フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■昭和少年SF大図鑑 展 [美術展] | トップページ | ■明和電機 [ライブ] »

2009.09.27

■ノストラダムスの大予言 [映画]


The Last Days of Planet Earth』(1974)日本
ノストラダムスの大予言
Catastrophe 1999
 監督:舛田利雄 原作:五島 勉
 出演:丹波哲郎 由美かおる 黒沢年男

夢の島に巨大ナメクジが出現し、死んだ魚が大量に打ち上げられ、エジプトに雪が降り、異常さを増してゆく地球環境。
ノストラダムスの予言を根拠に1999年の終末に向けて啓発する環境研究所所長・西山良玄…SF/パニック
1999年7の月に世界が破滅する終末思想よりも、2001年へと新世紀がやってくる瞬間を楽しみしていた子供だったので、ノストラダムスなんて全く信じちゃいなかった。
21世紀も無事やってきたというのに、『放送禁止映像大全』を読んで興味をそそられ、ついウッカリ観てしまった。う~ん、眠い…とにかく眠い映画だ。
しかし、刹那的なバイクや奇妙な船等のシュールなシーンはわりと好み。だけど、あの時代にまだヒッピーっていたんだろうか?

結局、観る事ができたのはアメリカで流通している英語版ビデオだが、内容はネットで知っているので何とか理解はできた。
地球の終焉を感じさせる怖ろしい映像が目白押しで、皆真剣に演じ、真面目に作った映画だと分かる。
しかし、『大霊界』などいう怪しい本を出版した丹波哲郎(西山)が出てくる度に興醒め。熱心に演説している姿から、これらのスペクタクルは全て彼の頭の中の想像なのかと…つまり夢オチ映画なのかと思わされた。
でも、こりない私は日本版が観たいのだよ~

参考動画:

« ■昭和少年SF大図鑑 展 [美術展] | トップページ | ■明和電機 [ライブ] »

映画 SF」カテゴリの記事

コメント

74年なんだね。まだこの頃は股上の浅い、前と後ろ見頃が切り替えられたモンキーパンツとかを履いていたよ。ちょっとフレアーになってて。仮面ライダーストロンガーの変身前は、ベルボトムのジーンズで、裾に薔薇の刺繍(アップリケかもしれない)が施してあるのが「かっこいいー」とおもってた。あと『サーキットの狼』でも「フーテン」が「あたい」とか言ってて、ちょっと日活ぽいというか・・・精神性をともなってない「陸ヒッピー」みたいなかんじ?
1999も2001も、当時はあまりに未来過ぎて、「来るのかな?」っておもってた。子供の時間は長いもんね。

うちは貧乏だったので、洋服は全て姉達やいとこのお下がり。流行は分からないなぁ~

子供の頃、新世紀の到来をすごく楽しみにしていて、年齢を計算したら「すごい、おばさんじゃん」ってガッカリ、確かに遠い未来と感じたわ。
しかし、いざその年齢に達したらまだ若いつもりでいた自分に苦笑。それに、もうSFを信じないつまらない大人になってた。
そう言えば『2001年宇宙の旅』は映画館でグーグー寝てしまい全然ストーリー分からないままだわ。『未知との遭遇』もつまらなかったなぁ。

流行つっても、当時はそれしかなかったんだよ。今振り返るとそうだったなーっていうだけで。でも長髪ではなかった。
2001・・・を大画面で観たのか。アレ、ストーリーを追うものじゃないかんじだしね。『未知・・・』も、そうねー・・・遭うだけじゃなーっておもった。『宇宙戦争』も腰が抜けるほどつまらなかった。あの天才子役と言われる女のコの叫び声がうるさくて。あと「家族愛」とかが主題だとどうもだめだ。

『宇宙戦争』は小説のイメージと違っていたけれど、ドロドロ気味が悪くて結構好み。最初に地面が割れて行くシーンなんかパニック好きの私にはたまらないわ~
ただ有名な俳優を使ってしまうと、先入観でリアリティが半減してしまって…どのシーンも何故かあの親子が一番前というのが一番不自然。
ずっと観た事がなくて、意外と面白かったのは『スターウォーズ』。
『ターミネーター』も好き、私はやっぱストーリーがあって分かりやすい方がいいやヽ(^o^)丿

『幻魔大戦』のマンガの中にこの映画を鑑賞するシーンが出てきた。なんかあのトライポッドって「トリフィド」を連想するんだよね。スターウォーズは俺も観てない。一度は通して観たいんだよ。結局大画面で観ることがなかった。スーファミで『スターフォックス』っていうあきらかにこれを下敷きにしたシューティングゲームがあって、当時はけっこうはまった。音楽もそれっぽい。
『ターミネーター』は2が好き。最新作は「外伝」的で、戦争映画になっていていまいちだった。キカイの体にされた葛藤みたいなテーマは『ロボコップ』や『仮面ライダー』や『キカイダー』でじゅうぶんで、「これいらん」だった。

>『幻魔大戦』
懐かしいね!マンガは読んだことはないけど、小説に夢中になったよ。暇ができたらまた読みたいものだ。

『スターウォーズ』は人に勧められてみたら、ハマってしまい、続けて『3』まで一気に観てしまった。まさに冒険活劇、ワクワクする。

>最新作は「外伝」的
そうね、『スターウォーズ』エピソード1~もそんな感じ。
『ターミネーター』は一番最初が好きで映画館2回テレビ2回観てる、しつこく追って来る感じが怖くて息を止めながら観てた。緊張感がたまらない映画だわ~
『ターミネーター3』は残念な映画…

ファンの間ではたしかにT3の評価低いね。シリーズ物で監督が替ってくパターンの失敗例ということになるのかな。俺はそんなに嫌いじゃないが。
シリーズ物で1が一番というのは、なんだろ?「エイリアン」「ロボコップ」「ロッキー」か。バーホーベンが好きで、「スターシップトゥルーパーズ」が大好きなんだけど、続編がダメそうで怖くて他人の評価すら読んでいない。

イノだよね? ヴァーホーヴェンの『トータル・リコール』好きだよ、『スターシップ~』は未見。

T3はジョン・コナー役が超ダサい。
『ヘル・レイザー』の評価が高いが、私は5以降しか見てないんだよね(汗)。『スキャナーズ』は1だけが良い。
シリーズ物は空飛んだり、都会へ行くようになったらもう面白く無い、ネタ切れかなと思う。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/46321367

この記事へのトラックバック一覧です: ■ノストラダムスの大予言 [映画]:

« ■昭和少年SF大図鑑 展 [美術展] | トップページ | ■明和電機 [ライブ] »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

無料ブログはココログ