フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

最近のコメント

« ■ウィッカーマン [映画] | トップページ | ■2008年末 »

2008.12.29

■アイ・アム・レジェンド [映画]

I AM LEGEND
アイ・アム・レジェンド』(2007)アメリカ
 監督:フランシス・ローレンス 出演:ウィル・スミス

2009年、ガンの特効薬として開発されたクルピン・ウィルスは人類に死をもたらし、感染しながらも生き残った者達は凶暴化し、夜の間だけ活動するダーク・シーカーズへと変貌した。
愛犬サムと共にたった一人生き残ったロバート・ネビルは、他の生き残りを探しながら、血清の研究を続ける…SF/ホラー/アクション

リチャード・マシスン原作の古典SF小説『地球最後の男/I Am Legend』(1954)の3度目の映画化。
タイトルだけは知っていたけど、どの映画も観ていなかったので、とても楽しく鑑賞できた。う~ん、満足。

しかし、この物悲しく、暗い雰囲気の映画がどの程度ヒットしたのだろう?
おまけに、たいていホラー好きしか見ない“ゾンビ映画”ときてる。前宣伝に騙され“男と犬の友情物語”と勘違いして観に行き、後悔した人は居なかったのだろうか?
私は好きだけどな~

何故、ウィル・スミスが主演なのかよく分からなかったけど、抱きしめたサムの様子を表情だけで表現した演技力が素晴らしい。そして、軍医という設定も説得力があって良かった。単なる学者とは違う、武器への知識、自宅の防衛などのサバイバル術。
それに反してダーク・シーカーズがもろCGで残念、映画館で観た方がリアリティを感じられたかもしれない。
さっき、最初に用意されていた別エンディングを観たけど、公開版が私好み、まさに“レジェンド(伝説)”。前のバージョンじゃねー、都合良過ぎだわ。

猫好きだけど、こういうシチュエーションの場合は断然犬の方が良い、信頼できる存在。でも、最後の一人になるくらいだったら、私は死を選ぶなぁ~ 最後ってのがイヤ、銭湯でもお店でも会社でも一番最後にはならないよう慌てて帰るタイプ。
神は希望を与えてくれるけど、神がかっているのは混乱の元だと思うわ。
さて来年か、あと3日じゃん。

« ■ウィッカーマン [映画] | トップページ | ■2008年末 »

映画 SF」カテゴリの記事

コメント

観たかったが、観てないんだなー。
評判が悪過ぎたせいもある・・・。一人しかいないのに、インフラが崩壊しきってないとかなんとか。

でも、「ハンコック」よりは面白そうだね。

確かに3年間も一人だけなのに停電せずにいるのが不自然だったけど、あれほどの様々な知識に長けているのだから、自家発電機とかあるんだろうなとか、排泄物も十分処理できるんだろうとか解釈して自分を納得させて観たよ。

「孤独な男」というシチュエーションが好きなのでお金を払って観ても良かったと思えるレベルの面白さだったよ。

これ、映画ってカッコよ過ぎますよね?
原作がかなり古いので、映画みたいな設備はなくてネヴィルは延々レコード聴いているわけで、愛犬サムも登場しないでんすよ(犬は出てくるけど)。
どっちにしても救われない映画のような気もしましたが、個人的にはまぁまぁといった印象でした。
片桐という人が原作をネタにして書いていますのでTBさせてもらいますね。

昨夜記事を読ませていただきました。

原作を読んでいないので、別エンディングが唐突に感じられましたが、元々はゾンビでは無く吸血鬼で、彼ら自身の社会を形成していたようですね(他の人の感想を読んでそれとなく解釈)。そう考えると学習能力や別エンディングに納得できます。
ウィル・スミスが男の孤独をにじませ、カッコ良かったので私は大満足の映画でした。『地球が静止する日』よりも良い!(^^)!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/43566271

この記事へのトラックバック一覧です: ■アイ・アム・レジェンド [映画]:

» アイ・アム・レジェンド @スリルと迫力に満ちた作品なれど違うlegendの意味 [雨の日の日曜日は・・・]
ウィル・スミス主演で大規模ロケを敢行したPVを見せられれば、オモシロイのは間違い [続きを読む]

« ■ウィッカーマン [映画] | トップページ | ■2008年末 »