フォト

サイト内検索



  • ネタバレ裏サイト
    *Hello Nico Another World

« ■雨宮一彦の帰還 [小説 MPD-PSYCHO編] | トップページ | ■今日の1曲 [Just Jack] »

2007.04.18

■ファイナル・デッドコースター [映画]

FINAL DESTINATION 3
ファイナル・デッドコースター』(2006)アメリカ
 監督・脚本:ジェームズ・ウォン 脚本:グレン・モーガン
 出演:メアリー・エリザベス・ウィンステッド ライアン・メリマン

ハイスクールの卒業イベントが遊園地で開催され、嫌な予感がしながらも仲間達とジェットコースターに乗り込んだウェンディ。
写真を撮ろうとしたら、オイル漏れの為ジェットコースターが脱線し全員が死ぬ予知夢を見る。
彼女は動転して必死に止めようとしたが、9人しか救えなかった。しかし、生き残った者達にも次々と死が訪れる…ホラー

ファイナル・デスティネーション』シリーズ3作目、“死の運命からは逃れられない”恐怖な映画。
2作目の邦題は『デッドコースター』てっきりジェットコースターの話かと思っていたが、本作でやっと期待通り。原題は『Final Destination』に数字がついたもの、今回“ファイナル”としてしまっては、次作は邦題どうすんの?

今まではスパーン、シュポッのあっさりCGだったけど、今回はグチャ、ビチョの内臓感覚。
ストーリーの基礎は相変わらずだが、今回は座席の順番と写真というヒントがあり、どうやって死を覆すのか、列車事故まで起きてしまう派手さ。
ジワジワと不気味さをかもし出し、いったん安心させてからショックが襲うので気が抜けない。
それと反対に最初は嫌なヤツだったケヴィンが正義感ある青年に見えてくるから、何としても死を止めなければと観ているこっちも緊張。

青春ホラー映画『スクリーム』シリーズもテンポが良かったが、断然こちらの方が面白い。いや、斬新な『スクリーム』があったからこそ『ファイナル・デスティネーション』シリーズが登場したのかも。
順番を間違えて『デッドコースター』から観てしまったせいか、衝撃が強かった2作目が一番好き。
私も最近、死に憑りつかれてるなぁー(笑)でも、音楽は明るい曲が頭を駆け巡る。

« ■雨宮一彦の帰還 [小説 MPD-PSYCHO編] | トップページ | ■今日の1曲 [Just Jack] »

映画 ホラー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14693/14755486

この記事へのトラックバック一覧です: ■ファイナル・デッドコースター [映画]:

« ■雨宮一彦の帰還 [小説 MPD-PSYCHO編] | トップページ | ■今日の1曲 [Just Jack] »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

無料ブログはココログ