フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

最近のコメント

« ■8otto [Live] | トップページ | ■手打ちうどん講習会 [料理] »

2008.11.23

■自衛隊音楽まつり [イベント]

自衛隊音楽まつり ←文字がキラキラ光って凝った入場券
平成20年度 自衛隊音楽まつり
 2008年11月21日(金)~22日(土) 第4回公演/18:00~
 日本武道館

頼まれてチケットが欲しい人を探したのだが、なかなか希望通りにならず、結局私が行く事になってしまった…(-_-)

ライブと違って定刻通りに会場の明かりが落ちた。
薄暗いアリーナから演奏が鳴り響き、タクトの先のライトが動く(ここら辺は暗い中、座席を探していたので記憶があやふや)。
その後、会場全体が明るくなりアナウンス、「国旗入場、全員起立」。
え~ たかが赤く染めた布の為に立たなきゃならないの? と戸惑ってしまったが思い直し、日本人としての誇りを持ち日の丸に敬意を払うのは国民として当たり前の事なのかもしれない。戦後教育で曖昧になってしまった愛国心。
そして「君が代」斉唱、とても好きなメロディーである。イギリス人が作った曲だと思っていたけど、Wikipediaで宮中音楽(雅楽)に作り直したと書いてあった。

NHKの「高校野球」のテーマ曲のような音楽が鳴り響き、う~ん(+_+)
しか~し、歌い、踊り、演奏しながら足並み揃え円陣を描くマーチング・バンド。これはスゴイ!

てっきり陸・海・空、そして各地方の音楽隊による年に一度の発表会だと思っていて、イメージは“整然とした鼓笛隊”だったのだが、さにあらず。こんなにバラエティに富み、観客を楽しませるように演出されたステージショーだとは思ってもみなかった。
さながら、オリンピック開会式オープニングセレモニー縮小版と言った雰囲気。マスゲームがTVの中の外国でしか見る事ができなくなってしまった昨今において、キッチリ揃った動作はかなり新鮮。

老若男女が聞き覚えあるポピュラーな選曲で親しみやすく、意外にもミラーボールが回転し、ピンクの照明の下のハート隊形、いかつい男達のドリルだけではなく、ミニスカートの女性隊員によるカラーガード、白いブーツの美しい足が行進する。宝塚の男役にも負けない雰囲気の女性もいた(顔は見えない)。
在日米軍のくだけた演奏や防衛大の生徒達による迫力ある空砲など多彩な趣向。
「なごり雪」でしんみりし、「レイダース」でワクワク、あの「ドレミの歌」がゴージャスに変わる。

一番素晴らしかったのは自衛太鼓”Power of Uzushio”。
200人ぐらいいたのだろうか、各地の部隊の隊員達が太鼓を抱えて集結、一斉に叩く音が会場に鳴り響き、身体に轟いて来る。耳の聞こえない方の心をも揺さぶる音楽とは、こういう物ではないだろうか。
「日本人に生まれて良かった」と思っているのなら一度は観て欲しい、精悍かつ華麗なイベントだった。

« ■8otto [Live] | トップページ | ■手打ちうどん講習会 [料理] »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/43196386

この記事へのトラックバック一覧です: ■自衛隊音楽まつり [イベント]:

« ■8otto [Live] | トップページ | ■手打ちうどん講習会 [料理] »