む。さまよううちにユキが行方不明となってしまった。
それから10年後、残った4人の前にユキが帰って来た。
突然倒れたユキを病院に運ぶが、その病院は姿を変え迷宮と化した…ホラー/スリラー/サスペンス

これもまた以前観たのだが、感想を書いたメモを見つけたので、既に奥に入り込んでいた記憶を掘り起こした。

試写会に当たり、新宿・バルト9で鑑賞。ここはドルビー3D方式でレンズが虹色に光るきれいなメガネ、そして映像もきれい。
特に森の風景が立体的で美しかった。
アバター』は文字の立体化がやけに目に付き、すぐに3Dに目が慣れてしまったが、『戦慄迷宮3D』の方は風景に奥行きが感じられ、途中静止する場面の立体的な再現性が際立った。

富士急ハイランドのお化け屋敷「戦慄迷宮」をモチーフとした、日本初の長編3D映画と言う事で関係会社の期待も大きかったであろう。しかし、興行的には??? 同僚に話したら「何それ、知らない」との反応。

呪怨』の清水監督なので、ホラーにありがちなビックリシーンを期待すると肩透かしをくらう。
たぶん、ホラーが苦手な人は3Dによって更に恐怖が倍増するかもしれないから観に行かないし、ホラーが好きな人は物足りなく感じると思う。
怖気をそそるショックシーンは全く無く、血は一滴も流れない。
暗くて重くて先に何が出現するか分からず不安でドキドキ、まさに“遊園地のお化け屋敷”のように作られた雰囲気なのだ。
この思い出の場所で、後めたい過去を持つ若者達が再会し、あの時の事件を再現し、再認識する哀しき青春ドラマ。
おめぇーが原因だったんじゃないかよっっ!!!

ストーリーは…矛盾があるんでちょっと。それにホラー好きとしては、怖さを打ち消すようなエンディングに白けちゃったし…
話の流れはちょっと凝っていて、現在と過去が前後しているから単純に面白いとは言えないけれど、映像がきれいなので、ホラーとして構えずにエポックメーキング的に考えて観ると良いかも。クリエイティヴ系の方や、可愛らしい女の子を見たかったならオススメかな。
子供は混乱するだろうし、大人は共感できない、この映画は一般青年向きのソフトホラーと言えるかも。富士急アトラクションの利用年齢と比例するね。
ネタバレ

ちなみに清水監督が言うには、この映画は既に脚本が用意されていたそうだ。三池崇史監督も「最近は脚本に忠実だ」と言っていた、メジャーになると色々大人の事情があるのだろう。
その点、我が道を行ってるのは塚本晋也監督かな? 『鉄男 THE BULLET MAN』すご~く楽しみ♡

« ■ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 [映画] | トップページ | ■南の子供が夜いくところ »

映画 ホラー」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
当方へのコメントありがとうございます。

直のお返事は当方にさせていただきましたが、

その続き。

ご存知かもしれませんが、塚本晋也主演 小中千昭原作脚本 清水崇監督という豪華で、ロウバジェットな「稀人」がよいかと。当方の記事↓

http://blog.goo.ne.jp/yuimor/e/1daf8198a363a7d9f95a7a9fd313c482

マイナーホラー、お好きなようで、強烈にシンパシー感じますので、また時々伺いたいと思います。

よろしくお願いします。

塚本晋也の監督作品はチェックしているのですが、出演作まで手が回りません(^^ゞ
とは言え、レンタル屋にはあまり置いて無いので、ほとんど見てませんが…今度、シアターN渋谷で特集をするので楽しみにしてます。
「稀人」面白そうですね。やはり近所のレンタル屋には無いのが淋しい…WOWOWで放映してくれると助かるんですがね。

私は内臓感覚のクローネンバーグのファンですよ(恥)
こちらこそよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/48204377

この記事へのトラックバック一覧です: ■戦慄迷宮3D [映画]:

» 忘れている安楽さ、思い出す恐ろしさ。 [ゆいもあ亭【非】日常]
戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH アナグリフ(赤青立体)方式として、どうにも奥行き・立体感を満喫できずに、不満が残るDVDでした。 では、ホラーとしての筋はどうだったかというと、それも少々首を傾げざるを得ないのです。 決して拙くはないのだが、何か物足りない感じ。 ユキがなんどもなんども飛び降りてくるところとか、心霊実話に通ずる気味の悪さなどあり、ふーん、と思ったりもしました。 けれどもどうにもそれ以上でないのは、 恐怖の肝となる「忘れている安楽さ、思い出す恐ろしさ」、 ... [続きを読む]

« ■ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 [映画] | トップページ | ■南の子供が夜いくところ »