フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

最近のコメント

« ■ユージュアル・サスペクツ [映画] | トップページ | ■ベティの小さな秘密 [映画館] »

2008.10.03

■ふにゃばし [演劇]

船橋
ふにゃばし劇団W.I.T.公演
 2008年10月3日(金)PM7:30~ 門仲天井ホール

知人が主宰する劇団のお芝居を観て来た。団員は彼を含めて3人、その中の一人は彼の奥さんである。

あらすじを書くのは難しい、彼らにとってはあるのかもしれないが、観ている側にとってストーリーがあるのかどうか分からないのである。
数分ごとに話も演じる役もめまぐるしく変わる彼らの芝居。

一人の男が身振りを交えながら、野球への思いを語る。
しかし場面は変わり、野球ボールを拾っていたかのような男の動作は、翌日の潮干狩りに備えたあさり撒きだったのである。仕事ぶりを厳しく監視する経営者。
そしてまた砂浜であったかのような場所は球場へと変化し、カエルジュースを売る売り子と応援する観戦者達。
そして観戦者は選手へと変わり選手の一人はぬいぐるみ、名前は「上杉」言葉遊びのように「USB」。
選手達はいつの間にか牛や猫へと変わってしまい、乱闘騒ぎの末、球場の整備、そして打ち上げの焼肉パーティ、何故かまた試合が始まり、スコアボードはそのままだが対戦相手がいつの間にか違っている…

レッドキャッツと、この調子。右のチラシをクリックして応援歌の歌詞を読めば、少しは雰囲気が伝わるかもしれない。
唐突で散漫と言えばそうかもしれないし、シュールでナンセンスと言えばそうかもしれない。とにかく見る側の解釈次第であるし、もしかしたら演ずる側には確たる主旨があるのかもしれない。
とは言え、知人は普段からつかみどころの無い人物。芝居もまた感覚的なもので、無理して理解する必要は無いのかもしれない。構成・演出担当である彼の脳内宇宙の具現化。
とにかく、熱いモノは確かに伝わってきた。

彼らの観劇はこれで2回目。前回の『小犬のスルー』は感想を書き損なってしまったが、起承転結ならぬ“起転転転転挿転転結”と言ったところ。“挿”にあたる「七輪」のシーンはシュールでペシミスティック、結構好きである。

« ■ユージュアル・サスペクツ [映画] | トップページ | ■ベティの小さな秘密 [映画館] »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/42677393

この記事へのトラックバック一覧です: ■ふにゃばし [演劇]:

« ■ユージュアル・サスペクツ [映画] | トップページ | ■ベティの小さな秘密 [映画館] »