フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

最近のコメント

« ■エイジア in ASIA 2007 | トップページ | ■シガテラ1~4 [コミック] »

2007.07.22

■CUBE ZERO [映画]

キューブ・ゼロ
CUBE ZERO』(2004)カナダ
 監督・脚本:アーニー・バーバラッシュ
 出演:ザカリー・ベネット ステファニー・ムーア

片方裸足の男が立方体“CUBE”の部屋へ下りてゆくと、ノズルから液体が噴射され、身体がだんだん溶けてゆく。
その様子を監視する男達、ドットとウィン。
CUBE内の被験者・レインズにだんだん魅かれていくウィン、彼女の書類にだけ同意書が無い事に気付き…SF/ホラー

目覚めると立方体の部屋、上下左右前後に設置されている小さな扉(ハッチ)を抜けるとまた同じ部屋が続く。しかし、同じように見えても、時折トラップ(罠)が仕掛けられた部屋があり、運の悪い者、謎を解き明かせなかった者が犠牲になる。そして、どこに、誰が、何故閉じ込められたのか分からない密室スリラー映画『CUBE』(1997)。

『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』『SAW』など新鮮な驚きがあった、そして『CUBE』も斬新な映画だった。
CUBE2』(2002)はCG満載でリアル感が減り、何よりあのラストが後味悪く納得行かない。
やはり世間ではこのシリーズ3作目、『CUBE ZERO』も評判が今一つみたいだけど、私は結構好きだな。

今回は“キューブ”の管理者側が出てくる、ちょっと異様で良いね。それから“キューブ”の無機質な雰囲気がレトロSFのようになっていて、1作目の前の“ゼロ”。
最初の方はグロだけど、それほど刺激的でもなくなり、正直言って眠くなったけど、ひたすらウィンがどうなるかが気になって観た。
システムを操作するウィンとドットも管理者により、監視される存在。そして、レインズを救う為行動するウィン、ウィンの為に行動するドット。ホラーというよりも人間ドラマとしてみたから、感情移入できて良かったよ。
難点は、ハイパー軍人はどうかな?ってとこ。

まぁ、少女はどうしてたんだろうとか、管理者の上司は○○か、とか細かい説明は無いが、このシリーズは観客を放置して、勝手にあれこれ想像・推理させるのも話題になったしね。

« ■エイジア in ASIA 2007 | トップページ | ■シガテラ1~4 [コミック] »

映画 ホラー」カテゴリの記事

コメント

だいぶ前ですが、第1作目をビデオでみました。
緊張で体がコチコチになってしまったです。

あの緊張に耐えられるか、と思うとシリーズに手が出ないでいます。

初代キューブはホントに独創的でした。
不条理物としてカフカっぽかった。

>今回は“キューブ”の管理者側が出てくる、ちょっと異様で良いね。
この辺の描写、ハロニコさん、お好きだと思いました。

>『CUBE ZERO』も評判が今一つみたいだけど、私は結構好きだな。
ウン、2よりはイイよね。

>ろ~ずさん
>緊張で体がコチコチ
1作目は衝撃的でしたね。そういう刺激を求めてしまう私、以前はスプラッターがダメでしたが、最近では物足りなく感じて、もっと怖い映画は無いかと探してしまいます。
で、この『ZERO』はそれほど怖くないですよ。最初がグロなだけで、後は作り物っぽい。特にお薦めするほどの映画では無いですよ。

>晴薫さん
1作目は低予算ながら、あの狭い空間でスリル溢れ、謎に満ちた映画でしたね。アイデア勝負。
>ウン、2よりはイイよね
そうですねー、2は期待し過ぎたというのもありましたが、CGでニセモノくさく、ラストがありきたりで衝撃は無かったです。この『ZERO』はツッコミどころもありますが、主人公に共感でき、そこそこ楽しめました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/15839014

この記事へのトラックバック一覧です: ■CUBE ZERO [映画]:

» CUBE ZERO/キューブ ゼロ [雨の日の日曜日は・・・]
「キューブ」というクールで不条理な処刑機械は、 まさにハイテク時代のカフカ的悪夢 [続きを読む]

« ■エイジア in ASIA 2007 | トップページ | ■シガテラ1~4 [コミック] »