フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■ダイナー [小説 平山編] | トップページ | ■クア・アイナ [外食] »

2009.11.29

■顳顬草紙 [小説 平山編]

こめかみ草紙 平山夢明サイン ←サイン
平山夢明/著『怪談実話 顳顬(こめかみ)草紙 串刺し』(2009)
 メディアファクトリー

屈託のない17歳の少女・沙織は、リストカットの常習者。
小学生の頃、彼女には架空の友達トモちゃんがいた。中学時代、身体に剃刀をあてると傷口から声がした。それ以来、彼女は事あるたびに自分の両腕を切り刻む「傷口」…ホラー

怪談ノ宴2009』の時に購入したサイン本。結構前に読み終わっていたんだけど、感想を書き損なっていた。

この『顳顬(コメカミ)草紙』は、「怖い本」シリーズとか「東京伝説」シリーズのような奇怪なお話を集めた短編集。シリーズ物を読み始めるとキリが無いので、単発の短編集をたまに読む程度にしている。
単行本の『ミサイルマン』や『他人事』より短い8ページ前後のコネタが満載。どれもちょっと不思議なお話ばかりで、不愉快な気分になる事もあるかもしれないが、あまり残らないので大丈夫、サラッと読める。

そんな中、引きずってしまったのが「ガスパン
アフォーな若者が遊ぶ話では無く、歯医者がハマってしまった“笑気ガス”の話が興味深かった。
ガスによる閉鎖空間によって吸っている当人に変化をもたらしたという内容なのだが、ケン・ラッセル監督の『アルタード・ステイツ』をイメージさせた。

それと「麻酔二題」の後半。
全身麻酔から醒める時、20人に1人は錯乱するという。ある総合病院では、その覚醒時のパワーが外に働くという話。
私も手術後の麻酔の影響で朦朧としていた時、あらぬ事を口走ってしまい、タガがはずれた時の自分の本当の姿が分かったような気がした。ボケるとその人の執着している物にこだわると言う、例えば「ご飯はまだかね」とか「金を盗ったな」とか…私はメカメカした物に執着するようだ。

それにしても、平山氏はよくもこんなにネタが尽きないものだなぁと感心するばかり…おっと、これは“実話”と銘打っているから地球に住む人々の分だけネタがあるという事か???
あなたもいつかインタビューされるかも…ネタを用意して待っておこう?! 一つや二つ、おかしな話を持っているでしょ。私にも、自称霊感持ちという眉唾ものの知人がいる(笑)
こういう話大好きだけど全く信じてない。だって、本当にあったら怖いじゃん♪

« ■ダイナー [小説 平山編] | トップページ | ■クア・アイナ [外食] »

書籍 平山夢明」カテゴリの記事

コメント

顳顬・・・おお!変換した。読めない。今やってるアプリで「これやらなかったら一生知らなかったかも」な漢字をたくさん知ったよ。
読み方と意味を知っても、身に付いてないからすぐ忘れる。

コメント遅くなってゴメン(・_・;)
アマゾンでもカタカナになっていて、一般的じゃないと言うか、こめかみに漢字があるとは思ってなかったよ。最初、この本のタイトルが読めなくてね~
最近薔薇という字を書いたよ、癇癪とか一生書きそうに無い漢字だ。耄碌なら書きそう…

>身に付いてないからすぐ忘れる
そうそう、その通り!(^^)!

「読めるけど書けない」は山ほどある。「薔薇」は一度くらい書いたかも。あと「醤油」も。かんしゃくやもうろくは書いたことがないなー。どっちも老化関連なかんじだ。

靉靆、抉剔、粗鹵、虧盈、蹼、噎ぶ・・・「みずかき」は知っている言葉だからまだなんとか覚えられるかもしれんが、「咽ぶ」は読めても「噎ぶ」なんてさあ。たぶん、200万人に一人も読めないんじゃないか?!

「醤油」は「正油」じゃないの?と聞かれたことがある。
「耄碌」は「朦朧」と混同していたのよ(^^ゞ

羅列した漢字は読めない、中国語かと思ったりして。私は一生使いそうに無い漢字ばかりだな~
>読めないんじゃないか
今クイズブームだし、漢検受けている人も多いから読める人いると思うよ、だけど使う人は少なそう。

そう・・・単語の意味だけ覚えても、使えるバックグラウンドとしての漢籍の強要が無い。漱石くらいじゃないとねー。

>強要
教養???
漱石は教科書で読んだだけ、実家に父の「吾輩は猫である」があったんだけど、古い文章で小学生には難しすぎた(*_*;

猫は面白いよ。たしかに『坊ちゃん』や『こころ』あたりよりは読みにくいけど。
一番好きなのは『夢十夜』。中学か高校で教科書に載ってたけどね。死んだ女を埋めて、そのそばで星を数えて百年待つ話、豚の大群に断崖絶壁に追いつめられる話、盲の子供を背負って歩くと石のように重くなる話・・・。

>教科書に載ってた
そうだね、内容はあやふやだけど、教科書に載っていたという印象は残ってる。有名な日本の小説はほとんど教科書や問題集でしか知らない。『蜘蛛の糸』とか『雪国』とかね。

>盲の子供を背負って歩くと石のように重くなる
「こんな夢を見た」…ずっと漱石の見た夢を集めた短編集だと思っていた、確か映画化もされていたよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/46890669

この記事へのトラックバック一覧です: ■顳顬草紙 [小説 平山編]:

« ■ダイナー [小説 平山編] | トップページ | ■クア・アイナ [外食] »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ