フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

最近のコメント

« ■Giardini di Miro [00s Post Rock] | トップページ | ■忠治 [演劇] »

2007.07.06

■トランスポーター/トランスポーター2 [映画]

THE TRANSPORTER THE TRANSPORTER 2
トランスポーター』(2002)アメリカ/フランス
 監督:ルイ・レテリエ コリー・ユン
 出演:ジェイソン・ステイサム スー・チー
トランスポーター2』(2005)フランス/アメリカ
 監督:ルイ・レテリエ リュック・ベッソン
 出演:ジェイソン・ステイサム ケイト・ノタ

退役軍人のフランクはプロの運び屋。
自分の決めたルールにのっとって仕事を請け負っていたが、車のトラブルのせいでそのルールを破って積荷を見てしまい、事件に巻き込まれる<トランスポーター>
裕福なビリングス家の息子ジャックの送迎という地味な仕事を請け負っていたフランク。ジャックを病院に連れて行くと何者かが彼らを襲う<トランスポーター2>…アクション/サスペンス

カーチェイスに格闘技、陸海空を舞台にド派手なアクションを見せる『トランスポーター』、メチャメチャ面白い。
TAXi』のダニエル(サミー・ナセリ)とは違って、沈着冷静なフランク(ジェイソン・ステイサム)、あまり美形ではないところがミソ。
テンポが速くて先が予想できない、つかまるーと思っていると素早く状況を判断し、あり得ない行動に出るフランク。
そして、一人の男を殺す為にロケットランチャーを発射するあり得なさ、やっぱフランス映画はハチャメチャだわ~ あの手この手で楽しませてくれた。で、バスの運転手はどこ?

昔のフランス映画ってギャングのノワールにおしゃれな恋愛映画ってイメージだったけど、私が観る映画の傾向が偏っているせいか、私の持ってるフランス人のイメージって、泥棒に銃に暴力。そしてマヌケな警察。
やっぱ他国と地続きである大陸の人々って価値観が違う。常に危険と隣り合わせでいつでも緊張感を持って生きてる感じ、喰うか喰われるか。

続けて『トランスポーター2』を観たけど、今度はアメリカ・マイアミが舞台。
オープニングがかっこよかったが、子供の運転手だなんて…ある意味、意外な展開。
悪役はいいが、あの薬の着色はいかにもでワザとらしい。
そして後半、『ダイ・ハード』じゃないんだからさ、飛躍しすぎ。派手であれば良いというモノではない、やっぱ『トランスポーター』の手作り感とアクのあるB級くささの方が好みだ。
それでも、どちらも手に汗握り、スカッとする映画だった。

製作・脚本を手がけたリュック・ベッソン監督、なるべく鑑賞するようにしているが、一番最初に観たのは『サブウェイ』(1984)、もちろん当時の映画館で。

« ■Giardini di Miro [00s Post Rock] | トップページ | ■忠治 [演劇] »

映画 アクション」カテゴリの記事

コメント

このあいだ、WOWOWで見ました。1のほうは面白かったですよね。また舞台をフランスに戻して3を作らないかな〜

>また舞台をフランスに戻して3を作らないかな
同感です! フランスが舞台の方が新鮮味があって良かったです。「2」は出来すぎというか、作りすぎというか、ワザとらしいし、感情移入できませんでした。アクションは面白かったんですけどね。こんなに大作にしてしまうと「3」は作りにくいかも。

2の悪役で、ステンサムを投げ飛ばしていたのは、現役のボクシングヘビー級チャンピオンなんですよ。
この間、負けちゃったけど。

トリビアでした。

あぁ、最初のバーで重さを言って、バックウィンドウから覗いたヒゲ男ですね、印象的でした。闘っている時に身体がかなり大きい事が分かりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/15665882

この記事へのトラックバック一覧です: ■トランスポーター/トランスポーター2 [映画]:

» トランスポーター2 [雨の日の日曜日は・・・]
もうハリウッドのカー・アクション映画には飽き飽きだ、と思っていたのですが、1が中々だったので、まぁ観てみようかとあまり乗り気じゃなく見始めたのですが、期待以上でした。 ともかく主演のジェイソン・ステイサム... [続きを読む]

« ■Giardini di Miro [00s Post Rock] | トップページ | ■忠治 [演劇] »