フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

最近のコメント

« ■ナイト ミュージアム [映画] | トップページ | ■ミスト [映画] »

2008.05.13

■ダーウィンの悪夢 [映画]

DARWIN'S NIGHTMARE
ダーウィンの悪夢』(2004)オーストリア/ベルギー/フランス

アフリカのヴィクトリア湖に何者かが大型の肉食魚ナイルパーチを放った。それにより、もともと生息していた多種多様な生物達が駆逐され、湖の生態系が破壊されている。
しかし、その淡泊な白身は食用に適し、ヨーロッパなどへ高く売れる事から、湖畔周辺の漁業は活気を帯び、タンザニアの町ムワンザにも人々が集まる…ドキュメンタリー

『ホテル・ルワンダ』『ルワンダの涙』といっしょくたにしてアフリカ映画として『ダーウィンの悪夢』を観ようと思って録画、単に自然破壊とか環境保護とか描いているのかなと見始めたら、これが大間違い!

うわ~何てこったい…こんな内容とは思いも寄らなかった。

人が戦争をするのは単に争うのが好きだからだと思っていた。
例えば、競争とかレースとか、人に負けたくないとか…規模が小さくても争いは争い。特に男性はそういうのが好きなのでは? マンガやゲームって延々と闘ってるじゃない。人に勝つ、他人より上と思える“優越感”に浸りたいんだろうな、と思っていた。
孤児達が食べ物で争うのは生きる為に必要なんだから仕方が無いと思う。
しか~し、警備員の言葉に唖然…そうだったのか!

書きたい事はいっぱいあるけど、まぁ観てくれよって感じ。
抵抗がある人はいるだろうし、懐疑的な人もいるだろう。
同じニュースを見ていても、テレビ局によって編集され、単に前後の言葉を削っただけでも違う印象になるしね。
この映画の編集の仕方で、製作者の都合の良いように観ている者の印象を操作しているのかもしれない。だけど、ドキュメンタリーだという事を忘れてはいけない、事実の一部ではある事を。

確かにタンザニアは失敗国家ランキングで“Alert”レベルではないけれど、先日放映された『情熱大陸』のケニアの方がよっぽど平和に見えた。

ロシア人機長がとても良いのよ、観ている者の声を代弁してくれる。
人口増加し続ける地球、この大陸では神による抑制/淘汰が行われているのだろうか?

« ■ナイト ミュージアム [映画] | トップページ | ■ミスト [映画] »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

大変な映画を観てしまいましたね。私もヴィクトリア湖と言えばシクリッド、と言うくらい熱帯魚に熱中していたころがあったので、ナイルパーチ放流には激しく憤りを覚えたものでしたが、この映画が語りかけてくるのはそんな次元を超えたものでした。考えてみりゃ熱帯魚を先進国の人間が欲しがるのだってエゴ以外の何ものでもないですしね。おっしゃるように人間も動物、自然の摂理による淘汰によって滅んでもそれはそれで仕方ないんでしょう。

ヴィクトリア湖と言えば、アフリカなのにヨーロッパ名で違和感を感じます。人類発祥の地でありながら未だ悲しい歴史を背負い続けるアフリカ、この先どうなるんだろう? みんなが救われる日は来るのだろうか?
そして『ホット・ゾーン』の地図でヴィクトリア湖の近くにエルゴン山キタム洞窟が書いてあったのでエボラ熱という先入観を持ってます。

>そんな次元を超えたものでした
そうですね。話がどんどん予想とかけ離れて行ってしまい、「魚のアラ」はかなりショックでした。
「貧乏人は親も子も孫も貧乏人、生まれた時に運命が決まっている」世界のほとんどの地域がそうで、日本を含む先進国は、ほんの一部とあらためて考えさせられました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/40859866

この記事へのトラックバック一覧です: ■ダーウィンの悪夢 [映画]:

» ダーウィンの悪夢 [雨の日の日曜日は・・・]
公開当時、その衝撃的な映像から大きな話題を呼び、幾多の賞を受賞した作品です。 内 [続きを読む]

« ■ナイト ミュージアム [映画] | トップページ | ■ミスト [映画] »