フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

最近のコメント

« ■またやって来た[つぶやき] | トップページ | ■超少女明日香 フラッパー [漫画] »

2008.09.01

■超少女明日香 [レトロ漫画]

超少女明日香1 by Shinji Wada 超少女明日香2 by Shinji Wada 超少女明日香3 by Shinji Wada 超少女明日香4 by Shinji Wada 超少女明日香5 by Shinji Wada
和田 慎二/著『超少女明日香』(1998)1~5巻 白泉社文庫

お手伝いとして猫のミックと共に田添家にやってきた少女・砂姫明日香、彼女には秘密があった。大自然の力を味方とする砂神一族のたった一人の生き残り。
田添建設の行った強引な工事により、一族を失った恨みを晴らす為にやって来たが…SF/恋愛/サスペンス

先日『明日香・妖精狩り』を読んで、一気に思いが募った。
すっかり忘れていたけれど、大好きだった<明日香>シリーズがまた読みたくなってしまった。

ページを開いてすぐ、明日香が塩まみれになる。おぉー! そうだった!!
庭をきれいにしろと言われて、あっという間に終わらせる。うぉー! 覚えてるよ。何でヘンだな? と思わないのかひっかかった覚えがある。
当時は単に超能力少女と普通の少年の恋と冒険の物語として捉えていたが、今なら何か分かるような気がする、自然の精霊<とも>。
でも、いまだに理解し難いのは、明日香が一也から身を引こうとする事。

好き同士で一也にも力が授かっている、そして何より二人で戦うと威力が倍増する。つまり、一人では倒せない敵も二人なら可能だという事。
離れてはならない存在なのに、そして二人の子供がもっと強力な存在となり得、更にこのままでは砂神一族の血が途絶えてしまうのだから、積極的に子孫を残さなければならない状況なのに…作者の策略なんだろうね。
そして、まんまとひっかかってしまう読者。

ずるずると25年、作者と読者は年をとったというのに、いまだに一也と明日香は高校生。
『ドラえもん』や『クレヨンしんちゃん』みたいな永遠の子供より、『ドラゴンボール』や『MAJOR』みたいな一大叙事詩(←おおげさ)にしてくれた方が息が長くて起伏のある物語となり得たかも。まぁ、作者がセーラー服やスクール水着好きなら仕方が無いか。
でもね、作者がいつ病気になるとも限らないのだから、二人が一緒になる最終回の原稿だけ用意しておいて欲しいの…今まですっかり忘れていたくせに、わがままな読者の願い(祈)

この文庫は少女漫画雑誌で連載していた<超少女明日香>シリーズをまとめた物。
最初は日本国内で悪い奴と闘っていたんだけど、だんだん規模が大きくなっていって、宇宙や異空間に行ってしまったり“救世主<メシア>”なんて胡散くさい奴が出てきたり。
面白い! 面白いけど、スッキリ終わらないせいか、もどかしい気持ちで読了。読み終わっても、この先がもっと読みたいという焦燥感にかられるエコな神話伝承心霊超常恋愛冒険活劇?

好きな男性漫画家は楳図かずお魔夜峰央諸星大二郎星野之宣、そして和田慎二。この5人の中で一番動きを感じられる作風なのが和田、アクション漫画家である(多分)。

            *   *   *
第1巻
「超少女明日香」(1975)別冊マーガレット
「明日香ふたたび」(1976)  〃
「ふたりの明日香」(1976)  〃
第2巻
「明日香子守唄」(1978~1979)ララ
「ビーナス翔ぶ」(1983)花とゆめEX-創刊号
「明日香・妖精狩り」(1985)花とゆめ
第3巻
「超少女明日香 眠る蛇」(1986)花とゆめ
「超少女明日香 雨の封印」(1988) 〃
「超少女明日香 水底の騎士」(1991) 〃
第4巻
「超少女明日香 ウェディング★スター」(1987)花とゆめ
「超少女明日香 救世主の血」(1988) 〃
「超少女明日香 黄金のドクロが笑う」(1992) 〃
第5巻
「超少女明日香 明日香対救世主」(1993)花とゆめ
「超少女明日香 史上最大の生霊」(1993) 〃

« ■またやって来た[つぶやき] | トップページ | ■超少女明日香 フラッパー [漫画] »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
超少女明日香とか、高階良子とか、も~私もど真ん中に好きですよ!皆小学生の時に読んだもので、月日がたうのは早いな~と感慨深いです。

>真ん中に好きですよ!
おぉー、仲間がいた。嬉しい♪
「ざくろ」なんて代物は実家の方には無かったので、どんな物だろうと思ってました。漫画に色々教えられましたよ、「パンドラの箱」とかね。
すっかり忘れてしまっているので、夢中で読み、気が付いたら朝になってたりします。明日香サイコー!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/42332010

この記事へのトラックバック一覧です: ■超少女明日香 [レトロ漫画]:

« ■またやって来た[つぶやき] | トップページ | ■超少女明日香 フラッパー [漫画] »