フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009.11.29

■顳顬草紙 [小説 平山編]

こめかみ草紙 平山夢明サイン ←サイン
平山夢明/著『怪談実話 顳顬(こめかみ)草紙 串刺し』(2009)
 メディアファクトリー

屈託のない17歳の少女・沙織は、リストカットの常習者。
小学生の頃、彼女には架空の友達トモちゃんがいた。中学時代、身体に剃刀をあてると傷口から声がした。それ以来、彼女は事あるたびに自分の両腕を切り刻む「傷口」…ホラー

怪談ノ宴2009』の時に購入したサイン本。結構前に読み終わっていたんだけど、感想を書き損なっていた。

この『顳顬(コメカミ)草紙』は、「怖い本」シリーズとか「東京伝説」シリーズのような奇怪なお話を集めた短編集。シリーズ物を読み始めるとキリが無いので、単発の短編集をたまに読む程度にしている。
単行本の『ミサイルマン』や『他人事』より短い8ページ前後のコネタが満載。どれもちょっと不思議なお話ばかりで、不愉快な気分になる事もあるかもしれないが、あまり残らないので大丈夫、サラッと読める。

そんな中、引きずってしまったのが「ガスパン
アフォーな若者が遊ぶ話では無く、歯医者がハマってしまった“笑気ガス”の話が興味深かった。
ガスによる閉鎖空間によって吸っている当人に変化をもたらしたという内容なのだが、ケン・ラッセル監督の『アルタード・ステイツ』をイメージさせた。

それと「麻酔二題」の後半。
全身麻酔から醒める時、20人に1人は錯乱するという。ある総合病院では、その覚醒時のパワーが外に働くという話。
私も手術後の麻酔の影響で朦朧としていた時、あらぬ事を口走ってしまい、タガがはずれた時の自分の本当の姿が分かったような気がした。ボケるとその人の執着している物にこだわると言う、例えば「ご飯はまだかね」とか「金を盗ったな」とか…私はメカメカした物に執着するようだ。

それにしても、平山氏はよくもこんなにネタが尽きないものだなぁと感心するばかり…おっと、これは“実話”と銘打っているから地球に住む人々の分だけネタがあるという事か???
あなたもいつかインタビューされるかも…ネタを用意して待っておこう?! 一つや二つ、おかしな話を持っているでしょ。私にも、自称霊感持ちという眉唾ものの知人がいる(笑)
こういう話大好きだけど全く信じてない。だって、本当にあったら怖いじゃん♪

2009.11.28

■ダイナー [小説 平山編]

Diner by Yumeaki Hirayama
平山夢明/著『ダイナー』(2009)ポプラ社

見知らぬ男女の運転手となったが為にトラブルに巻き込まれたカナコ、料理ができる事を理由に会員制のダイナーで働く事になった。
ボスの名はボンベロ、絶品の料理を作る名コック。そして相棒の名は菊千代、頼もしいヤツ。そこは殺し屋達が集う危険なダイナーだった…サスペンス/ドラマ

平山氏の久しぶりの長編なので、中古ではなく新刊を買った。手元に届いてから気がついたのだが、ポプラ社…児童書の出版社じゃなかった?!
この出版社は鬼畜な小説も扱うのかと思いつつ読み進めると、何だか今までと傾向が違う。
読み易いのは別として、グロテスクな描写もあるのだが、それよりも旨そうなハンバーガーのシズル感や義理や人情のような人間味がきわだって感じられる。

あだ名のような名前なので多国籍感が漂い、組織と書かれているがやくざというよりギャングを連想させ、“ノワール”とか“ハードボイルド”という言葉がシックリくる。
シン・オークボ、横浜、渋谷と地名も出てくるのだが、最後なんかどうしても『バグダッド・カフェ』が頭から離れず、回転草が転がる荒涼とした風景を想像してしまう。

一番気になったのが、登場人物の顔が浮かばないのだ。
身体つきに関する記述はあっても、顔形が今一つつかめなくて、顔の部分にモヤがかかった人々の半地下のさほど広く無い要塞のような店内における、彼らの過去に裏打ちされた特殊な群像劇。
そう、トラウマや罪悪感に捕らわれた愛すべき奇人変人達が織り成す風変わりな交流を描いている。
年齢も書かれていないので勝手に自分の中でイメージを作り上げて読んでいたのだが、肝心なカナコとボンベロの容貌が浮かばない。そういえば『メルキオールの惨劇』の12もモヤのままだったなぁ~

Diva Vodka解体シーン等はモヤッとしたままで良い(実際に見た事無いから分からないし)。しかし、後半のバトルシーンは興奮もので、準備段階から頭の中にイメージを構築しつつ丁寧に読んだ。
最後はもう“ファンタジー”と言っていいくらい。胸がキュンとするように切なく、心に火を灯すような希望を感じさせる読後感を与えてくれた。ぜひ、続編を!

2009.11.11

■DRIVE TO 2010 [ライブ]

チラシ カタログ

新宿ロフトの『DRIVE TO 2010』イベントに行っているが、本日の<Final Night~リザード完全復活>で最後。
5日分の前売券を買ったけど(もっと観たいバンドがたくさんあったが…)、残業も無く無事に全部行く事ができて良かった。
おまけにプレイベント『スターリン vs 非常階段 30年のカオスを語る』も行けたから満足。今回のプレイベントも含めてライヴDVDが出たら嬉しいな♪
あぁ~楽しかった、あと10年後も私は行けるのだろうか(^_^;)

今年は『デジタルアートフェスティバル』が開催されなかったから、あと楽しみは『HARAJUKU PERFORMANCE + 2009』だな!

2009.11.10

■死の十字路 [映画]

死の十字路
死の十字路』(1956)日本
 監督:井上梅次  原作:江戸川乱歩
 出演:三国連太郎 新珠三千代 山岡久乃

石材会社の社長・伊勢は、愛人である秘書・晴美のアパートでくつろいでいた。
そこへ、宗教にのめり込む伊勢の妻・友子は神のお告げだとして、晴美を殺そうとアパートへ乗り込んで来た。 もみ合いになった末、伊勢は友子を誤って殺してしまう。
今の生活を失いたく無い二人は画策し、友子の死体を車のトランクに載せて証拠隠滅を図るが、運悪く別の死体が後部座席にあるのに気が付く…サスペンス/ドラマ

大乱歩展』で2日間に限り上映された『死の十字路』の感想を書く為に調べていたら、DVD化されておらず、ビデオも流通していないことを知り、思いもよらず貴重な映画を観たのであった。

モノクロの趣のある雰囲気で、出演者が皆端整で美しく見える。若き三国連太郎はハンサムだったのだな~ 威厳もあるが軽いイメージも持ち合わせていて、とてもハマリ役だと感じた。
そう、主人公の伊勢は迂闊な人間だ。
証拠である脅迫状もあるし、靴も脱がずに押し入って来た人間がナイフを振りかざしたのだから、どう考えても正当防衛。社会的制裁を恐れているのかもしれないが(会社の評判とか)、それでも救急車を呼ぶべきだった。
それを怠ったばかりにあんな事やこんな事が起き、散々な目に遭う。
嘘が嘘を呼ぶというが、まさにそんなお話。

最初から救急車を呼べば良いのにと思っても、そんな事をしたら話がこれで終わってしまう。やってはいけない事をするからこそ、スリルを感じ、ドラマが生まれる。

サスペンスとしては予想外の展開が続き、リアリティを追求しなければ楽しめる内容で、要はよろめきドラマ。二人は最初から“不貞”という背徳の罪を背負っているのだ。
そんな二人に明るい未来はあるのだろうか…メロドラマとして堪能できるロマンチスト向きの映画と言えるのではないだろうか。

それと、白い犬を連れた男がバーを訪れるなんて…そんな偶然は現実世界にはあり得ないでしょう。ミステリーファンにはとってはツッコミどころのある、エレガントでノスタルジックな映画と言えよう。
私としては、“木造の新宿駅”には驚いた!

2009.11.09

■大乱歩展 [イベント]

Dai-RAMPO 県立神奈川近代文学館
大乱歩展
 2009年10月3日(土)~ 11月15日(日) 神奈川近代文学館

偉大なる日本の探偵・推理小説家である江戸川乱歩(本名:平井太郎)の展覧会に行って来た♪

乱歩は几帳面な性格であった為、「貼雑年譜」という自分自身の半生と作品の記録をまとめたスクラップブックを作っていた。
そして戦争の頃、検閲を受けて『悪夢(芋虫)』が削除されてから、誕生から47才までの「鳥瞰図」という年譜を作り、末尾には<探偵小説全滅ス>と記している。
立教大学の敷地内に建つ土蔵の中には、作品等が収められた「自著箱」なる物があり、それらの膨大な資料を展示しているので、なかなか見応えがあった。

父母(祖母)の写真も展示してあり、当時としてはかなり裕福な家庭出身だったのではないかと感じた。
彼の直筆原稿もさる事ながら、乱歩自身が撮影したフィルムの上映や、1689年に作られた手妻(手品)本、井原西鶴『好色一代男』など貴重な資料もあった。
横溝正史との寸劇写真や残虐性ゆえ発禁となった付録『犯罪図鑑』(1932)、著名な作家からの手紙もたくさん展示され、本には掲載されなかった中尾進/画『幻影城』も素敵。
先日観て来た乱歩歌舞伎『京乱噂鉤爪』の市川染五郎の直筆メモや台本などもあった。

小学校高学年の時から『中央少年』という自画自刷雑誌を作っていた乱歩、やはり非凡なる才能の持ち主は普通の人とは違っていて当たり前だなと思うようなマニアックさを感じさせる収集/整理ぶりであった。

そんな事を感じる展覧会で、以前の催事と比べるとずいぶん感想が違うが、最近彼の小説を再読してるからであろう。それと説明が事細かだったので分かりやすかった。

2009.11.07

■鉄男II [映画]

TETSUOII THE BODY HAMMER
鉄男II TETSUOII THE BODY HAMMER』(1992)日本
 監督・製作・脚本・撮影・美術・編集:塚本晋也 音楽:石川忠
 出演:田口トモロヲ 塚本晋也 叶岡伸 他

妻カナと幼い息子と平穏に暮らす明生。
突然二人組の男達に奇妙な銃で腹を撃たれ、息子を連れ去られる。一度は取り戻したが、明生の怒りは身体への変化をもたらした。
自宅からまた息子を連れ去られ屋上にたどり着いた時、明生の怒りは頂点に達し、肉体が鋼鉄の武器と化してしまう。そして、誤って息子を撃ち殺してしまった…SF/アクション

20年前に映画館で観た『鉄男』の新作『TETSUO THE BULLET MAN』が作られたと聞き、調べる過程で『鉄男II』なる物の存在を知った。
続編が作られる程、人気だったのかしら?! どう考えてもアングラ世界のインディーズ作品としか思えないし、一般の人には到底おすすめできるような映画では無い。

今になって知ったのだが、『鉄男』は海外では好評だったらしい。今回2作目を見る限りでは、日本国内でも評価されていたようだ。何故なら…
・カラーだ
・出演者が多い
つまり、出資してくれるスポンサーがあったという事ね。

観ていると、「あれ? 前作とは続いてないぞ」
メインの出演者は共通しているけれど、全然別物の内容で、タイトルに『II』と付けるのは紛らわしい。

ネタバレ

あまりセリフの無い映画で、アーとかウーとか悶え苦しむ声がほとんど。しかし、前作『鉄男』1作目よりも会話が増えているのだが、言葉がハッキリ聴き取れないのがもどかしい…たいした事言ってないけどね。
正直言って前作の手作り感溢れる疾走する映画の方が個性と勢いがあって良かったが、ますます3作目が楽しみになって来た。
ちなみに妻役の叶岡伸は、1作目で電車のホームのベンチに座っていたメカ女。

2009.11.06

■鉄男 [映画]

TETSUO THE IRON MAN
鉄男 TETSUO THE IRON MAN』(1989)日本
監督・脚本・美術・照明・編集・撮影:塚本晋也 音楽:石川忠
出演:田口トモロヲ 藤原京 叶岡伸 塚本晋也 六平直政 石橋蓮司

ある日、洗顔中に頬から突起物が出ている事に気づき、その金属片を引き抜こうとしたら血まみれになってしまった。 その日から徐々に身体が金属に侵食されていく男、ついには愛する女までも…SF/アクション

鉄男の新作『TETSUO THE BULLET MAN』が作られたという事で、20年ぶりに『鉄男』を鑑賞。

当時、中野武蔵野ホールで観たのだが、モノクロの為細部がハッキリせず、コマ撮りがすさまじいスピード感のある奇妙な映像という印象だった。
実験映画という捉え方をしていたので内容も気にしていなかったし、あやふやな記憶しかなかった。しかし、20年経った今も強い印象を残す映画であった事には変わりが無い。
再度見直して記憶違いが発覚、ストーリーもあったのだ…

町工場の作業員である“やつ”(塚本晋也)は足を切り開き、傷口から金属を自らの肉体に喰い込ませた。その時から赤錆が生じ、ウジがわき、悶え苦しむ“やつ”は通りをさまよう。そして、車にぶつかってしまう。
“やつ”を轢いた“男”(田口トモロヲ)と“女”は、木立の中に“やつ”を捨て、その場でまぐわう。
その後、“男”は徐々に金属化し、ついには股間に出現したドリルで“女”を貫いて死なせてしまう。
死んだ“女”の中から“やつ”が甦り、“男”を襲う。逃げる“男”、追いかける“やつ”、とうとうスクラップ工場で対決するが、金属の増殖は止まず、二人は融合してしまう。
巨大な金属塊と化した二人は、まるでディズニーランドのパレードのように住宅街を疾走する。
「世界を鋼鉄の塊にしちまおうか ~ 世界中を燃え上がらせてる、やりまくるぞー」

とにかく、塚本晋也が若い!!
気にもしてなかったが、今聴くと音楽が良い。以前はインダストリアル・ミュージックと言われていたが、今はエレクトロと分類されるであろう。調べたら石川忠はツァイトリッヒ・ベルゲルダーのメンバーだったらしい、懐かしいのぉ~
当時、文字もハッキリ認識できなかったのだが、「NEW WORLD」ね。

2009.11.05

■覚書8 [日記]

[イベント]
10月21日(水)新宿LOFT
DRIVE TO 2010 <少年少女工場>
 ロマンポルシェ。、明和電機、サエキけんぞう& Boogie the マッハモーターズ、DJ : ギュウゾウ(電撃ネットワーク)

10月25日(日)国立能楽堂
萬狂言 ファミリー狂言会』秋公演
解説
「柿山伏」 野村太一郎 野村万禄 
「棒縛」 吉住講 山下浩一郎 野村扇丞
 
[読書]
平山夢明/著『顳顬(こめかみ)草子』メディアファクトリー

[映画]
『殺人の追憶』
『オールド・ボーイ』
『H[エイチ]』
『コーラス』
『フェノミナン』
『ツイスター2008』
『ブラインドネス』
『バタフライ・エフェクト2』
『ザ・シューター 極大射程』
『NEXT -ネクスト-』
『変人村』
『パルス』
鉄男
鉄男2
『悪魔の手毬唄』
『犬神家の一族』(1976)
『犬神家の一族』(2006)

2009.11.04

■エルベ #2 [外食]

elbe シチュー
土鍋シチューエルベ

銀座へ平日のお昼に行ったので、久しぶりに『エルベ』でランチ。
いつの間にか移転していて、歌舞伎座からちょっと離れたうえに、おしゃれな店舗に変わっていた。あの、威勢の良いおばちゃん達はいずこへ?

ビーフシチューが土鍋の中でグツグツ煮えたぎり、番茶と漬物と茶碗によそわれたご飯(おかわり無料)が付いて1,500円、箸とれんげで食べるのだよ。
ビーフ、えび、貝柱、野菜、ビーフ&タンなど色々選べるけど、スタンダードなビーフをチョイス。トロッととろけるゴロゴロ肉がうま~い。
ちょっとしょっぱいけど、和風で庶民的な雰囲気が良い。

近くには小倉智昭が行きつけと言っていたシチューの店『銀之塔』もあるのだが、2,500円と高くて入った事が無い。

2009.11.03

■仏陀再誕 [映画]

Image2004
仏陀再誕』アニメ(2009)日本

ある日突然、霊の姿が見えるようになった女子高生・天河小夜子。自殺者に引き込まれ、別世界をかい間見た際「仏陀再誕」と耳にする。
テレビで超能力を発揮した荒井東作の元を訪れた時から弟・瞬太の具合が悪くなり、空野太陽に助けてもらう。彼は言う「霊が見えるのは、あなたに使命があるからだ」…SF/ファンタジー

付き合いで行く事になり、興味の無いアニメにお金を払いたくないから、銀座にある支部で無料チケットを貰って鑑賞(モニター用紙に感想を書く必要はあるが、名前や住所等の記入は任意)。でも、やっぱり興味が無いのでところどころ眠ってしまった…

話がクドくて説教臭い(当たり前か)。
しかし、アニメとしてのクオリティは高く、とにかく色彩がキレイだった。
特にUFO襲来のシーンが良いが、街は破壊されたので無かったのかい? 
その後の津波シーンで自分なりに解釈できたのだが、初めの方の恋人・勇気登場シーンも含めて、ストーリー展開が唐突な印象を受ける。
仏陀の話なのに、何故か設定が日本。おまけに西洋の天使が出てくるのはどういう訳? せめて事前の伏線や説明が欲しいところ。
で、結局父の癌はどうなった? 寝ていた私には分からないまま。

内容から影響を受けない自信がある方と声優ファンの方向きの映画ではないだろうか。当然信者にも…

2009.11.02

■母なる証明 [映画]

MOTHER
母なる証明』(2009)韓国
 監督・原案・脚本:ポン・ジュノ 出演:キム・ヘジャ

つぶらな瞳を持ち、知能に障害がある青年トジュン。天真爛漫で純真無垢だが、ちょっとした言葉でムキになるところがたまにキズ。友人ジンテに約束をすっぽかされ、酔いつぶれてしまったあくる日、彼は女子高生殺しの犯人として逮捕されてしまった。
トジュンの無実を信じる母は真犯人を探す為、奔走する…ミステリー/ドラマ

私も遅ればせながらの韓流ブーム…とは言っても、恋愛ドラマでは無くホラーやサスペンスなどのバイオレンス系専門、特にグロさが魅力。
チェイサー』がかなり面白かったので、その後『セブンデイズ』『殺人の追憶』などを鑑賞済み。
とは言っても俳優の事は全く分からないので、『グエムル』が面白かったので同じ監督なら大丈夫だろうと思い、雨の中シネ・スイッチ銀座に初めて訪れた。

意外なオープニングで、草原でおばさんが一人クネクネと踊っている…デヴィッド・リンチかよと思わずツッコミ。
本編もずっと<おばさん=トジュンの母>が中心の“サスペンス・ドラマ”だった。
日本のTVドラマのようなお気楽な内容では無いのだが、ストーリーの先読みができる分“人間ドラマ”に近く、息子を取り戻す為、ひたすら小さな田舎町を駆け回る母の姿を追う映画だった。

そう、息子の無実を信じてというより、息子を失う事を恐れて…今まで一心同体で支えあって生きて来たのに、ある日突然息子が側から居なくなったが為にバランスが崩れ、それを必死に立て直そうとする母のドキュメンタリー。母の愛は盲目だ。
だが、いずれにせよ息子は独立するものぞ。そんな事を描いた映画だと思う。
しかし彼のような性格では、この先何度もトラブルに巻き込まれるのは目に見えている。その度に、彼女は金と鍼にたよる人生を送るのか…

演技は素晴らしいし、韓国映画らしくタダでは終わらぬ展開も良いのだが、刺激的な映画を好む私にはかなり物足りなさを感じた。
だいたい警察の捜査がずさんだし、韓国では裁判という物は無いのかね? 
面白かったのは遊園地でジンテが暴れてる所ぐらい、とにかくドス黒い映画好きな私には明るい雰囲気で終わるエンディングが馴染めない。

とは言え、グロさも無いし、よくできた内容だから、サスペンス好きの幅広い年代の方が楽しく鑑賞できるかもしれない。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ