フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■ANEKDOTEN Tour In Japan 2008 [Live] | トップページ | ■Arcangelo Festival [Live] »

2008.01.13

■生首に聞いてみろ [小説]

The Gorgon's Look by Rintaro Norizuki
法月 綸太郎/著『生首に聞いてみろ』(2004)角川文庫

前衛彫刻家・川島伊作の最後の作品となった、一人娘の江知佳をモデルとした石膏像の首が何者かによって持ち去られた。
以前彼女はストーカーにつきまとわれた事があり、周囲の者達はこれを“脅迫”と受け止め、法月綸太郎に相談する…ミステリー

リンジーの小説を読んでいたのだが、主人公は女スパイという設定にどうにも抵抗があって、読み進める事が出来ず、以前から気になっていた本書を買ってみた。
ずっと、このセンセーショナルなタイトルに惹かれていたが、読んでみると何か違う。私が期待していたおどろおどろしい“怪奇幻想やサイコ・ホラー”ではなく、“本格ミステリー”なのだ。
こんなタイプは久しく読んでなかったから、アニメ「名探偵コナン」「金田一少年の事件簿」がイメージされてしまう。主人公の探偵が訪れるといつも事件が起きる迷惑な話で、たった30~60分で事件が解決する超人物語である。

しかし、本書の探偵・法月はあーでも無い、こーでも無いと悩み、人の話を鵜呑みにしてまんまと騙される。そして読者である私も一緒になって翻弄され、悩み、想像する。犯人はあいつか? こいつか? そもそも、事件はいつ起きるんだ~
かなり読みやすかったのでスムーズに進んだが、いつまで経っても背景描写ばかりで、やっと「来たー」と思ったら「あっさり」。
それでも、これがまた意外な展開で…

ま、私とは別世界に住む人々の愛憎人間ドラマですな。
話には関係ないんじゃないかなと思われる部分もあるけど、もしかしたらこれが伏線かもと騙されつつ、思い込みつつ、落ち着いて読めた、読後感良し。強烈な刺激が無いからこそ、万人にお薦めできる小説だと思う、さすが「このミス」1位。

« ■ANEKDOTEN Tour In Japan 2008 [Live] | トップページ | ■Arcangelo Festival [Live] »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/17686798

この記事へのトラックバック一覧です: ■生首に聞いてみろ [小説]:

« ■ANEKDOTEN Tour In Japan 2008 [Live] | トップページ | ■Arcangelo Festival [Live] »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ