フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■N.O.S [Trans / SSE] | トップページ | ■オムニバス [Trans / SSE] »

2007.10.23

■Highlands & Favorites [Trans / SSE]

Highlands & Favolites
V.A『Highlands & Favolites』SSE-4048CD (1996)
SSE COMMUNICATIONS

01. 「intoroduction」
02. 大陸男 vs 山脈女「Spain」
03. DIFFERANCE「Candles in the Rain」
04. 黒百合姉妹「Little Star」
05. さかな「Affection」
06. HOUSESIDE「3rd Hallucination」
07. 西川恭「その声を聞いたよね」
08. RUINS「Human Being」
09. BACTERIA「Another Fall」
10. ゲロゲリゲゲゲ「The Tune of B-1」
11. ヤマジカズヒデ「天使」
12. ポコペン「Pill of December」
13. FUNHOUSE「Angel」

SSEのコンピの中でもっともお気に入りのアルバム。聴くのが耐えられず送ってしてしまう曲もあるけど、何十回もリピートしている曲もある。
これがきっかけでアルバムを買ったのが、ハウスサイドバクテリアファンハウス。でも、今も活動しているのはバクテリアのみ。
M06. HOUSESIDEはけだるいサイケ~
M09. BACTERIAはスカッとしてかっこいい曲。HPの“SCHEDULE”を更新してくれるとありがたい。
M13. FUNHOUSE(Pigmen)胸がキュンとなるほど切なく熱いロック、素晴らしい! と感激してアルバムを買ったらハードコアパンクでビックリ。それでも凝りずにこれが欲しい。

ディファランスはノリの良いサイケ、さかなはおしゃれな渋谷系、ゲロゲリゲゲゲは森尾由美とのディープな語らい(一方的)。
で、Amazonの『My Favorites』はこれの事かな?

« ■N.O.S [Trans / SSE] | トップページ | ■オムニバス [Trans / SSE] »

音楽」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。僕は、30代前半ですが、よく HOUSESIDEのライブを観に行きました。CDとは異なりAYAさんの声は、不安定で聞き取りづらいところがあって、それが逆によかったり、ギターの下重さんは、ただひたすら”天才”という印象でした。実家のどこかに、当時のライブのテープが何本かあるはずなんですが・・・。CDに収録されている以外の曲が、メインリストで3rdアルバムが出たとすれば、それらの曲だったかもしれません。

初めまして
私はリアルタイムで聴いていたわけではなく(この頃はJ-POP聴いてました)後聴きでしたので、当時の情報ありがとうございました。
ハウスサイドの2枚のアルバムが気に入っていたので、ONOFFとKOREAN BUDDHIST GODも聴いてみましたが、音楽のジャンルが変わっていました。時代だったのか、彼らの目指す音楽が違っていたのか…私はサイケで浮遊感があるHousesideが好きです。

同感です。僕は、姉の影響もあり、当時 SSEレーベルのバンドが好きでいろいろ聴き漁っていたのですが、BLANKTAPESでHOUSESIDEが好きになりました。つたない記憶を辿ると、dipのヤマジさんや、カップリングツアーをやったBACTERIA等のメンバーからは、評価が高かったと記憶してます。
当時のインタビューなどでは、基本的に自発的にライブはやらず、呼ばれないとやらないと言ってました。また結成当初は、4ピースのバンドで男性のベーシストがいたそうで、よくサボることからクビになり、AYAさんが、ベースを弾きながら歌うことになったみたいです。実に不思議なたたずまいのバンドで、生死の賭けに勝つよりも、じゃんけんに勝つほうが嬉しいらしく、CDも出せたらかっこいいからというスケベ心からだと本気なのか、冗談なのかわからない人達でした。他にもエピソードがありますが、AYAさんの声とあのバンドサウンドどうりの霞のようなバンドでした。

当時の様子を教えていただき、ありがとうございます。
音楽雑誌もプログレ関係くらいしか買ってなかったので、インディーズに疎い時期でした。
>4ピースのバンド
最初は下重さんとアヤさんだけの2人のグループと思い込んでいて、アルバムに3人の名前が書いてあったのを見て初めて3人組と知りました。もう一人の方は今は何をやっているんでしょうね。
>霞のようなバンド
Housesideを知ったのは2000年代に入ってからなので、当時のライブを観てみたかったですよ、イメージ通りのバンドだったのですね。
今度Bacteriaは観に行こうと思ってます。

初代のベーシストの方は、2ndアルバム製作時にプロデューサー的な立場だったみたいです。だからといって本格的な役割ではなく、自分たちの作った音を客観的にとらえてもらうためにいてもらった感覚みたいです。ちなみに、1stは結構考えすぎてしまったきらいがあったそうで、2ndは割とラフな感じで製作したらしく、1stの約半分の時間で製作したそうです。そういうとらえかたで聴くと、2ndの曲によっては、荒い部分や危うい部分もありますね。
ライブについては、CDの音源よりもいい意味で、荒々しい感じでしたね。たたずまいからくる音のギャップが素敵でした。BACTERIAも結構ライブに行きましたが、ギターのノイズにやられました。かっこよかったです。現在はわかりませんが、近年のZOAのドラムの人が叩いてました。

コメントが遅れてしまってすみません。最近、眠くてBLOGをサボり気味です。
takeさんはHousesideについて詳しいですね。さすが、リアルタイムで聴いていただけあります、うらやましい。私はCDの曲以外は知らないので情報を教えていただいて助かります。そう言えばメンバーもボーッとしたCD写真しか見た事ないです。

>1stは結構考えすぎてしまった~
そうだったんですか。今まで何となくCDを聴いていたので、そういう状況を考えてあらためて聞き直すと、また違った感想が浮かびそうです。私はアヤさんの「危う気な」ボーカルが好きです。

おつかれさまです。調子に乗ってもうひとつ。
1stのジャッケットにメンバーの写真が写ってますが、
あんまりよくわからないですね。
AYAさんは、小柄な方で髪型も少年のようにベリーショート
で少しハーフっぽいきれいな顔だちの方で、雑誌に美少女と書いてあったような。
下重さんは、常に前髪が長い方で顔の判別がつかず、たとえるなら、RADIOHEADのジョニーグリンウッドのような髪型で男前でした。ちなみに、ライブハウスでたまたま横にいらっしゃったことやニアミスのことがあったんですが、そのときまったく自分は気付かず、話すきっかけを失う苦い経験がありました。
ドラムの神美長さんは、2ndの後すぐに脱退したみたいで、ライブはサポート人が叩いてました。
余計なことをもうひとつ。
歌詞に関しては、お互い添削して作っていたらしく、CDに収録されているものでさえも完成系ではないようで、歌詞カードを作らなかったそうです。逆にそれが謎の多そうなバンドに感じる要因のひとつなのかもしれません。

1stの本田綾さんは水色のジャージの方でしょうか?どんな人か分からなかったので勝手に想像していました。

以前Housesideの事を調べた時、ooioo、dElAwArE、SURFERS OF ROMANTICA等は出て来たのですが、下重守さんはガイアの病、KOREAN BUDDHIST GOD止まり。Kaminagaさんに至っては全く情報が無かったのですが、やっと分かりました、漢字が「神美長」だったのですね。

>謎の多そうなバンドに感じる要因
歌詞はよく聞き取れないところに浮遊感やミステリアスさを感じていました。

>水色のジャージの方でしょうか?
そうですよ。あのジャケは、ファン泣かせですね。いまいちどなたなのか判別がつきませんから。
 こうやってnicoさんとやり取りをして感じるのは、極端に情報量が少ないバンドなんですね。ライブの数も少なかったし、客がたくさん入っていたとも言いがたいですが、割と音楽ライターの方や業界筋の方には評価が高かったように記憶しているので、もう少し情報が飛び交ってもよさそうな気がします。アンダーグランドの性ですかね。

>アンダーグランドの性
そうですね。いいバンドだからもっと他の人達にも聞いて欲しいし、知って欲しいのですが、試聴できる所も無いし、インディーズ好きな人達の中の一部が知っている程度なのでしょう。
まぁ、メジャーになっても受ける音楽とは思えませんが、再結成して欲しいバンドです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/16845220

この記事へのトラックバック一覧です: ■Highlands & Favorites [Trans / SSE]:

« ■N.O.S [Trans / SSE] | トップページ | ■オムニバス [Trans / SSE] »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

無料ブログはココログ