フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■コミック幽 [漫画] | トップページ | ■今日の1曲 [Andrew Weatherall] »

2009.09.30

■地図男 [小説]

tizu otoko サイン ←サイン
真藤 順丈/著『地図男』(2008)メディアファクトリー

映画に最適なロケーションを探す助監督の<俺>は、地図帖を携えた<地図男>に出会う。
的確な助言を与えてくれる彼が持つ地図帖には、膨大な量の物語が詰め込まれていた…ドラマ/ファンタジー

第3回ダ・ヴィンチ文学賞大賞”受賞作、サイン本だったので何となく購入。
始めの章題からして「?」状態で入り込めず、やっと一人称<俺>が登場してからの説明で何となく雰囲気をつかめた。
しかし、次の「区をめぐる物語」は頭の中でイメージを構築しかねた。
本気で読めるようになったのは「ムサシとアキルの恋物語」から。主人公の<俺>と同じに先が気になって仕方が無く、これは良かった。
アウトサイダー達が理解者を得、互いに支えあう。そこへ失職したサラリーマンが登場、二人に永遠の平穏が訪れるのかと思いきや…

オチに関しては私には予備知識が無い為共感できず、サラッと終わった印象しか持てなかった。
第15回日本ホラー小説大賞”を受賞した作家との事でちょっと期待していたのだが、ライトノベルのような印象で肩透かし気味。短編をつなぎ合わせたような散文よりは、ムサシとアキルの奇妙な恋物語をもっと肉付けした中編を読んでみたいな。

« ■コミック幽 [漫画] | トップページ | ■今日の1曲 [Andrew Weatherall] »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

これ、書評を新聞で読んで気になっていたやつだ。なにせ地図好きなもんで・・・。予備知識ってどんなのだ?
サイン本って一冊だけうちにもあった。「ターンブル&アッサー物語」。

簡単に読めるよ、ラノベ感覚かな。ただし、地図男が東京周辺をウロウロしながら書いた話だから、散文的。
それぞれの短編を寄せ集めたような印象。
もう読み終わったから、会う機会があったらあげるよ。

うーす。俺、昭文社の東京区分地図を使って、蛍光ペンで「既に歩いた道」を塗りつぶしてたことがある。

それ楽しそうだね、住んでる周辺は蛍光色に染まってたりして。
私は最近、いわゆる谷根千をウロウロするのが楽しい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/46347969

この記事へのトラックバック一覧です: ■地図男 [小説]:

« ■コミック幽 [漫画] | トップページ | ■今日の1曲 [Andrew Weatherall] »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ