フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

最近のコメント

« ■11:14 [映画] | トップページ | ■エイリアン展 [博物館] »

2008.05.18

■クローバーフィールド [映画]

CLOVERFIELD
クローバーフィールド/HAKAISHA』(2008)アメリカ
 監督:マット・リーヴス 脚本:ドリュー・ゴダード
 製作:J・J・エイブラムス ブライアン・バーク
 出演:マイケル・スタール=デヴィッド T・J・ミラー

N.Y.州マンハッタンのアパートで愛し合うロブとベス、だがロブは日本への転勤が決まった為ベスに別れを告げる。
出発前夜、友人達がロブを見送る為にサプライズ・パーティを開いてくれたが、ベスは男性と一緒に姿を現す。気まずい二人、彼女は早々と帰ってしまう。
突然轟音が響き、皆で屋上へ行くと遠くで爆発が起き、自分達の所まで火の玉が飛びかう。
ロブは兄や友人達と共に戸外へ出るが、破壊は続き、逃げ惑う人々、街に混乱が渦巻く。そんな中、ロブはベスの身を案じ、彼女のアパートへ行くと主張する。友人ハドはハンディ・カメラを抱えたまま…パニック/SF/サスペンス

11:14』を観て、「おぉ、これは斬新」と思ったが、その感想をあっけなく吹き飛ばした「クローバーフィールド」。
以前から話題になっていて、「これは絶対観に行かなくては!」と固く決心していた。子供の頃からSFとパニック映画が大好き♡
観て良かったなぁ~ 期待以上!

冒頭からパーティ・シーンだと思い込んでいたら全然違っていて、正直恋愛映画は苦手だからボーッと…これが「伏線」なのね、途中で差し挟まれる映像に胸が痛くなる。演出が上手いなぁと感心してしまった。
そして、やっと爆発シーンで火の粉が降り注ぐ辺りからハラハラドキドキ、俄然面白くなって来た。
揺れるハンディ・カメラの映像はまるでジェットコースターのよう、リアルで説得力がある。
観ていて思ったのは「9.11に遭遇した人が逃げる道すがらずっと撮影していたらこうなるのかも…」
そして、アニメはあまり観ないけど「エヴァンゲリオンにこんな雰囲気のシーンがあったような…」

以前、電車に乗っていたら急停止した事があって、車掌がバケツを片手に前方に走り去るのを見た事がある。しばらくしてから「人身事故でした」とアナウンスがあり、電車が動きだした。
すぐそばで目撃しておりながらも、断片的な情報のみで、知り得た情報をつなぎ合わせ、足りない部分は妄想で補完する。全貌が明らかになるのは、ニュースや新聞記事で。
この映画もそんな感じ。ロブ達は当事者でありながら、自分達が体験した範囲内で判断するしかない。全容を知る事ができるのは軍と観客のみかな? いや、製作者だな。ネタバレサイトを眺めているとますます謎が深まる。続編が待ち遠しい…

« ■11:14 [映画] | トップページ | ■エイリアン展 [博物館] »

映画 SF」カテゴリの記事

コメント

私も見てきて、同じような感想持ちましたよ。9.11に巻き込まれたら、こんな風に見えたかもという映画ですよね。

演出はうまいし、ストーリーも意表をつかれて面白かった。怪獣が醜悪なのは、やっぱりアメリカ映画だからかな。他の映画もそうですけれど、どこかで愛嬌を求める日本人と違って、アメリカ映画の怪獣は害虫扱いですね。

続編... みたいような、見たくないような(^^;

いつもコメントありがとうございます。
>ストーリーも意表をつかれて
そうですね。実際、災害に巻き込まれたら誰も彼も都合の良いように事が運ぶ物では無いので、これで良かったと思います。ただベスがあんな事故に遭っているのに動けるのが不思議でした。

>怪獣が醜悪
ゴジラもアメリカの手にかかるとあんな風になるんだと関心しました。最近観た『ミスト』も同じような雰囲気の物があります。
youtubeのTagruato社の事故ニュースを観てから続編が気になって仕方がありません。手が込んでます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/41228153

この記事へのトラックバック一覧です: ■クローバーフィールド [映画]:

« ■11:14 [映画] | トップページ | ■エイリアン展 [博物館] »