フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■今日の1曲 [Al Jarreau] | トップページ | ■モーテル [映画] »

2009.05.16

■サスペリア [映画 DA編]

Suspiria
サスペリア』(1977)イタリア
 監督:ダリオ・アルジェント 音楽:ゴブリン
 出演:ジェシカ・ハーパー ウド・キア

ドイツ・フライブルグのバレエ学校に転校して来たスージー、学校の玄関で出会ったパットが殺されたと知る。
寄宿舎では不快な出来事が次々と起き、不安を感じる。友達となったサラまで姿を消し、彼女が夜中に自分に伝えたがっていた事を思い出す…ホラー/ミステリー

イタリアン・ホラーの巨匠ダリオ・アルジェントの<魔女3部作>第1作目『サスペリア』、オカルト界の名作である。
こうなったらシリーズはきちんと観ようと思い、何十年ぶりかで観賞。とても満足、TVで観た当時はまだ10代だったので、気持ち悪いわ、怖いわだが、『サスペリア2』ほどでは無かったので印象は薄かったけど、また見直して単なるホラーでは無く、秀逸なミステリーだという事が分かった。
そして、赤や青や緑のライトに素敵なデザインの建物や衣装も印象的な映画だ。

まずはオープニングから不穏な雰囲気が漂う。そう、私にとっては聴き慣れたGoblinSuspiria」。
ホラー好きとしてはワクワク期待が高まり、スージーが空港のドアを出た時から、不快感が漂う。
インフェルノ』とは違って“思わせぶり”がホラーとしての効果を発揮し、タクシーの運転手、パットの謎の行動…次の日の学校で副校長に挨拶を交わすバックの動きも「何かあるのでは?」と心の中でモヤモヤとした不安を抱える事となる。

そして、先を知っているからこそ、アレが来るぞ来るぞと恐怖におののく私と、はかなげで健気な少女スージーを応援する私、でも「サラよ、好奇心は身を滅ぼすわ」と警告する私、盲人と盲導犬をあんな目に合わせた魔女を憎む私…すっかり、感情移入。

同じ監督だというのに、この感想の違いは何だろう?
単調な毎日の現実世界から一時的な脳内脱出であるホラー映画。『アザーズ』もそうだが、時代や背景が違えば違うほど、遠い別世界へ私を連れて行ってくれる。だから、血がリアルな赤じゃなくても良い、あれも空想の一部。
私にとってホラー/オカルトはファンタジー、私に悪夢を見させてくれて、現実に戻った時の爽快感がたまらない。ノイズ/インダストリアル・ミュージックも同様だわ、忍耐の後の持続する清涼効果。

« ■今日の1曲 [Al Jarreau] | トップページ | ■モーテル [映画] »

映画 ダリオ・アルジェント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/44975542

この記事へのトラックバック一覧です: ■サスペリア [映画 DA編]:

« ■今日の1曲 [Al Jarreau] | トップページ | ■モーテル [映画] »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ