フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

最近のコメント

« ■サブウェイ123 激突 [映画] | トップページ | ■マーターズ [映画] »

2009.09.23

■サブウェイ・パニック [映画]


サブウェイ・パニック / The Taking of Pelham One Two Three』

(1974)アメリカ
 監督:ジョセフ・サージェント 原作:ジョン・ゴーディ
 出演:ウォルター・マッソー ロバート・ショウ

世界最大のニューヨーク地下鉄、ぺラム123号を4人組に乗っ取り、乗客17人と車掌を人質に1時間以内に100万ドルを用意するよう要求した。
金を払うべきか思案する市長、運行の妨げになると憤る地下鉄職員、犯人との交渉にあたった地下鉄公安局警部補ガーバーは金の到着まで何とか時間を稼ぎ、犯人を追い求める…サスペンス

ジョン・ゴーディ原作の『サブウェイ・パニック』の初映画化、『サブウェイ123 激突』のリメイク元も観てみた。
35年も前の作品と比較する事はできないが、緩慢な印象で緊張感があまり伝わって来ない。主演のガーバーがウォルター・マッソーという中堅どころで信用できるボスのイメージはあるが、朴訥でシャープさが感じられない。それは、犯人のMr.Blue(ライダー)の非情さと対比させる為に必要なキャスティングだったのかも。
言ってみれば70年代に真面目に作られた、安心して観る事ができるタイプの佳作なクライム・サスペンスである(当時はパニック扱いだったみたいだが)。



この映画を観てつくづく思ったのだが、本当に音楽は映画を盛り上げる為に必要な小道具なのだなぁと。お金のシーンでしか音楽が流れず、緊張感が必要なのはそこだけなのか?!



笑ってしまうシーンもあった(苦笑では無く、息抜き)。
日本人達が英語で喋るシーン、市長が金を払うかどうか悩んでいる時の助言は何かな~と思っていたら、脱力。それと、最後まで寝ていたアル中女ね。


息詰まるシーンは乗車していた警官をライダーが突き止めるシーン。
電車内に取り残された乗客達の未来。そして、最後にたどり着いた部屋。

実は後で気づいた。私はこの映画をずっと以前に観ていて、ところどころ記憶に残っていたのだ。

特に最後のシーンをずっと待っていた。一度観たら記憶に残るであろう、あの表情である。

« ■サブウェイ123 激突 [映画] | トップページ | ■マーターズ [映画] »

映画 ミステリー/サスペンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/46288469

この記事へのトラックバック一覧です: ■サブウェイ・パニック [映画]:

« ■サブウェイ123 激突 [映画] | トップページ | ■マーターズ [映画] »