フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■乙女のイコン展 [美術館] | トップページ | ■デトロイト・メタル・シティ [映画] »

2008.08.26

■楳図かずお 5 [レトロ漫画]

Orochi 1 by Kazuo Umezu Orochi 2 by Kazuo Umezu Orochi 3 by Kazuo Umezu Orochi 4 by Kazuo Umezu
楳図かずお/著『おろち』1~4巻(1995)秋田文庫

「わたしはおろち」
不思議な力を持ち、百年に一度の眠りがあるゆえ長い年月を生き続け、気になる人間のその先を見続ける少女。 彼女が冷静に観察した人々の運命をつづる物語集…サスペンス

犯罪が起きたとする。
目には目を! 犯人にはそれ相応の報いを受けてしかるべき。しかし、実際には刑期を終えて出てきたり、犯人が分からないままだったりする。そして、仇討ちは禁止されている「復讐禁止令」。
ホラーの世界では、“それ”が可能だったりする。恨みはらさでおくべきか、呪ってやる~

おろちが手をくだしているわけでは無い、彼女は観察者である。
最初、疑わしかった人物は実は被害者だったり、おろちによって事実が判明する。あっ、そうだったのかぁ~
この本には“それ”がたくさん詰まっている。おろちよありがとう、スッキリしたよ。
『おろち』はそれほど怖くなくて、人間模様とか群像劇のオムニバスのマンガ集、おろちが色々なエピソードの案内役をしてくれる。

特に印象的なのは「ステージ」、“おはようのおにいたんが とうたんをひいた”。
たった一人の証人、3歳の佑一の言葉を信じない大人達。佑一は強い信念を持ち、自分で運命を切り開く。すさまじい執念、こんな人間が実際にいてもいいと思わせる秀作だ。
秀才」もいい、運命に翻弄される家族のお話。

それにしても映画『おろち』はまだ観てないけど、果たして配役は彼女で良かったのだろうか?
私のイメージとしては、おろち(大蛇)は特殊な能力を持つ少女なのだから、どこにでもいるような女性ではなく、100人の中でただ一人オーラを発するタイプでなければならないと考える。例えば、香椎由宇とか香里奈とか…でも、映画の中の美人姉妹が霞んでしまうね。

« ■乙女のイコン展 [美術館] | トップページ | ■デトロイト・メタル・シティ [映画] »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/42287059

この記事へのトラックバック一覧です: ■楳図かずお 5 [レトロ漫画] :

« ■乙女のイコン展 [美術館] | トップページ | ■デトロイト・メタル・シティ [映画] »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ