フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■THEM ゼム [映画] | トップページ | ■ジャンパー [映画] »

2008.02.24

■感染 [小説]

Infection by Senkawa Tamaki
仙川 環/著『感染』(2005)小学館文庫

ウィルス研究医として大学に勤務する葉月、同じ大学の外科医である夫の啓介の行動に不審感を持っていた。
そんな時、友人から夫が子供たちの臓器移植に関係していると告げられる。夫と前妻との間の子供が誘拐され、無残な姿で発見された。しかし、夫は行方知れず…ミステリー

女性が主人公で可哀そうな子どもが登場する。それにロビン・クックやジョナサン・ケラーマン等の医療サスペンスが好きな私にうってつけのテーマ。
だけど何だか、読み進める事ができない。かなり読みやすい文章なのだが、感情移入ができなかったのだ。

夫を信じる葉月、しかし小説の冒頭から不仲で彼と蜜月だった雰囲気が伝わらず、共感できない。とにかく印象的なのは妻子を捨て、自分をてごめにした男と結婚するなんて…
子どもの描写も曖昧で、顔にハテナマークがついた男の子としか想像できない。
そして、彼女の周囲に好感を持てる人物がいないのだ。信頼すべき警察が不愉快な存在とは…

ゼノファーマ社が登場してからやっと面白くなって来た、そこからは一気読み。最後になってタイトルの意味が分かったよ。
次作の『転生』を買うのを躊躇してしまうなぁ~

« ■THEM ゼム [映画] | トップページ | ■ジャンパー [映画] »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/40201466

この記事へのトラックバック一覧です: ■感染 [小説]:

« ■THEM ゼム [映画] | トップページ | ■ジャンパー [映画] »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ