フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

最近のコメント

« ■ゼイリブ [映画 JC編] | トップページ | ■今日の1枚 [Strawberry Path] »

2007.05.19

■ダーク・ウォーター [映画]

Dark Water
ダーク・ウォーター』(2004)アメリカ
 監督:ウォルター・サレス 原作:鈴木光司
 出演:ジェニファー・コネリー アリエル・ゲイド

離婚調停中のダリア、一人娘のセシーをめぐって夫と親権を争っている。
古い10階建てアパートの9階へ娘と共に越して来たが、水道水に毛髪が混じり、天井から水が滴り、洗濯機から水が噴き出したりと不穏な出来事が続く。
母親とのトラウマを抱えたダリアは精神的に追い詰められ、セシーも不安定になってゆく…ホラー

邦画『仄暗い水の底から』のリメイク、オリジナルを観ていないし、ましてや原作も読んでいないので、母親と娘が水びだし程度の知識しか持ち合わせずにハリウッド版を観た。
てっきり、誤って沈めてしまった母親の罪悪感かと思っていた、つまり母親の勘違い映画ではないかと思っていたけど違うのね。

とにかく暗い。
ずっと雨が降り続き、黒い水が漂う。雰囲気も暗いが画面も暗く、目をこらして観なければならなかった。
何となくスパニッシュ・ホラー『ダークネス』を連想、あの映画も暗くて何が起きてるのやら、考えながら観たから疲れた。

エレベーターの中のダリアの手は何か意味しているのだろうが、ただ手を曲げているような雰囲気しか伝わってこず、 もっと驚いて欲しかったなぁ~ すんなり受け入れられちゃうとこちらもただぼんやり観ているしかない。
だいたい、エレベーターが雨漏りしているようなアパートを借りる事自体、間違いだと思う。

まぁ、借りなくては単なる親子愛の映画になってしまうから、ホラー映画としての印象的な部分も書かなくては。
やっぱ、10階の部屋を開けた時は、嫌な感じだったわね。当然、想像はしていたけど、あそこまで放っておくとはあきれる。
そして、天井に広がる黒い染みが気味悪い、ダリアの不安がこちらにも伝わって来る。

とは言え監督の狙いに反し、情けない事に少女の顔の区別がつかなくて、あまり驚く事ができず怖くない。
終始、陰鬱で観た後の余韻もそのまま…
邦画ホラーは押入れ、ふすま、天井等、見慣れた所から非日常が密やかに忍び寄ってくるから怖いのであって、洋画は元から非日常なんだからもっと分かりやすく派手なホラーの方が良いな。

せめて弁護士・プラッツァーがもっと魅力的でダリアと恋愛感情が芽生え、精一杯彼女を守ろうとしたら、少しは感情移入できたかもしれない。
『クレイマー、クレイマー』もそうだが、残された者の苦労も考えず自分の身勝手で出て行ったくせに、あとになってから「子供よこせ」っていうのは納得できない。

« ■ゼイリブ [映画 JC編] | トップページ | ■今日の1枚 [Strawberry Path] »

映画 ホラー」カテゴリの記事

コメント

>情けない事に少女の顔の区別がつかなくて、あまり驚く事ができず怖
あー、これも同じ。
良く分からなかったよ。

>せめて弁護士・プラッツァーがもっと魅力的でダリアと恋愛感情が
そうそう、あの弁護士もダサかった(笑

これ邦画の方はイイよ!
泣けるホラーで、哀しみと恐怖の同居は素晴らしいです。
是非おススメ。

弁護士・プラッツァーは「家族が待ってる」なんて嘘つきで逃げ腰なのがイヤな感じでした。
邦画の方は見損なってばかりです。日本のホラーは身近な物が出てくるので怖さがひとしお。そう言えば「弟切草」も暗くて何が何やら分からず怖くなかったです。うちのTVに問題があるのでしょうかね(笑)

リングが本で出た時はまって鈴木光司は少し読んだんです。これ映画になってたんですか、しかも邦画と洋画で。
ずいぶん前に読んだんで細部は忘れてしまってますが、髪の毛の質感を読んで想像しましたね。原作でも暗い空間が漂ってた気がします。鈴木さんって髪の毛と水を題材にしたのがけっこうある気がします。鍾乳洞が出てくるのとか、岸辺をみながらたどりつけない、とか。

>邦画は見慣れたものからの恐怖、洋画はもともとが非日常
 なるほど言えてますね。
 

『仄暗い水の底から』の中の「浮遊する水」が原作だそうですね、私は未読です。書評を読むと怖そ~
まだオリジナルの邦画の方を観ていないので、小説は読まないでおくつもりです。邦画もCM程度の知識しか無いのですが、リメイクよりも怖そう、期待してます。でも、夜ふすまや天井を見るのがイヤになるのよ。子供の頃は夜2階の廊下を歩いている時、窓ガラスを見るのが怖かったです。小心者のくせにホラー好き。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/15131753

この記事へのトラックバック一覧です: ■ダーク・ウォーター [映画]:

» ダーク・ウォーター [雨の日の日曜日は・・・]
傑作「仄暗い水の底から」からをモーターサイクル・ダイアリーズの監督、ウォルター・ [続きを読む]

« ■ゼイリブ [映画 JC編] | トップページ | ■今日の1枚 [Strawberry Path] »