フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■シャッフル [映画館] | トップページ | ■地球最後の男 オメガマン [映画] »

2009.02.09

■リーピング [映画]

THE REAPING
リーピング』(2007)アメリカ
 監督:スティーヴン・ホプキンス 原案:ブライアン・ルーソ
 出演:ヒラリー・スワンク アナソフィア・ロブ

夫と娘を失ったが為信仰を捨て、“奇跡”と呼ばれる超常現象を科学的に解明する大学教授キャサリン。
彼女が調査を依頼されたのは、信仰心の厚い田舎町ヘイブンで起きた異常現象。川が真っ赤に染まり、カエルが降って来る、旧約聖書に記された“十の災い”の始まりか? 疑われたのは兄ブロディーを殺したとされる12歳の少女ローレン…オカルト/スリラー

カルト/オカルト映画大好き♥
『アザーズ』や『フレイルティー/妄執』並みに、久々に私的ヒットのホラー映画『リーピング』(『シャイニング』『サスペリア2』『シックス・センス』レベルには達してないけど)。
かなり雰囲気が良く、最初から惹きつけられた。ずっと暗くおどろおどろしい訳では無いが、要所要所でゾッとさせ、何かあると臭わせる。
例えば、カエルが落ちてくるシーンでドキッとさせ、死んだ牛を曳いた直後に「妻は嘘は言わない」と口にさせるタイミング、観客だけが目撃するモニターの中の少女とか…

「“揺ぎない信仰”こそまさに奇跡」とか「神は殺してない。小心で恐れと怒りに負けた人間が~」と言わしめる説得力、まさに神も悪魔もいない! 
上記2作品に共通する展開が待ち構えていて、映画館で観ても良かったと思わせる程の秀作だった。

ヒラリー・スワンク(キャサリン)は目も口も大きくハッキリした顔立ち、でもライザ・ミネリほど個性的ではなく、程よいバランスが取れていて好感が持てる。
こんな可愛い女の子に何て事をやらせるの! と思うくらい良い雰囲気のアナソフィア・ロブ(ローレン)、今後も目が離せない。

« ■シャッフル [映画館] | トップページ | ■地球最後の男 オメガマン [映画] »

映画 ホラー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/44013339

この記事へのトラックバック一覧です: ■リーピング [映画]:

« ■シャッフル [映画館] | トップページ | ■地球最後の男 オメガマン [映画] »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ