フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■アバター [映画] | トップページ | ■ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 [映画] »

2010.04.25

■第9地区 [映画]

DISTRICT 9
第9地区』(2009)アメリカ/ニュージーランド
監督・脚本:ニール・ブロンカンプ 
出演:シャールト・コプリー ジェイソン・コープ

巨大な宇宙船が漂着し、南アフリカ・ヨハネスブルグの上空にとどまった。
船内からは、エイリアン(通称・エビ)が救出され、地上に塀で囲った難民キャンプを設置して20年以上が経過、爆発的に増加したエイリアンと人間との諍いが絶えなかった。
そこで、都市から離れた『第10地区』へ移送する事となり、MNUのエイリアン課で働くヴィカスは、スラムと化した居住地区をまわるうちに謎の黒い液体を顔に浴びてしまう…SF/ホラー/アクション/ドラマ

予告を観て面白そうだなーと思って何気に観に行ったら、大当たり! 私の中では今年一番の素晴らしい映画だった。
アバター』も楽しめたが、ストーリー展開は予想できたので、美しく迫力ある映像が記憶に刻まれた。しかし、こちらの『第9地区』は内容が心に残る…イヤ、心に傷を残すような映画だった。未だにラストを思い出すと切なくなってしまう(T_T)

てっきり、感染の恐怖におののく『28日後...』を『マーズ・アタック』のようなコメディに仕立てたSFかと思っていたが、ところがドッコイ(*_*)人間の傲慢さを浮き彫りにしたドキュメンタリータッチのスリル溢れるジェットコースターのような映画、ストーリーの意外さにビックリよ(☆_☆)
キャー、危ないと思うと…ハラハラドキドキの連続、予想外の展開に(゚Д゚)アワワ~
特に良いのは良き父親、知性溢れる宇宙人クリストファー。
そして、『ダイ・ハード』のジョン・マクレーンのようにごくありふれた人の良い男、愛妻家のヴィカス。

『エイリアン』や『マトリックス』のようなロボットを操る『蠅男の恐怖』『ザ・フライ』と色んなテイストを含むが、奇想天外なオリジナル・ストーリーでSFの名を借りた社会派ドラマ。
良い意味で大きく期待を裏切ってくれ、メカとグロの融合も良かった♡

あれほど高度な文明を持っていながら、食欲だけにとらわれ無力なエイリアン達、難民キャンプに漂う閉塞感。長い年月を地球で過ごすには“あきらめる”しか無いのかな? クリストファー!!

« ■アバター [映画] | トップページ | ■ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 [映画] »

映画 SF」カテゴリの記事

コメント

 一番気になっている映画・・・。

 ラエリアンムーブメント的な言い方だと、高度な文明を獲得するには、下劣な利己心とか攻撃的な精神性を克服できないとダメなんて主張がある。
 ・・・が、誰でも知っている通り、一番大量かつ効率的に人間を殺戮している時代は20世紀なのよねえ・・・。
 
 

単純な娯楽映画が好きとか小難しい映画が好きとか言うのでなければオススメ♪ わりとグロいし、攻撃的だから好みが分かれる、私は目新しいのが好きだから、すご~く気に入ったよ。そして、考えさせられた…印象が強くていまだに余韻をひきずってる。

>ラエリアンムーブメント
全く信じない派です(^_^)
>誰でも知っている通り
知らなかったです(゜o゜)効率的ってのは理解できるわぁ~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/48180863

この記事へのトラックバック一覧です: ■第9地区 [映画]:

» 映画:第9地区 [よしなしごと]
 金曜日の仕事帰り、ダーリンは外国人を観て、さらにもう1本映画鑑賞です。この日の2本目は“外国人”の映画を観たので次は“宇宙人”の映画第9地区でした。  外国人と宇宙人という共通点(共通点なのか?)の他にこの2作品にもう1つ共通点があります。それは2作品とも初監督作品なんです!!... [続きを読む]

» 治外法権(エリア・ネイション)? いや、単なるスラム。 [ゆいもあ亭【非】日常]
「第9地区」 腐った牛乳飲んで酔っ払う蛸頭異星人が、人間と共存し、しかるべき地位を得ているという「エイリアン・ネイション」。30万人を受け入れたのは移民の国アメリカである。実態はどうあれ、アメリカには、自由とチャンスの国=合衆国という建前がある。 映画「第9地区」で、120万の異星人が隔離されているのは、南アフリカ共和国のヨハネスブルグの一角。機能停止してしまった巨大母船が静止したその真下。エビといわれて蔑まれる異星人と、ナイジェリア・ギャングが住み付いたスラム街を第9地区と呼ぶのである。28年... [続きを読む]

» 「第9地区」こんな映画、見たことない! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[第9地区] ブログ村キーワード  これは、今までに吾輩が見たことのない類の映画でございました。「第9地区」(ギャガ GAGA★)。いやあ、ホントに衝撃的な映画でしたわ。  南アフリカ、ヨハネスブルグの上空に、突如巨大な宇宙船が飛来。何日経っても静止したままの宇宙船に、南ア政府はヘリで偵察隊を派遣。彼らが船内で見た物は、船の故障により衰弱した、不衛生なエイリアンの群れだった。何百万ものエイリアンの群れは、暫定的にヨハネスブルグの“第9地区”にある、仮設住宅に住まわされる。言語も通じず... [続きを読む]

» 『第9地区』 変態を繰り返す映画 [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  『第9地区』の原型となった6分間の短編『Alive in Joburg』は、言葉遊びから始まっているのだろう。  南アフリカの人々に... [続きを読む]

« ■アバター [映画] | トップページ | ■ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 [映画] »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ