フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■ウェス・クレイヴン's カースド [映画] | トップページ | ■Tシャツ [懸賞] »

2008.09.18

■今日も僕は殺される [映画館]

THE DEATHS OF IAN STONE
今日も僕は殺される』(2007)イギリス/アメリカ
 監督:ダリオ・ピアーナ 製作:スタン・ウィンストン 他
 出演:マイク・ヴォーゲル クリスティーナ・コール

大学生のイアンはアイスホッケーの試合の後、恋人のジェニーを家まで車で送り、踏み切りに差し掛かった時、不審なモノに襲われ無残に殺された。
次の瞬間、イアンはオフィスで目覚め、同僚のジェニーが歩み寄る。そして、周囲に不気味な影を感じ、慌てて逃げたがまた惨殺されてしまう…ホラー/サスペンス

まず、タイトルに魅かれた。
そして、解説を読むと“不条理”の文字…前衛的で訳の分からない映画は苦手だから躊躇したけど、そんな心配は無用なほど、よくできたスリラーだった。

何となく『ジェイコブズ・ラダー』を連想していたのだが、結果的には全然違っていた。
導入部はスピードが速すぎて何がなんだか把握できなくていたけど、不気味さが段々と増し、あちらこちらに不審な影が見え始める。この先、どうなるか分からない不安が押し寄せ、唐突に訪れる幾たびかの死にビクビクする。しかし次の瞬間、彼は全然別な人物、環境となって現れるのだ、頭に浮かぶのは謎? 謎? 謎? そして共通するのは…

『マトリックス』の登場人物のような人が、『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』のディメンターっぽいのに変身し、そいつは『ターミネーター2』のT-1000型のような武器を駆使するSFみたいな映画だと思った。けれど、結局は恋愛映画なのよ。ただし、映画内ではオカルト風の説明をしていた。チラシを見た第一印象は『ソウ』だけどね。
段々と明らかにされる「謎」、それはミステリー。

ネタバレ
という事で、モロ私好みなのに何故か上映館は限定され、2週間しか公開していない。みんなこんなに面白い映画は好きではないのだろうか。欲を言えば、不気味な影は初期クローネンバーグ風にグログロネチョネチョした物体の方が良かったなぁ~

« ■ウェス・クレイヴン's カースド [映画] | トップページ | ■Tシャツ [懸賞] »

映画 ホラー」カテゴリの記事

コメント

非常にそそられるタイトルですねー。
何度も死ぬ、というところは『リプレイ』というミステリー小説を連想しましたが...。
いつかDVDになったら(笑)見たいと思って、ネタバレは読んでいませんが、不条理なだけで終らず、ミステリーとして成り立っているんですね?
ともあれhello-nicoさんが面白いって言うんだから間違いなしですね。

最近は、面白い映画に限ってあまり上映されないという傾向にあるような気がします。(私達だけかしら?)
逆に言えば、大々的に上映されない映画のほうが、期待できるということかも?

原題は「The Deaths of Ian Stone」なので、「イアン・ストーンの死」でしょうか、良くできた邦題だと思います。
『リプレイ』という映画なら見た事があります。と思って調べたら2種類あるようで、私が見たのはベッドで目覚めた男の話で、気が付くたびに妻が変わっていたりする2003年作品のようです。
小説の方も面白そうですね、シチュエーションとしては「今日も~」と共通点がありそうです。

この映画はSFっぽいです。段々と明らかにされていく謎は驚きがあります(隣の席の女性が時々、ビクッと飛び上がってましたよ)。

私は一味変わった映画が好きなのですが、他の方はごく普通の先が読めるような映画の方が良いんでしょうね。そして有名人が出ていない映画の方が制作費にお金をかけて面白い映画を作ると思い込んでます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/42521006

この記事へのトラックバック一覧です: ■今日も僕は殺される [映画館]:

« ■ウェス・クレイヴン's カースド [映画] | トップページ | ■Tシャツ [懸賞] »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

無料ブログはココログ