フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010.02.27

■デジタル猫暦 [パソコン]

Image2074

パソコンのデスクトップは現在、NHKデジタル猫暦」。
日替わりのニャンコに癒され中。毎日、今日はどんなネコかなぁ~とワクワク…ブスかわ猫がたまに出現したりして(^^ゞ
どう見ても同じ猫なのに、名前が違ってたりして(*_*)
バンクーバーオリンピックが終わったら、もうこのカレンダーは更新されないのかな?

2月は仕事が多忙で疲れましたわ~

2010.02.06

■POPEYE伝説 [ドキュメンタリー]

ポパイ伝説
POPEYE伝説
 1月31日(日)15:00~ WOWOW

ドキュメンタリーが好きなんだけど、なかなか観る時間が無くてずっと録りためてばかり。
しかし、WOWOWで放映している“ノンフィクションW”シリーズ『街伝説:秋葉原』『街伝説:原宿』が面白かったので、『POPEYE伝説』も観てみた。
オープニングからEaglesホテル・カリフォルニア」が流れ中年の心をガッチリ掴む。Chicagoサタデイ・イン・ザ・パーク」、America金色の髪の少女」なども流れ、懐かしく心地良いBGM達。

1976年マガジンハウスから創刊された雑誌『ポパイ』。
女性誌『アンアン』は仕事をした事もあるので当然知っているが、男性週刊誌『平凡パンチ』もここから出版されていたとは知らなかった。
それらの編集長であり、現在最高顧問である木滑良久と石川次郎が今までに無い雑誌を目指して作ったPOP EYE(ポップ・アイ)=ポパイ。
TVで見かける石川次郎は雑誌編集者だという事を今回初めて知った、おまけにおしゃれな雑誌の…
当時の編集に関わっていた人達や、山田五郎(ホットドッグ・プレス)、馬場康夫(ホイチョイ・プロダクションズ)などが証言者として登場。私が懐かしかったのはモデル・木村東吉

創刊号はアメリカ・カリフォルニア特集。
当時日本の若者は長髪でボロボロのジーンズ(たぶんベルボトム)をはいていたが、アメリカのヤングはベトナム戦争終結に伴い、ポロシャツを着こなし、ジョギングに励む健康的な生活を送っていた。
アメリカの爽やかなライフ・スタイルやムーブメントを紹介し、スポーツウエアをシティ・ファッションとして取り入れたサブ・カルチャー的な雑誌『ポパイ』はたちまち日本青年達の心を虜にしたのだそうだ。

それまで運動靴であったズックを“スニーカー”と呼び、“ジョギパン”(死語?)は街中ではいても良いと提唱したのもこの雑誌。そして、アメリカで面白いヤツがはいているという理由で紹介した“NIKE”。
サーフィンやスケボー、スキーなどのスポーツ・ファッション、スポーツができない者でも否定せず、いわゆる丘サーファーOKのシティ・ボーイ御用達ストリート・ファッション雑誌として70~80年代に若者のブームを牽引したらしい。

番組自体は面白かったのだが、よく考えると私はこの本を一度も買った事が無い。『ブルータス』の特集号などは80年代によく買っていたわ。

2010.02.05

■今日の1曲 [NIZ]

niz2008年結成、日本のシューゲイザー2人組、atsushi(G) とhisae (B) “NIZ(ニズ)”

tiger'seye

轟くノイズに乾いたドラム、それにかき消されまいと叫ぶ反復ボーカルと絡み合うコーラス、不思議な事に攻撃的でありながらもメランコリックさを感じさせる。
残響レコードよりリリースされた1stミニ・アルバム『stone』をカートに入れたまま早や3ヶ月…

■今日の1曲 [The Rodeo Carburettor]

 The Rodeo Carburettor日本のオルタナティブ・ロックバンド3人組“ザ・ロデオ・キャブレター

John-Blaze

イメージはミッシェル・ガン・エレファントとかロッソとか…冬は寒いが歌は熱い。

2010.02.03

■今日の1曲 [倉橋ヨエコ]

Yoeko Kurahashi名古屋出身のシンガーソングライター“倉橋ヨエコ
独特の歌いまわしや歌詞、大人の童謡とかジャズ歌謡とかヤサグレロックとかシャバダ歌謡とか…個性的な女性アーティスト、2008年に廃業。

夜な夜な夜な
♪夜は自己嫌悪で忙しい 夜は自己嫌悪で忙しいんだ 反省文 反省文 反省文 提出します

どうして私の心の中を知ってるの?! と、鬱積した自分の気持ちを代弁してくれるかのような歌詞にグッと来る。

2010.02.02

■今日の1曲 [Delphic]

Delphicイギリス・マンチェスター出身の3人組、ポップなエレクトロニカ“デルフィック

Doubt/ダウト』

80年代を駆け抜けて来た者には懐かしいテクノ・ポップ、特にギターサウンドを聴くと当時のNew Orderなどを彷彿させ、メランコリックな気分になる。

2010.02.01

■今日の1曲 [Mamas Gun]

Image2067イギリスのソウル・ポップな5人組、アン ディ・プラッツを中心としたプロジェクト“ママズ・ガン”、現在、来日中。

Pots Of Gold

ちょっと甘めで切なげで、心に残るポップス。何十年後かに聴いたらハッとするんだろうな。


« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ