フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

最近のコメント

« ■サンシャイン 2057 [映画] | トップページ | ■今日の1曲 [Battles] »

2007.04.16

■ホステル [映画]

Hostel
ホステル』(2005)アメリカ
 監督・脚本:イーライ・ロス 出演:ジェイ・ヘルナンデス

気ままなバックパッカー、アメリカ人のパクストンとジョッシュは途中で合流したアイスランド人オリーとヨーロッパ旅行を楽しんでいた。
オランダ・アムステルダムで門限に遅れた3人はホステルから閉め出され、青年・アレックスに助けてもらう。彼はデジカメ写真を見せながら「スロバキアのブラティスラバのホステルへ行けば最高の女とヤれる」と言う。
期待に胸膨らませた3人は列車に乗り込み美しい東欧の町に着く。夢のような快楽に浸るが、翌朝目覚めるとオリーが姿を消していた…ホラー

怖いと前評判が高かった“ホステル”をやっと観た、期待以上に面白かったよー
基本的に残酷なだけのスプラッターが好きなわけでは無く、人間の心の奥底とか謎やオチ、秘密やどんでん返しが気になるのでサイコホラーが大好き。そういう意味ではオカルトも好み。

導入部が長くて、核心部分(つまり拷問)にたどり着くまで時間がかかったが、その後の展開でこの映画は何をテーマとしているのかが何となく分かった。
単なるグロいホラー映画では無いのだ(エロだけど)。
金の為なら何でもやる、金さえあれば欲望の限りを尽くす“人間の悪意”を描いている。
そして実際あり得る話だという事が怖い。

思ったより残酷シーンは緩和されていて、自分に「作り物だ」と言い聞かせる必要も無かったが、充分恐怖が伝わる。ハサミよりもチェーンソウの方が気がラク、やっぱり素早くよ。『SAW3』の方がグロ度高し。
おまけに爽快感さえ感じてしまう始末で…
子供達はかなり重要なんだけど…
どの国の男もみんな同じなもんだなと思ったし(そういう事で安心したり)、チョイ役の三池崇史監督が渋くて意外にかっこ良かった。2人の日本人(役)女性が出ていたが、まさにその通り。

イーライ・ロス監督の『キャビン・フィーバー』はエグいだけの惨劇ホラー映画だったけど、『ホステル』は先の展開が気になって仕方が無く、充分納得の行くスリラー映画だった。
ところで、公式サイトはネタバレがあっていただけない。観るなら、見るな。

« ■サンシャイン 2057 [映画] | トップページ | ■今日の1曲 [Battles] »

映画 ホラー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/14688909

この記事へのトラックバック一覧です: ■ホステル [映画]:

« ■サンシャイン 2057 [映画] | トップページ | ■今日の1曲 [Battles] »