フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

最近のコメント

« ■Arcangelo Festival [Live] | トップページ | ■地下展 [博物館] »

2008.01.19

■悪夢探偵 [映画]

NIGHTMARE DETECTIVE
悪夢探偵』(2006)日本
 監督:塚本晋也 出演:松田龍平

少女と中年男性の惨殺死体が相次いで発見され、状況から自殺と判断されたが、「夢の中で誰かに追いかけられているようだった」との証言を得、他人の夢の中に入れる“悪夢探偵”に霧島警部は協力を請う。
そして、二人の携帯電話には最後の会話の録音が残っていて、通話相手の“0”に関谷刑事が電話をかけるが、通じない。しかし、若宮刑事がかけると…ホラー/サスペンス

「こんばんは 夜も遅くなって来たし、そろそろ僕は死のうと思ってるんです。あなたはどうですか? 準備できましたか?」
「あ、今タッチしました」

公開当時、観たくて仕方が無かった『悪夢探偵』、とてもダークな雰囲気に惹かれた。
しかし、タイミングが悪くて行かずじまい、やっとWOWOWで鑑賞。もろ私好み、日本版『サイレントヒル』を塚本監督に作ってもらいたいくらいだ。よく考えると『鉄男』しか観ていないが、『妖怪ハンター』は原作漫画も好きなので、彼の映画作品は全て観ようか、という気にさせる。

画面も暗いが、雰囲気も暗い、話す言葉がよく聞き取れず、何度も再生し直した。特に警部とは到底思えない姿の霧島役のhitomiは何を言っているのか分からなくて困った。彼女は監督の好みなのだろうか。
だが、そこかしこに現れる不穏な存在、不安で心がザワザワする、その雰囲気が良い。
そして、若宮刑事の豹変ぶりに驚いてしまった。ここから、この映画にのめり込み始めた。探偵・影沼はとても情けないが、悲哀を背負った人間として描かれている。そして、ヤツも。
エンディングテーマ曲はフジファブリック蒼い鳥」、この映画に合っている。
『悪夢探偵2』が予定されているようだ、今度こそ映画館で観たい。

実際にこんな事件は無いけど、間際になって気持ちが翻るのはあるし、理解もできる。あの事件を思い出してしまった…

« ■Arcangelo Festival [Live] | トップページ | ■地下展 [博物館] »

映画 ホラー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/17756998

この記事へのトラックバック一覧です: ■悪夢探偵 [映画]:

« ■Arcangelo Festival [Live] | トップページ | ■地下展 [博物館] »