フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

最近のコメント

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007.12.31

■若洲公園 [つぶやき]

品川区

風力発電今日は猫がたくさん生息する若洲公園に行って来た、年末だと言うのに…
若洲とは夢の島の先の埋立地、つまりゴミが堆積して出来た島なので、当然人は住んでないし、冬なので閑散としていた。でも、たくましく人懐っこい猫達がいっぱい、犬は皆無。
誰もいないゴルフ場とキャンプ場があるだけの対岸はビルが立ち並ぶ港区・品川区、う~ん都会だぁ。
冷たい海風を受けて回る風力発電のプロペラはビュンビュン音がして、下にいるとちょっと恐い。

今年はなかなか更新できず、訪問もできずで仕事優先だったけど、来年は趣味を充実させたいな、と。
良いお年を!

2007.12.30

■ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記 [映画]

NATIONAL TREASURE: BOOK OF SECRETS 鍵型パズルストラップ ←おまけのパズルストラップ
ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記』(2007)
 アメリカ
 監督:ジョン・タートルトーブ 出演:ニコラス・ケイジ

ベン・ゲイツの祖先がリンカーン大統領暗殺事件に関わっていると、古美術商のウィルキンソンから証拠を提示された。
汚名をそそぐ為、仲間と共にパリ、ロンドンを巡り、アメリカに戻って家族総出で謎を解明する…アクション/アドベンチャー

都会版『インディ・ジョーンズ』2作目、歴史の浅いアメリカの人たちが夢見るファンタジーを映像化。舞台がどこであろうとも、男の子ならこんな事を夢想するのかも。うちの裏山がクリスタルの洞窟だったら…
ニコラス・ケイジは『ゴーストライダー』のダークヒーローよりも『ナショナル・トレジャー』の知的で機転が利く男ベン・ゲイツの方が適役なのではないだろうか。

実は一週間前に観たのだが、やっと感想を書き始めた今、観ている間はそれなりに楽しめたけど、あまり記憶に残らない映画だったな、と。
とにかく悪役が悪人に徹してない中途半端さ、ロンドンの街をめちゃくちゃにしながらも誰も被害に遭わない都合の良さが目についた。ファミリー向けだから仕方が無いね、何しろディズニー。
スッキリ爽やかに映画は終わったが、今考えると「あれ?」果たして汚名はそそげたのかしら~

2007.12.18

■アロマ教室 [アロマ]

ハンドクリーム初めてアロマ教室に行って来た♪

そこで作った“ハンドクリーム”。
蜜蝋(ビーワックス)+カレンデュラオイルを電子レンジで溶かし、かき混ぜて固まったところで、ラベンダー+コパイパを数滴。小さな傷、つまりあかぎれに効く良い匂いのクリーム。
もっと良い匂いは重曹にオレンジのエッセンシャルオイルを数滴振りかけてよく混ぜた“重曹クレンザー”、油汚れに効果的だそうだ。

蜜蝋+ホホバオイル+オレンジスイートでリップクリーム、専用ケースを使う時は溶けた状態の物を流し込む。
肌につける物にレモンとグレープフルーツを使ってはいけない。顔に輪切りレモンのパックをすると、輪の形のシミ(皮の部分)になるそうだ、コワ~ 柑橘系は光毒性があると言うものね。
楽しかった、また行きたい!

でも、お昼ご飯を食べる暇無く出社して、仕事するのはもう嫌だな。余裕があってこその趣味生活を目指したい。

2007.12.13

■おそいひと [映画]

おそいひと
おそいひと』(2004)日本
 監督:柴田 剛 出演:住田雅清

兵庫県西宮市で一軒家に一人で住む、重度身体障害者の住田。
彼は介護者のサポートを受けながら、ボイスマシンで会話し、電動車椅子で行動し、ガシャポンを楽しむ。
そこへ、大学の卒業論文の為に介護を経験したいと敦子が現れ、彼女が発した言葉をきっかけに狂気の行動へとかき立てられる…サスペンス

ポレポレ東中野で鑑賞。大音量という事で、警戒して後ろの方の席についたのだが、それほどでもなく取り越し苦労だった。
のっけからWorld's End Girlfriendの曲にやられ、しかも映像が彼の音楽に合っているのだ。不鮮明で見づらいがモノクロの風変わりな映画に惹き込まれた。

後半、「長いなぁ」と思ってダレてしまったが、線路脇の夜道を車椅子でひた走る住田の姿が、『パリ、テキサス』でトラヴィスが砂漠をとぼとぼ歩く姿とイメージが重なり、一枚の古ぼけた絵葉書のようにも思え、結構好きなシーンである。

ストーリーとしては、健常者だろうが、障害者だろうが、誰が犯罪を行ったとしてもサスペンス映画としては今一つ。タブーに挑戦した(と言ったら大げさ、人が眉をしかめる程度の)インディーズ映画といったところかな?
そうだとしても、私にとっては“ありきたり”では無いところが魅力的だと感じた。特にラストシーンがシュールで良い。

イメージ的には悪くはないんだけど、カラーになった途端“ファンタジー”として終わらせるつもりなのかと思ってしまった(『グエムル』みたいにね)。
てっきり「遅い人」だと思っていたら「襲い人」なのね、だからサスペンス。

こんな事を思い出した。
知人に障害者手帳を持つ弱視の方がいて、きさくで記憶力の良い彼女に会計係を頼んだら、「あの人にお金計算できるの?」と言った人がいた。しかし、知人は1年間しっかりお金を管理してくれて、とても助かった。そして、知人のご主人は全盲、カメラで写真を撮るのが趣味である。

2007.12.10

■Lovecats [つぶやき]

Neko1しばらく更新していなかったけれど、その間、拾った子猫の世話に明け暮れていた。寝不足でも充実した日々…
残念ながら遠い世界へ旅立ってしまい、がっくり落ち込む日々…短い間だったけど、楽しい思い出しか無い。

そろそろ更新しようと、思い浮かぶのは
The CureLovecats
一番最初に聴いたキュアの曲、当時シングルレコードも買った。でも、今の気分には合わないな。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »