フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

最近のコメント

« ■地球外生命体捕獲 [映画] | トップページ | ■ディセント [映画] »

2008.01.04

■メフィストの牢獄 [小説 MS編]

Burnt Bones by Michael Slade
マイケル・スレイド/著『メフィストの牢獄』(2007)文春文庫

男達が拉致され、拷問の末に殺された。共通点は“キャンベル”姓、スコットランド移民の子孫。
犯人はメフィスト、古代巨石文明に取り憑かれ<秘宝>を手に入れる為には手段を選ばない男。
カナダ騎馬警察の一人が誘拐され、犯人からメールと体の一部が送りつけられた…サスペンス

ディクラーク警視正を先頭に、極悪非道な犯罪者を追い詰めるカナダ連邦騎馬警察<スペシャルX>シリーズ7作目。悪趣味なサイコ・スリラー小説である。
とは言え、今回はいつもと違っている。残虐には残虐なんだけど、私の感性が麻痺したのかしら? 物足りない…いつもと同様にまんまと騙されたけどね、私って素直(笑)
だからこそ面白い、私の想像通りにストーリーが進んだら、面白味が半減するから、どんどん私を裏切って欲しい。そして、その期待に応えてくれた。でも、でも…なんじゃ、この終わり方は。

史実も交え、過去と現在を行ったり来たり、日本の事件も例として登場する。そんなところがリアリティさを増すが、この本が出版されたのは1999年、もうレッド・ツェッペリンは解散した後である。
図書館のシーンが緊張感があって良い。先日観た映画『ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記』にも図書館が出て来たが、あんなお子様レベルではない。
魅力的な登場人物ジェナ・ボンドは、今読んでる小説『ガラスの暗殺者』の主人公ケイトと境遇が似ている。
帯のディーヴァーって歌姫じゃなくて作家だったのか、偏読の私には分からない事が多い。

本国カナダでは既に12作目まで発刊されている、英語がスラスラ読めたらいいな~ 出たばかりだけど、次作が待ち遠しい!

« ■地球外生命体捕獲 [映画] | トップページ | ■ディセント [映画] »

書籍 マイケル・スレイド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/17580762

この記事へのトラックバック一覧です: ■メフィストの牢獄 [小説 MS編]:

« ■地球外生命体捕獲 [映画] | トップページ | ■ディセント [映画] »