フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007.11.29

■ナンバー23 [映画]

THE NUMBER 23 クリア・ファイル ←おまけのファイル
ナンバー23』(2007)アメリカ
 監督:ジョエル・シューマカー 出演:ジム・キャリー

妻アガサと息子ロビンと共に暮らす平凡な男ウォルター・スパロウ。
古本屋で妻が見つけた『ナンバー23』というミステリー本を読みはじめると、主人公が自分の過去にそっくり。その本の影響を受け“23”という数字に取り憑かれてしまい、現実と空想の区別がつかなくなる…サスペンス

おもしろくない。
とにかく眠い。ダラダラしていて、ミステリーの緊張感が感じられない。

小説の内容が劇画風(アメコミ風)の雰囲気で表現されているのだが、白々しくて仕方がない。
第一、サックス吹きの探偵と言った時点でもう減点。男の憧れの象徴としてしか捉えられず「嘘です」と言っているような物、「ボクのパパはスパイだ」と言う空想好きの男の子と大差ない。
とにかく話に無理があり、リアリティが感じられない“ご都合主義”なストーリー。
例えば、ウォルターがホテルにいるとアガサはどうして知ってるの?
アガサが“パラパラ”と見た本をウォルターに“読み続けろ”と強制するのはいかがなものか。
全てがウォルターの脳内の出来事なら許してやる。
壁男』みたいに、あやふやな映画だった。

ジム・キャリーの演技は決して悪くは無い、むしろ二役をこなし、どちらの雰囲気も良かった。ちなみに『マスク』は嫌いな映画の一つではあるが、『トゥルーマン・ショー』は好きな映画の一つである。
『8mm』はとても良い映画だったのに残念だ、シューマカー監督。
ようするに脚本がダメダメな映画と言えよう。アメリカで『マイティ・ハート』と共にコケた映画だったらしいが、その事に(1,300円も払って)充分納得できた。
何よりも、ジム・キャリーのシリアスな演技作品の役名が“スパロウ”って、ジョニー・デップを意識してるのかと余計な事を考えてしまう。

2007.11.24

■Lotus [アロマ]

蓮Lotusリゾートアロマ
またまた“はす”のアロマ。れんこんの煮物はよく作るけど、池の中に咲いてるから蓮の花の匂いって一度もかいだ事が無かった。甘く上品な香りにウットリ。

今日聴いてるのは、
福原まりOctave
こりゃまた、更にクラシック寄りで上品な音楽。

今日は初・アロマ教室に行こうと思っていたのに、突然の出勤要請。明日も仕事だ…

2007.11.19

■Star Light [アロマ]

スターライトStar lightリゾートアロマ
ちょっと柑橘系の甘さが漂う、星明かりをイメージしたフレグランスオイル。ホワ~として心地良い。

昨日からずっと聴いてるのは、
福原まりpieta』(2007)
全く彼女を知らなかったが、テクノポップの時代から活動していた方らしい。
たまたま耳にした「幻想」があまりに素晴らしく、緊張感のある室内楽、シアトリカルな音楽、悲壮なロマンスと言ったイメージ。
もろクラシックは苦手だがシンフォニック・プログレとか、クラシック風のロックは大好き、梶浦由記をもっとクラシカルにした感じかな?

2007.11.17

■SAW4 [映画]

SAW IV ←ブックレット、チケット、パンフ
ソウ4』(2007)アメリカ
 製作総指揮: ジェームズ・ワン、リー・ワネル 他
 監督:ダーレン・リン・バウズマン 出演:トビン・ベル

死体安置所にてジグソウ=ジョン・クレイマーの遺体解剖中、彼の胃の中から一本のカセットテープが発見された。ただちにホフマン刑事が呼ばれ、メッセージが再生される。
同僚のエリック刑事を探し続けるSWATのリッグ隊長。彼はあらたなプレイヤーとして選ばれ、残酷なゲームに参加させられ試される。しかし、ジグソウは死んだはず…サイコ・ホラー

最初からグロい。映画の前に何も食べなければ良かったと後悔…でも、『レベル・サーティーン』よりはマシだし、『医龍』観たばかりだし

』『』を観ていない人が多いだろうから、あまり多くを書けないが、今回もより陰惨に、より複雑になっている。しかし、どうやっても『SAW』の衝撃を越える事はできない。だから、同じような事をさらに刺激的でひねった内容にしているのだろう。ちゃんと以前の作品を観て、おさらいしておかないと顔や名前が一致しないよ~ あんた誰?状態。

それでもテーマ曲を聴くとワクワクする、『バイオハザード』シリーズもね。
エンディング曲はV系バンドの歌い方だなと思っていたら、えっくす日本だった。これに思い入れは無いけど、宗教から脱する事ができたのかな。
Cherish Your Life !
ネタバレ

2007.11.16

■金木犀 [アロマ]

きんもくせい金木犀coto.香油
どうやら身近で思い入れのある香りほど、自分の持っているイメージとのギャップを感じる。
沈丁花もあれば良いと思っていたが、またガッカリしそうなので無くて良かったのかも。

これはこれでまろやかで甘い匂い。

今日は色々聴いたけど、
Susumu YokotaSymbol』(2004)
クラシックか民族音楽か分からない、美しくもつかみ所のない、浮遊感のあるエレクトロニカ。
World's End Girlfriendの次に気になってる日本人アーティスト。

2007.11.14

■撫子 [アロマ]

なでしこ撫子coto.香油
これはテスターが無かったけど、カンで買って来た。アタリ~
可憐な香りで結構心地良い。

そして今日聴いてるのは、
Kim FoxReturn to Planet Earth』(2003)
舌足らずのベタベタな歌声が苦手だったけど、どうしても「Lady Bug」が耳から離れない。何度も聴いてるうちに慣れてしまったし、それ以上にこのポップでドリーミーな曲に魅力を感じる。
今では可憐な歌声と思えるようになったよ。

2007.11.12

■総武クッキー [お菓子]

そーぶくん総武クッキー
ゾンビーノ』は六本木ヒルズでしか上映して無くて、上映時間まで間が合ったので、テレビ朝日に行って来た(おのぼりさん気分)。
他にもお菓子を買ったんだけど、この『時効警察』のそーぶくんクッキーはうまい~
入っている枚数は少ないけど、手作りクッキーに近い味がするので、また買ってくるつもり。

2007.11.10

■ゾンビーノ [映画]

Fido Image1587バッグ ←おまけの手さげバッグ
ゾンビーノ』(2006)カナダ
 監督:アンドリュー・カリー 出演:キャリー=アン・モス

“ゾンビ戦争”に勝利した人類は町の周囲にフェンスを築いて安全を確保し、外の世界を“ゾーン”と呼び、荒廃しゾンビが徘徊する地域とした。“ゾムコン社”はゾンビをコントロールする首輪を開発して、召使として利用していた。
いじめられっ子のティミーは父親にさえ遊んでもらえず、いつも孤独。そんな時、母がご近所の見栄の為にゾンビを家に連れ来た…ファンタジー

まるで、1950年代のみんなが幸せだった頃のアメリカ、レトロポップな世界。
首輪の赤いランプが点灯している時だけおとなしいゾンビ達。しかし、いったんランプが消えると…ムシャムシャ。
この差が、このセンスが良い(悪趣味)。
ほのぼのして、ほんわか楽しい気分で鑑賞できた、結構満足。『アメリ』を観た後のような気分、でも『アメリ』好きには薦められないなぁ(笑)

何より勧善懲悪なところが良い、嫌な奴はみなゾンビ。笑えるホラー映画、ブラックなファミリードラマ。お子様にもお薦め~
奴らはもう死んでいる… Crazy Wonderful Zombie !

2007.11.07

■若竹 [アロマ]

Image1585若竹coto.香油
店のテスターでは甘くて良い匂いだと思ったけど、やっぱ竹って言われれば、そうかも。“天然植物精油配合”、つまりイメージでブレンドしているから、本物の竹とは違う。採れた場所によって竹の香りに違いがあるのかも。

爽やかなイメージ、それほど青くさくは無い。

それで、今日聴いているのは、
加古 隆夜明け/L'AUBE
きれいなピアノだけど生真面目な感じ、ジャズというよりクラシックの雰囲気。

2007.11.06

■紫陽花 [アロマ]

あじさい紫陽花coto.香油
あじさいってこんなにいい匂いだっけ?
半透明なフルーツの甘く、おしゃれな感じのイメージ。

聴いてるのは、
小曽根 真Ozone
まぁ、たまにはジャズも聴くのよ。華麗なピアノ演奏ね。
今、読書中だからこんな音楽がちょうど良い。


2007.11.05

■黒幕は闇に沈む [小説]

An Absence of Light by David Lindsey An Absence of Light by David Lindsey
デイヴィッド・L・リンジー/著『黒幕は闇に沈む』上下巻(1998)
新潮文庫

ヒューストン市警犯罪情報部グレイバー警部の部下達が死んだ。情報漏れを疑い、仲間と共に秘密裏に捜査を始める。どいつが裏切者で、誰を信じたら良いのか。
ある組織に辿り着くが、部下達の背信行為に苦悩し、彼らの運命を狂わせた黒幕に翻弄される…サスペンス

金持ちの色男ヘイドン刑事から、妻に逃げられハゲかけたグレイバー警部に交代。でも、モテる事に変わりがない。
ヘイドンは顔が広いが基本的に一匹狼、グレイバーは人望があり彼を信ずる者達が周りを固める。

内容は二転三転して面白い、面白いけど盛り上がりに欠ける。だから、読むのに時間がかかってしまった。
やっと夢中になれたのは、みんなで黒幕の裏をかくところ、つまり下巻後半。そして、印象的だったのはこれと言って特徴の無い情けない男。
意外な展開もあるし、爆発シーンもあるから、この小説は映画化にむいていると思う。

狂気の果て』のようにスッキリしないラストだったけれど、今後の主人公グレイバーに期待したい。と言いたいところだが、以後の小説には登場してないようだ。
やっぱりねぇ、みんなの意見も聞かずグレイバー一人の勘に頼る捜査に危うさと無理を感じる。

2007.11.04

■バイオハザードIII [映画]

Resident Evil : Extinction ポストカード、3枚つづり ←おまけ ポストカード(3枚)
バイオハザードIII』(2007)アメリカ
 監督:ラッセル・マルケイ 出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ

更に進化し能力を高めるアリス。一人、生き残りの人類を探す為、荒野を疾走する。
世界中にアンデッドがはびこり、残った少数の人類は各地を転々とする生活を余儀なくされる。その中の一団“クレア・レッドフィールド車団”と出会い、彼らを安住の地へ送る為に闘う…SFアクション・ホラー

いや~、泣けたね。自己犠牲だよ、泣けるホラー映画ってのも珍しい。

思えば出会いは、初めてプレステを操作した時だったろうか、ゲーム『バイオハザード』のオープニングは映画を観ているようで素晴らしかった。しかし、操作がままならず横歩きのまま部屋をウロウロしてたっけ。そして挫折…そんな情けない私が、『バイオハザード』の世界を堪能できるのは映画ぐらい。
ヒット作だからお金の掛け方が違うせいか、続編が作られる度、面白くなって来るのは良いね。
前作への思い入れというのもあるから、出演者がダブっている方が望ましい。おぉ~カルロス!

・最初のラジオ局の一味の目的がよく分からない。
・カラスと言えば『28日後…』を思い出す。
・アリスの血清を使ってアンデッドを手なずけるってのは『ゾンビーノ』に続くのかな(笑)

それにしても、エンドロールになって驚いた。あの日本語の歌は何? 洋画を観ていたはずなのに、急に現実に引き戻されて余韻に浸れなかった、ガッカリ。
ゲームの方はもうやってないから分からないけれど、徹底した世界観の上でCAPCOMは作っているのではないだろうか。それなのに吹き替え版でなら理解できるけど、字幕版でイメージを壊すような事をするなんて…DVD化の際はくれぐれもあの歌を使わないで欲しい。
ネタバレ

2007.11.02

■インベージョン [映画]

THE INVASION
インベージョン』(2007)アメリカ
 監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル 原作:ジャック・フィニイ
 出演:ニコール・キッドマン ダニエル・クレイグ

地球に帰還途中のスペースシャトル・パトリオット号が爆発し、破片が全米中に散らばった。その残骸には胞子状の未知の物体が付着していた。
精神科医・キャロルに患者が「夫が見た目は同じなのに別人だ」と訴える。そしてキャロルは元夫・タッカーの様子に違和感を覚えながらも、息子・オリバーを預けてしまう…SF

ジョディ・フォスターやジュリアン・ムーアしかり、ニコール・キッドマンも子供を守る母親役の年代になったのだね(忘れてた、『アザーズ』でも神経症の母親役だった)。
それにしても、彼女がSFですか…恋愛ドラマのイメージが強く、美しいしキュートなんだけど、主演のサスペンスドラマはどこか軽々しく感じていたのだよ。
だから、この映画でも今一つ子供を守る必死さが伝わってこない(妬みもあるかも~)、他力本願な雰囲気もあり。まぁ、素敵な彼女を男性がほっとく訳が無いしね、そんなほっとけない男性向けにサービス・シーンあり。

大好きなジャック・フィニイ『盗まれた街』の映画化で一番印象的なのは、やはりドナルド・サザーランド主演の『SF/ボディ・スナッチャー』(1978)人面犬が有名。
で、こちらの『インベージョン』はこじんまりとまとまっていて無難路線。ホラー好きの私が一番気味悪いと思ったのが“会議の給仕達”ってのはどうなんだろう。
とは言え、病原菌の説明や子供を守らなければならない理由等に説得力があるし、他の映画では退屈な会食シーンはロシア大使ヨリシュのおかげで面白く感じた。
でも、繭が無いよ(←これ重要だと思う)。

2007.11.01

■藤 [アロマ]

藤coto.香油
中学が山の上にあったので、たわわに咲き乱れる藤の花の季節が大好きだった。
葡萄のような甘い匂いのイメージ、資生堂の香水『むらさき』が私の中では近い。

でも、このアロマオイルは草っぽい。

今日聴いたのは、
DECODER Soundtrack』(1984)
The Theのマット・ジョンソンとか、Psychic TVのジェネシス・P-オリッジとかEinstürzende Neubauten(ノイバウテン)とかなんで、ヘンな音楽。
その昔、渋谷のユーロスペースで映画を観たけど内容忘れちゃった。チケット半券とシールはまだ持ってる。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ