フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■ザ・フィースト [映画] | トップページ | ■ブルーマングループ [音楽劇] »

2008.05.05

■シュルレアリスムと写真 [写真展]

Surrealism and Photography Beauty Convulsed
シュルレアリスムと写真 - 痙攣する美
 2008年5月5日(月・祝) 東京都写真美術館

1924年パリ、アンドレ・ブルトンを中心として活動をはじめた芸術運動“シュルレアリスム(超現実主義)”の写真展。

最初に展示されていたのが、マン・レイ『醒めてみる夢の会』、アジェ『日蝕をのぞく人々』、それからパリの街並…
う~ん、どこがシュールなんだろう? 黎明期だからか。

そのうちにエッフェル塔などの合成やマン・レイの『贈り物』などが出て来て、やっと自分がイメージするシュルレアリスムの写真の数々。
ソラリゼーション、多重露光による手法やフォトモンタージュ、コラージュが主だったが、動植物のアップもシュルレアリスムと言うとは知らなかった。しかし、人間の身体のアップは確かにシュールさを感じさせる。

夢のイメージやロートレアモンの“解剖台の上のミシンと蝙蝠傘の偶然の出会い”(異質な複数の物の組み合わせ)に納得。
例えば、「夢の中に出て来た、馬の首とすげ替えた少女の身体」と考えると、ほ~らシュール。

マン・レイ『長い髪の少女』、植田正治『海辺にて 鳥取砂丘』、岡上淑子『沈黙の奇蹟』などが素敵。ハンス・ベルメールは妙に気になる。

« ■ザ・フィースト [映画] | トップページ | ■ブルーマングループ [音楽劇] »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

英語の「スーパーリアリズム」だと、まったく違うものになるのにね。

俺も観に行ってみようかな。

現代美術館の「なま玉子」を見た事があるかな?
シュルレアリスムとして紹介されていて「あれ?」って思ったけど、スーパーリアリズムと言われると納得したのよ。
絵画、映画などのシュルレアリスムは何となく分かるけど、写真ってどんなのを言うのかと思い、見に行ったのよ。アヴァンギャルドとどう違うんだろう…
残念ながら写真展は昨日で終わったようだよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/41104949

この記事へのトラックバック一覧です: ■シュルレアリスムと写真 [写真展]:

« ■ザ・フィースト [映画] | トップページ | ■ブルーマングループ [音楽劇] »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ